シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

宝物
今年も残すところ10日余りとなりましたが 先日とても嬉しいことがありました
うちから女の子をお嫁にして下さったご家庭の男の子が その子の詩を書いてくださりコンクールで入賞したそうで 表彰式の後よってくださいました

愛犬への愛がいっぱいつまった詩に思わず泣いてしまいました
こんなに大切にしてくれてどうもありがとう
大切な宝物ができました
その詩をご紹介します



アンテナ 
        小学校5年 堀 翔太

ハルをよぶ
色々な時に「ハル」とよぶ
家に帰ってきたとき
宿題をしていてつかれた時
弟とけんかしてムシャクシャした時

ぼくがハルとよぶとこっちにふりむく
まっ黒でどんぐりみたいな目
パラボラアンテナみたいに耳をピンと立てて
ぼくの声をさがしてくれる
するとぼくの心がポッとあたたかくなる

弟がハルをよぶ
うるさいなという顔をする
おばあちゃんがハルをよぶ
なにかくれるのかなという顔をする
お母さんがハルをよぶ
おこられるのかなという顔をする

ハルにもたくさんの気持ちがある
楽しい気持ち
悲しい気持ち
幸せな気持ち
おこっている気持ち

なぜだかぼくたちは会話ができない
でもね
いつでも心のアンテナでハルの気持ちを
キャッチするよ

これからもずっといっしょにいようね




赤ちゃんの頃のハルちゃん
haru2.jpg



今日の記事はお休みします
スポンサーサイト

コメント

ハルちゃんが家族のみんなに愛され、大切に思う気持ちがあふれた本当に優しい詩ですね〜。
翔太くんのこれからの成長もハルちゃんが温かくそっと応援してくれることでしょう(*^^*)
[2016/12/24 11:46] URL | おばさん #- [ 編集 ]


おばさんさん ようこそ♪
どなただかわかりませんが コメントありがとうございます
翔太君はとても気持ちよ優しい男の子
ハルちゃんと兄弟のように一緒に育ってくれたら嬉しいです
[2016/12/24 22:09] URL | シルク #9qBN96OM [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/745-b7e36066
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)