シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

残骸
気が付けばもう8月も20日
あと10日で8月も終わりです

バブルまっただ中の若い頃買った分厚い肩パットが入ったスーツ
イメルダ夫人が着そうな袖の膨らんだワンピース
豪華なレースのパンツ(下着)
一度も着ることなく箪笥の肥やしとなっていました
スーツやワンピースは気に入って買ったものの着ていく機会もなく
パンツは下着にしては結構なお値段だったためもったいなくてはけず
〇年が経過
最近は穿き心地の良さだけを考えたパンツを買っていますが このままタンスの肥やしにしておいても仕方ないと思い
思い切って穿いてみました
穿き心地わるぅ~(笑)
実用性を求めたのが間違いでした
さよなら バブル時代の残骸たち
もったいないけどこのままタンスの肥やしにしておいても仕方ないので思い切って処分しました

ラルちゃんとそうきち君
soukiti.jpg




さて 今日の記事は犬の老化を早める行動についてです



実は逆効果!?犬の老化を早めてしまう5つの勘違い行動

犬の寿命は人より短く、老齢期も早く訪れます。高齢になると愛犬に様々な症状が現れ、飼い主さんのサポートが必要となります。しかし、愛犬のためと思ってのその行動が、実は老化を早める原因になっているかも!?

老化を早める勘違い行動
愛犬が毎日出来ていた事が出来なくなると飼い主さんも戸惑ってしまうと思います。少しでも長く元気でいてもらうために、老化対策を見直してみましょう。

①足が不自由になってきたのでお散歩に行くのをやめた
以前は散歩が大好きだったのにあまり行きたがらない、フラついたりつまづいたりする、すぐに疲れて座りこんでしまう…。このような変化は、老化により体力が衰えたと考えられます。飼い主さんは心配になり、お散歩や運動を控えた方が良いのでは?と考えるかもしれません。
しかしそれは逆効果なのです。

ゆっくり歩くだけのお散歩でも、足腰や背中の筋肉が鍛えられるので筋力低下を防ぎ、寝たきり予防にもなります。また、お散歩で日光浴をすることで、健康に必要なビタミンDが体内で生成されるとも言われています。
そして、他のワンちゃんと触れ合い、家の中とは違う風景や匂いに触れることで、好奇心が刺激されるのでお散歩は心の老化予防にも効果的なのです。

老犬とお散歩する時の注意点
お散歩前のウォーミングアップ
急な運動は心臓や関節に負担がかかるので、リードをつけ室内や庭を歩かせて準備運動をしてから出掛けましょう。
愛犬の体調に合わせた距離とコース

愛犬に体調不良や疲れを感じたら無理はせず、お散歩の時間を短くしましょう。足腰が弱ってきたと感じたら、階段や砂利道の無い歩きやすいコースに変えましょう。

気温や時間帯
夏場や気温の高い時間帯のお散歩は熱中症や熱射病にかかりやすくなります。手のひらを地面に当てて熱いようであれば、時間帯をずらして出掛けましょう。

水分補給
夏場はもちろんですが、老犬は体温調整が難しくなり喉が乾きやすくなります。お散歩に水分補給は欠かせませんね。

②老犬は代謝が落ちるのでご飯の量を減らした
歳をとると犬も人間同様に食が細くなる傾向が見られます。食欲低下の原因として、高齢になり運動量が減るため代謝が低下してしまうことが挙げられています。
代謝が低下すると肥満になりやすくなるので、ご飯の量を減らそうと考える飼い主さんもいるでしょう。太ってしまったら、愛犬の体に負担がかかりますよね。

しかし、そこでコントロールすべきはご飯の量ではなく質なのです。
食事制限による急激なダイエットはエネルギーとタンパク質不足になるため、病気にかかりやすくなります。人間もタンパク質不足では筋肉の減少や免疫力の低下といった症状が見られます。犬にとってもタンパク質は重要な栄養源なのです。

老犬に与えるご飯のポイント
低脂肪高タンパク質のフードを選ぶ
手作りご飯には肉や魚、チーズなどを加える
愛犬が年老いても元気な体を維持できるよう、タンパク質はしっかり与えましょう。

③かまうと疲れるだろうと思って、ひとりの時間を増やしてあげた
高齢になると足腰も弱り、寝ていることが多くなるでしょう。あまりかまわずそっとしておこうと思うかもしれませんが、それも実は逆効果なのです。飼い主さんが触れて話しかけたり、一緒に遊ぶという行動が愛犬の脳を刺激します。
お散歩と同様で、脳への刺激が若返りの秘訣と言われています。
犬は何歳になっても飼い主さんと遊ぶことが大好きで、褒められることが最高の喜びです。年老いても、飼い主さんに褒められるために新しい事を一生懸命覚えようとする子もいます。
愛犬の脳と体を刺激して、老化を予防しましょう。

遊びを通して脳を刺激
探索本能や狩猟本能を刺激

幼い頃にお留守番で使って、久しく出していないコングなどはありませんか?元気な時によく遊んでいたボールでも構いません。コングやボールなどは獲物を捕える野生の本能が刺激され、老化予防に最適なおもちゃです。
幼い頃のおさらいでも十分

あまり動けない場合は、「マテ」や「お手」などの幼い頃の復習でも十分な刺激となります。
出来たらたっぷり褒める
ちょっとした成功であっても、飼い主さんにたくさん褒めてもらえることが愛犬の最大の元気の素となるのです。

④家具に当たったりすることが増えたので模様替えした
犬は高齢になると視力が低下してきます。
最近家具にぶつかるようになったから、配置を変えてあげよう!と思うのは親心ですね。しかし、極端に模様替えをしてしまうと、今までの匂いや家具の配置の変化に対応出来ず、逆に戸惑ってしまいます。
視力が弱っても、慣れ親しんだ環境ならば犬は不自由さも不安も感じないのです。

模様替えは少しずつ
模様替えが必要な場合は少しずつ変えていく
障害物は片づける
角張っている家具は角を保護する
急な模様替えは衝突や転落など思いがけない怪我をしてしまう可能性もあるので注意しましょう。

⑤おもらしするようになったのでオムツに切り替えた
犬も歳をとると膀胱のコントロールがうまくいかなくなってきます。早目にオムツをした方がいいかも…と、まだ自力でトイレに行けるのにオムツに切り替えていませんか?
実は、その行動は愛犬の自尊心を傷つけてしまうことになるのです。オムツをすることでトイレ習慣が変わってしまい、トイレを我慢する子もいます。また、汚れがオムツに閉じ込められ、かぶれたり毛が抜けたりする場合もあるのです。
そういったことから、早いうちのオムツは愛犬のストレスになります。

トイレサポートのポイント
失敗しても叱らない
トイレを近くに移動したり大きいものに変える
タイミングを見計らいトイレへ連れて行く

今まで出来たことが出来なくなって一番ショックなのは愛犬自身です。トイレの場所も分かっているのに体が思うように動かない…そんなストレスも分かってあげましょう。
オムツをすることのメリットもありますが、時々失敗しても、自力でトイレに行けるうちは優しく見守ってあげましょう。

まとめ
愛犬の老化は避けて通ることが出来ないもので、飼い主さんのサポートが必要になります。しかし、愛犬のためと思って行っていることが老化を早めるのでは不本意ですよね。
愛犬の体調に気をつけながら、楽しみや幸せな時間を減らすことなくサポートしてあげることが長生きの秘訣ではないでしょうか。

https://wanchan.jp/osusume/detail/4813
スポンサーサイト
いやぁ~ 毎日よく振ります
今年は空梅雨でしたが梅雨明けしたとたん雨ばかり
空梅雨でダムに水がなく取水制限があるかもしれないと聞いたのですが 8月に入ってからは毎日雨
雨が降らなかった日は1日も無いそうでこれは40年ぶりだとか
今日は気温も低く秋のようです
久しぶりにエアコンのスイッチを切りました
涼しくて身体は楽だけど洗濯物が乾かない~
乾燥機能付きの洗濯機にして良かった
もう干さずに乾燥まで終了させています
今週いっぱいは雨の日が続く予報
来週からは良いお天気になるようですがあまり暑くならないことを期待します

3代目クリンちゃん
curin.jpg




さて 今日の記事は犬が寝ているときに見せるしぐさについてです



犬が寝てる時によく見せる7つの仕草や行動

愛犬が寝ている姿は愛らしく、「何か夢を見ているのかな?」と微笑ましく感じるという飼い主さんは多いでしょう。今回はそんな愛犬の寝姿が好きな飼い主さんのため、犬が寝ているときに見せる仕草や行動を集めてみましたので、ぜひご自分の愛犬と比べてみてください!

犬が寝ているときに見せる仕草や行動
犬が寝ているときに見せる仕草や行動、皆さんの愛犬にも心当たりがある方はいるのではないでしょうか。今回は6つの仕草や行動、さらに寝方などをご紹介していきますので、自分の愛犬でも見覚えあるかどうか、比較してみてくださいね!

①いびきをかく
まず寝ているわんちゃんの王道ですが、「いびきをかく」という仕草が挙げられます。人間と同じような姿に、愛おしいと感じる飼い主さんは多いのではないでしょうか。

いびきには様々なパターンがありますが、「プスープスー」というような鼻が鳴っているようないびきから、人間のおじさんのような「ゴーッ、ゴーッ」と低いいびきまで、バリエーション豊かですよね!

ネット上の動画などにもいびきをかいている犬の動画が数多く投稿されており、中には驚くほど大きないびきをかくわんちゃんもいます。見ていて面白く、そして微笑ましい寝姿ですね!

②手足がぴくぴく動く
寝ている間に手足がぴくっぴくっ、と動く子もいます。これは電車内で寝ていると、突如びくっと体が震え、その震えによって起きてしまうという人にも似ているように思います。

最近の研究によって、犬も人間と同じようにレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返している可能性が高いと言われるようになりました。そのため、このぴくっぴくっ、と動いている時は、浅い眠りの状態のレム睡眠だと考えられます。

浅い眠りの時には夢を見ることが多いと言われていますので、もしかすると愛犬は何か夢を見ているのかもしれませんね!

③寝言を言う
そして中には寝言を言う子もいます。皆さんは愛犬が寝言を言っているのを見聞きしたことはありますか?ちなみに筆者は今まで、愛犬が何度か「クーンクーン」と寝ながら鳴き出したり、「ヴッ、ヴッ」と吠える前兆のような声を出しているのを見たことがあります。

あれ?さっきまで寝ていたはずなんだけど、と思いながら、そーっと近づいて顔を見てみると、やっぱり目を閉じて寝ている、という感じですね。

愛犬が寝言を言っているところを見ると、唸っているときには「何かを戦っている夢でも見ているのかな?」と考えてみたり、寂しそうな声を出しているときには「悲しい夢かな?」など、飼い主側も想像が膨らみますよね!

④尻尾がパタパタ動く
ぴくぴく手足が動いているという話にも似ていますが、時々寝ながら尻尾だけがパタパタ動いている姿を見かけます。尻尾は犬にとって感情を表す部分の1つですので、夢でも見ているのかもしれません。

大きくパタパタ動いているのであれば、夢の中でおやつをもらっていたり、散歩で嬉しいことがあったなど、愛犬にとって嬉しい出来事が起こっていたのかもしれません。なんだか微笑ましいですね。

⑤寝ながら走り出す
これは飼い主も驚いてしまいますね。どこか広い場所で走り回っている夢でも見ているのでしょうか。今まで静かに寝息を立てていたのに、急に前後の足を走っているように動かし始めたという話や動画は見聞きすることがあります。

横になっている状態で、いきなりすごいスピードで足を動かし始めたら、最初は飼い主も驚くと思いますが、見ている内に「面白い」「ドッグランで走ってるの?」などと違う感情が生まれそうです。

⑥おもちゃを抱きながら寝る
仕草ではないですが、ふと見ると愛犬がお気に入りのぬいぐるみを抱きかかえて寝ているということはありませんか?

やはり、犬にも人間の赤ちゃんのようにお気に入りのぬいぐるみやおもちゃがあることが多く、そのおもちゃと一緒に寝ることで、より安心するという理由があるのでしょう。

ぬいぐるみと一緒に寝るというケースには様々なバリエーションがあり、本当に抱きかかえて寝ている子から、ちょうど良いのか枕として使っている子もいます。十人十色ということですね!

⑦仰向けになって寝ている
最後にご紹介するのは仰向けになって寝るという寝方です。ほとんどの場合はうつぶせになって寝ていたり、横向きに寝転がっていたりという寝方が多いのですが、安心している状態では仰向けになって寝ることがあります。

そのため、長年家にいるわんちゃんならば、仰向けになって休んでいる姿を見たことがあるという飼い主さんも多いかもしれません。

仰向けになって寝ていても毎回同じ姿とは限らず、時には顔の下にちょこんと前足を揃えて寝ていたり、時には大の字に近いような豪快な姿で寝ていたりと、見ている飼い主さんも飽きません。

まとめ
いかがでしたでしょうか。皆さんの愛犬でも「見たことがある!」という寝ているときの仕草や行動があったのではないでしょうか。起きているときの愛犬ももちろん可愛いですが、寝ているときの愛犬も違った可愛さがありますよね!ぜひ起きているときだけでなく、寝ているときの愛犬にも注目してみましょう。

https://wanchan.jp/osusume/detail/6787


やっちゃった
猫のミヤ 18歳 随分おばあちゃんになりました
まだ食欲もあるし少しならジャンプも出来ます
でも 今年に入ったころから体を硬直させることがあるようになりました
少しすると治って普通に戻るのですが 昨日テーブルの上で硬直したまま背中から床に落ちました
あわててミヤ!大丈夫?と触ったら びっくりしたのでしょう
思いっきり噛みつかれてしまいました
硬直しているから 歯を食いしばって離さない
無理やり口をこじ開けました
痛かったぁ~
流水で5分以上消毒しましたが 今日はしっかり腫れました
猫に噛みつかれるともれなく腫れます(泣)

マリコちゃん 1歳半
mariko.jpg




さて 今日の記事は犬の性格についてです



犬の性格は飼い主に似るって本当?

愛犬の性格が自分に似ているな、と感じたことはありませんか?よく「飼い犬は飼い主に似てくる」とも言われますが、これって本当のことでしょうか。この言葉には、外見的なことと性格的なことと両方の意味が含まれていますが、今回は性格に的を絞って詳しく考えてみたいと思います

犬の性格は何で決まる?
犬の性格は飼い主に似るって本当なのでしょうか。そもそも性格とは何なのでしょう。心理学的にいうと、その動物が持っている「性格」は、遺伝、体質、気質、性格に分けられます。遺伝はもちろん、DNAによって規定される先天的な遺伝情報。その遺伝情報をもとに体質が作られます。体質は生まれつきの体の機能や性状のことで、それをベースにして発現する行動や感情のパターンが気質となります。ここまでは遺伝的要素が強く、つまり「先天的」なものです。生まれながらの性質、といったところでしょうか。
そして気質を元にして、周囲の環境や社会学習、飼い主さんとの関係といったことに影響されて形作られていくものが性格となります。つまり性格は「後天的」な影響が強いということです。

犬の先天的な性質「気質」をつくるもの:遺伝と犬種
犬の気質にも遺伝子が関わっていることが最近の研究で解明され始め、特に神経伝達物質(セロトニンやドーパミンなど)は遺伝によって違いがあり、犬の気質にも関係することがわかってきました。また、攻撃性や衝動性、注意力なども遺伝によって決まってくるようです。

そして遺伝と非常に密接な関係がある「犬種」も、気質に関わるのではないかと考えられます。実は犬種による性格の違いは現在のところ研究中で明確にはわかっていませんが、例えば村山(2012)によると、例えば警察犬や狩猟犬は攻撃性が高く、反対に愛玩犬や牧羊犬は攻撃性が低くて反応性(飼い主への懐きやすさ)が高いのだそうです。犬種は特定の使役のために交配されてきたことを考えれば、そりゃそうだ、という感じもしますが、犬種が性格の違いに関係することが学術的にも証明されて始めたということなのでしょう

犬の後天的な性質「性格」をつくるもの:環境、社会、飼い主
三つ子の魂百までといって、人間もそうですが犬も幼児期の環境や親・兄弟との関わりが成犬になってからの性格のベースをつくるといわれます。例えば社会化期に親・兄弟と離されてしまうと社会性が培われず、臆病で引っ込み思案な性格になるとされます。ただし、性格は一生変わらないわけではありません。社会化期を過ぎてからも、飼い主さんとの関係や飼育環境などによって性格が変わってきます。これが「飼い犬が飼い主に似る」という要因なのでしょう。

飼い犬は飼い主の性格に似てくる
ごく最近の研究(Iris Schöberl ,他2017)で、犬が飼い主の性格に影響されるという研究結果が報告されています。132人の飼い主さんに、自分の性格についてアンケート調査を行い、さらに飼い主さんと彼らの犬たちの唾液中のコルチゾル(ストレスで分泌されるホルモン)の量を計測しました。このことから、神経質、不安感のある飼い主さんの犬は、分離不安などの不安感を感じているといったことがわかり、飼い主さんの性格や態度が犬の性格に影響することがわかったのです。

飼い主さんの性格が犬に影響することは、ドッグトレーナーの方たちからすれば前から経験的に気づいていたと思います。例えば、飼い主さんが愛犬と散歩中、前から来た別の犬を見て「うちの子が飛びかかったらどうしよう」と不安になると、犬も不安になって通りがかりの犬に吠えてしまうといったことです。これは性格というよりは瞬間的な気分の変化かもしれませんが、こうしたことが長い間積み重なれば、犬の性格形成に影響を与え、不安感の強い犬になっていく可能性はあります。

まとめ
犬の性格を決めるのは飼い主さん、というのは言い過ぎかもしれませんが、あながち嘘とも言い切れません。犬は飼い主の鏡でもあります。敏感に感情を読み取り、飼い主さんが不安だと犬も不安になります。犬と一緒に過ごすときは、なるべくリラックスして落ち着いた態度で接することが重要でしょう。それが愛犬の精神的な安定にもつながるのです。

https://wanchan.jp/osusume/detail/6724
お盆休みに入り 各地の高速道路では長い渋滞ができたようです
皆様いかがお過ごしでしょうか?

毎日毎日使う高圧洗浄機 今朝スイッチを入れたらうんともすんとも言わない。。。
えーー 壊れたのか?!
なんでこのタイミングで壊れるかな
お盆休みに入ってどこもお休みだから注文しても当分来ないよ
それに1週間前なら楽天の買い回りでポイントがいっぱいついたのに

ネットの楽天、ヤフー、アマゾンで何処が一番安く買えるか検討し 一番安いのはヤフーだけどお盆休みで当分届かないな
アマゾンのプライム会員になれば 明日届くけど高いなぁ
あれこれ悩み決められないまま最後の望みでコンセントを抜き差ししたら 直った!
良かった~

レオちゃん 2歳
riki2.jpg




さて 今日の記事は愛犬に刺激を与える方法です



愛犬に良い刺激を与えることができる5つのこと

あなたの愛犬の生活は単調ではありませんか?単調な生活は穏やかではありますが、退屈とも言えます。そんな毎日ばかりだと愛犬の心身の健康に良くない影響を及ぼすかもしれません。ですから、愛犬に「良い刺激」を与えてあげましょう。愛犬に良い刺激を与える方法をご紹介します。

愛犬に良い刺激を与えよう!
愛犬が子犬の頃はトイレトレーニングや、「オスワリ」や「マテ」などといった基本的なしつけのトレーニングをしますね。お散歩デビューも待っています。このように子犬の頃は、愛犬にとって刺激のある毎日と言えるでしょう。

しかし、愛犬が成犬になってしつけも一通りマスターしてからは、判を押したような単調な毎日になっていませんか?人間もそうですが、単調な毎日は刺激がなく退屈なものです。そんな毎日ばかりを送っていると
食べることしか楽しみがなくなり肥満になる
ストレスが溜まる
認知症になるリスクが高まる

など、愛犬の心身の健康に良くない結果を招く可能性があります。

では、そのような結果を招かないようにするにはどうしたら良いのでしょうか?その答えは…愛犬が退屈しないように良い刺激を与えてあげれば良いのです。そうしてあげることで愛犬の脳が活性化され、生き生きとした毎日を送ることができるでしょう。「でも、愛犬に良い刺激を与えるにはどうしたら良いの?」そんな疑問を持たれる飼い主さんもいらっしゃるかと思います。そこで今回は、愛犬に良い刺激を与えることができる方法を5つご紹介します。

その1:お散歩コースを変える
お散歩は、足の裏で感じる地面の感触、様々なにおいや音、風景、すれ違う人や犬などから刺激を受けることができますが、毎日同じコースでは新鮮味がなくなり飽きてしまいます。ですからたまには、お散歩コースを変えてみると良いかもしれません。きっと、初めてのにおいや風景が愛犬に良い刺激を与えてくれるでしょう。

私は時々、いつものお散歩コースを逆まわりで歩きます。そうすると愛犬は新鮮に感じるのか、よく歩いている道でもにおいをクンクン嗅ぎながら楽しそうです。また、お散歩コースが何パターンかあるので、その日の気分で変えたりもしています。

その2:知育玩具を与える
最近は様々な犬用の玩具が販売されていますが、知育玩具は犬の脳に良い刺激を与えてくれます。知育玩具も簡単なものから難易度の高いものまで種類が豊富にあるので、愛犬に合ったものを選んであげましょう。また、同じ玩具ばかりを与えていると飽きてしまうので、いくつか用意して時々変えてあげると良いでしょう。

その3:ドライブや旅行に連れて行く
愛犬をドライブや旅行に連れて行くのも良い刺激になります。なかなか遠出のドライブへは連れて行ってあげられなくても、車で「ちょっとそこまで」のお出かけに愛犬も一緒に連れて行ってあげれば、ちょっとしたドライブ気分が味わえるのではないでしょうか。

最近はホテルからキャンプ場まで、犬と泊まれる宿泊施設が増えてきています。もし可能であるならこういった施設を利用して、愛犬と一緒に旅行に行ってみてはいかがですか?旅にはたくさんの刺激が待っています!

その4:芸のコマンドを教える
「オスワリ」や「マテ」といったしつけのコマンドをマスターしているのであれば、次は愛犬に芸のコマンドを教えてあげると良い刺激になります。

しつけは日常生活に必要なものですが、芸は必要ないかもしれません。ですが、芸の中にはハイタッチをしたりバックをしたりおじぎをしたりと、普段はしない動きをするものが多くあります。こうした芸を敢えて教えることで愛犬の筋肉や脳に良い刺激を与え、筋力の強化や脳の活性化につながります。

その5:マッサージをする
飼い主さんがマッサージをしてあげると愛犬の体全体に刺激を与えることができます。また、マッサージによって血行も良くなるため脳の活性化が期待されます。マッサージは愛犬とのコミュニケーションツールにもなるのでオススメです。

まとめ
愛犬が成犬になると生活が単調になってしまいがちです。単調な毎日は、肥満やストレスや認知症などを招いてしまうかもしれません。そうならないために是非、ご紹介した5つを参考に、愛犬の性格に合った方法で良い刺激を与えてあげて下さいね。それが、皆さんの愛犬の健康と長生きにつながることを願っています

https://wanchan.jp/osusume/detail/6786
ありがとうございました 「終了」
2016年12月17日生まれの女の子 引き続き飼い主さん募集中です
すでに生後8か月 もう子犬ではありませんが明るい性格で飼育しやすい子です
血統優秀 お散歩大好きです
クレートトレーニングも出来ていますので 昼間お留守の時間が長いおうちでも大丈夫です
お気軽にメールにてお問い合わせください「終了」

DSCF5972c.jpg

DSCF5940c.jpg

DSCF5958c.jpg

170731-5c.jpg

170731back1c.jpg