シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

クッキーちゃんおめでとう
ようやく ようやくお日様が顔を見せてくれました
雨があがったの何日ぶりだろ?
お天気なのは嬉しいけど 明日から暑くなる予報
暑いのは嫌い
早く秋にならないかなぁ~(汗)

今日JKCの会報ガゼットが届きました
その中の記事に2015FCIインターナショナルアジリティー競技大会の成績が掲載されていました
わが家からお婿に行ったクッキーちゃんが アジリティー2度 ミディアムクラスで1席になりました!!
パチパチパチ
おめでとうございます♪
日々の練習の成果ですね
素晴らしい! これからも楽しく頑張ってください

クッキーちゃん
kuki3a.jpg




さて 今日の記事は愛犬にかかった年間の費用についてです
大型犬と小型犬ではだいぶ違うと思いますので アンケートに答えた方の愛犬の大きさなどもわかるようにしていただくともっといいですね


◆愛犬にかかる年間飼育費、昨年より115%増 「ペット総研」調査 [2015.7.8]

株式会社ペットオフィスが運営するペット業界専門のシンクタンク「ペット総合研究所(略称:ペット総研)」は7月6日(月)、ペットオーナー1076名を対象に行なった第86回アンケート調査「教えて!愛犬の飼育費」 の結果を発表した。

 ペットと暮らすには、日々の食費・消耗品費やワクチンなど定期的な予防医療費だけでなく突然の通院費など、それなりのお金がかかるものだ。一昨年、同社が行った同じアンケートの年間総飼育費は19万3162円。そして、今回の調査で明らかになった昨年の総飼育費は22万1255円で、前年比115%の大幅増となった。

 項目別で目立った増加傾向を見せたのは「ペットフード代/年間平均44,363円(*109%)」「トイレ用品代/同18,801円(*117%)」などの生活必需品・消耗品と、「病気・ケガなどによる治療費/同29,656円(*112%)」「その他ワクチン健康診断などの医療費/同24,279円(*106%)」「ペット保険代/同33,931円(*117%)」など健康に関わる項目。

 増加した分のしわ寄せは、「おやつ代/同14,692円(*98%)」「そのほかのペット用品代/同22,667円(*88%)」「ペットサロン代/同20,106円(*88%)」「ペットホテル・シッター代/同4,870円(*77%)」「レジャー代/同7,890円(*94%)」などを節約したようだ。

 昨年4月の消費税の引き上げや、円高による商品の値上げなどが、ペットオーナーの財布も直撃したようで、旅行などレジャーを控えたり、ペットサロンを使わずに自宅でトリミングをするという回答が多くみられた。

 なお、現在「ペット総研」では、第87回アンケート調査「教えて!愛猫の飼育費」を7月14日(火)まで実施中。こちらの調査結果は、8月上旬公開予定だ。

http://www.petoffice.co.jp/wpn/news.cgi?no=n2015070801

疲れたぁ~
毎日雨です
梅雨ですけど いい加減カビが生えそう。。。

今日はちょっと用事があって横浜まで電車で行ってきました
11時に家を出て用事を30分で済ませて とんぼ返りで帰って来て家に着いたのは14時半
普段乗り慣れない電車 切符を買ったり駅の構内を路線を探して歩いたり 慣れないことをしたのでそれだけでくたくたです
人の流れに乗って歩くことになれていないので 何回もぶつかりそうになりました
みなさんよくスイスイ歩けると感心します
ICカードもピ!と便利そうですけど 電車に乗るのは1年に1回くらいなのでたぶんこの先も持つことはないかなぁ~
昔は切符を買うのも並びましたが最近は切符を買う人はほとんどいないので並ばずに買えるようになりました(笑)

hana140727.jpg




さて 今日の記事は動物川柳の優秀作品のご紹介です
元記事には可愛いお写真もアップされていますので 是非そちらもご覧ください


第一回 アニコムどうぶつ川柳 優秀作品 発表!

アニコム損害保険株式会社では、どうぶつとの暮らしの中にあふれる楽しさや喜びなどの想いをつづった「どうぶつ川柳」を5月28日~6月15日にかけて募集いたしました。
応募総数1,173句のいずれもが、クスッと笑えたり、ホロリと心を打つ飼い主の愛情を感じるものばかりでした。どうぶつと暮らす方々に共感いただける作品が揃っております。
特設ページには優秀作品のエピソード、どうぶつの写真も掲載しています。是非お楽しみください。
アニコム 動物川柳

【犬部門】
☆耳をすませて待つで賞
作品:御主人の 足音気付き 尾っぽ振る
ペンネーム:ムーンボウ

☆いつも思い出すで賞
作品:もういない キミは浮かぶよ 空の雲
ペンネーム:COCO

☆夜のお散歩大好きで賞
作品:新月の 散歩に黒柴 溶けてゆく
ペンネーム:リクのばあや

【猫部門】
☆みんな元気いっぱいで賞
作品:よーいどん 人の寝る間に 運動会
ペンネーム:ぽに

☆存在感が素晴らしいで賞
作品:ちんまりと ただ居るだけで 大絶賛
ペンネーム:猫がうらやましい夫

☆オモチャこだわり派で賞
作品:遊ばない... 分かっちゃいるけど 買うオモチャ
ペンネーム:ちっぽくん

【小動物部門】
☆とっても大切にされているで賞
作品:うさぎ様 古い野菜は 人間に
ペンネーム:はまさん

☆家族いつでも仲良しで賞
作品:知らん顔 夫婦ゲンカは ウサギもくわない
ペンネーム:みつばち

☆早起きは三文の徳で賞
作品:朝一の 給餌の日課で 生活改善
ペンネーム:福朗

☆注目の的で賞
作品:散歩中 周囲の視線 独り占め
ペンネーム:ひぐっぴー

http://news.jprpet.com/news-bin/Detail.cgi?rgst=00050437
七夕
今日は七夕ですね
でも空模様はあいにくの雨で星を見ることは出来ません
梅雨ですから仕方ないですが 今年は特に雨が多いような気がします
いつもならここで洗濯物が乾かなくて困る と書くところですが先日乾燥機能付きの洗濯機に買い換えたので乾燥機能をフル活用しています
天日に干すよりフワフワで柔らかい仕上がりになり大満足ですが シワシワになってしまうものも。。。。
しわにならない方法ってあるのかな?

bd080221ms2-15a.jpg




さて 今日の記事は犬の自転車運動についてです
昔は私もやっていましたが 違法になりますのでご注意ください


自転車に乗った「飼い主」と並走する大型犬 「道交法違反は明らか」と弁護士

犬種によっては、毎日、数キロを走るような運動量が必要な犬もいる。だったら、自転車に乗って一緒に運動すればいいのではないかーー。東京都内で自転車通勤するY子さん(30代)は、毎朝の通勤時、自転車と並走してくる大型犬によく出くわすという。

「小柄な初老の男性が犬のリードをひきながら自転車に乗り、大型犬が気持ちよさそうにその横を走っているのですが、小柄な飼い主が倒れてしまわないか。何かの弾みで、リードが飼い主の手から離れてしまったら、大型犬が突進してくるのではないか、と心配でたまりません」

ネット上でも、犬との自転車散歩を実践している飼い主は珍しくないようだ。しかし、飼い主が自転車に乗って、犬と並走することは法的に何の問題もないのだろうか? 和氣良浩弁護士に話を聞いた。

●「道交法に違反していることは明らか」

「自転車の運転者は,ハンドルやブレーキなどを確実に操作し、かつ、道路状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければなりません。これに違反したときは刑事罰として3月以下の懲役又は5万円以下の罰金が科せられることがあります(道路交通法119条1項9号)」

和氣弁護士はこのように語る。では、犬と並走する行為はどう考えられるのだろうか。

「大型犬をリードでつないで自転車を運転していた場合、大型犬の予期しない行動によって、ハンドルが取られ、周囲の歩行者に危険を及ぼす可能性が高いといえます。したがって自転車を運転しながら、大型犬をリードでつないで散歩させる行為は、道交法に違反していることは明らかです」

●怪我によって損害賠償義務を負うことも・・・

違反した場合、どのような罪に問われるのだろうか。

「万が一、このような危険な運転をしていて、歩行者と接触事故を起こしてしまった場合には、道交法違反や重過失傷害(刑法211条)で刑事罰を受ける可能性が高いです。さらに、歩行者が怪我をしてしまった場合には、民事上の責任として損害賠償義務を負うことになります(民法709条)。

どの程度の損害を賠償しなければならないのかは、その歩行者の怪我の内容や程度、治療期間、休業期間、後遺障害の有無・程度などで大きく変動します。たとえば、歩行者が、リードに引っかかって転倒し、腰椎圧迫骨折となった場合には1000万円程度の賠償金を支払わなければならなくなる可能性があります。

このように、大型犬をリードでつないで自転車に乗る行為は、運転者にとっても周りにとっても極めて危険なものですので、絶対にしないようにしてください」

飼い主にとっては、罪の意識もなく「愛犬のために」とやってしまう行為なのかもしれないが、ただちにやめる必要があるようだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150707-00003347-bengocom-soci

バリカンはだめです
今日は1日雨
気温も低く長袖を2枚重ね着しました
5月は暑くて30度を超えた日もあったのに7月に長袖を重ね着ってどうなってるの?

犬は人間に比べて汗腺が少ないので暑さに弱い動物です
このことは皆さん割とよくご存じで 暑そうだからという理由でライオンカットなどと称し全身にバリカンをかけてしまわれる方がいらっしゃいます
犬の皮膚は人間の皮膚の半分くらいの厚さしかないので 毛が無くなってしまうと紫外線などの刺激を直接浴びることになります
犬の毛は私たちの帽子や日傘の役割をしているため むやみにバリカンで刈ってしまうと涼しそうに感じるのは飼い主だけで 犬は皮膚病などの危険にさらされることになるのです
シェルティの毛はオーバーコートとアンダーコートの2重被毛ですから オーバーコートは切らずにアンダーコートをしっかり抜いてあげると犬も涼しく過ごせます

20150706.jpg




さて 今日の記事は犬の習性についてです
上の写真はこの記事の中に掲載されていたものです


犬は飼い主だけでなく、悲しんでいる人全てを慰めようとする習性を持っている(英研究)

犬を飼っている人なら、自分が落ち込んだ時、悲しい気分の時、犬がそれを悟り、そばに寄り添い、慰めてくれることを知っている。最新の研究によると、犬は自分の飼い主だけでなく、悲しんでいる人なら誰に対しても慰めようとする習性を持っているという。犬は本能的に人間の痛みをやわらげようと考えているようだ。

 ロンドン大学ゴールドスミス校の研究者らは、様々な犬種18匹を、飼い主のいる部屋と、まったく知らない人がいる部屋に招き入れ、部屋にいる人々に、突然悲しみながら泣いたり叫んだりするよう指示した。その結果3匹の犬を除いた15匹の犬は、自分が夢中になってやっていることをやめてでも、人間に寄り添い、彼らに触れるという行動をとったという。それは飼い主に対しても知らない人に対しても同様の態度で行われた。比率にすると84%と、10匹に8匹以上の割合で、犬は人を慰めるという行為をするのだ。

実験を率いたジェニファー・メイヤー氏は、「これらの犬の行動は 誰かをなぐさめるために抱きしめたりおもちゃを与えたりする人間の幼児(3-4歳)と同等の対応である。1.2歳の小さな子どもは、誰かが泣いていれば一緒に泣き出すが、なぐさめようとはしない。故に犬の行動は人間が成長するにしたがって得る、社会的な精神の成熟の現れである。」と述べた。

今回の実験において、もっとも若かった生後8カ月の黄色のラブラドールは、知らない誰かが泣くふりをするまでは自分のしっぽを追いかけるのに夢中だったが、その人が泣き出すとすぐに反応し、その肩にやさしく前足をかけたという

 飼い主だろうが他人だろうが、誰かが泣くと ほとんどの犬が静かに近づいて、従順に癒しを与えるような行動を示した。犬は飼い主の要求に応えるのではなく、飼い主を含んだ人間の感情に深く同調し、悲しみを共有しようとしているのだ

 犬が人間の感情に敏感なことは、昔から知られていたことだが、それを証明する為の科学的な研究はこれまでに行われていなかった。「犬は人間の理解できる言葉を持たない為、彼らが何故人間の悲しみを理解できるのか、癒して欲しいときにそばに来てくれるのかはわかっていない。それを解明することが今後の研究課題である」と、ジェニファー・メイヤー氏は、「journal Animal Cognition」誌に書き記した

http://karapaia.livedoor.biz/archives/52089803.html

TV DAY
普段私はほとんどTVは見ませんが 歌番組だけは大好きです
今日はお昼の12時から夜の11時まで 11時間にわたり歌番組が放送されました
今日はお客様の予定もないし 出かける予定もなかったので 仕事をしながらTVを付けっぱなしにしました
こんなに長時間TVを付けっぱなしにしたのは初めてかも(笑)
最近は歌番組が少なくなってしまったけど 今日は堪能しました

bd070818fs4-7a.jpg




さて 今日の記事はフォトコンテストのお知らせです


第4回「天使のねがおフォトコンテスト」開催

快眠コンソーシアム事務局は「第4回天使のねがおフォトコンテスト」をライカカメラジャパン株式会社に協賛いただき、開催いたします。
寝顔には見る人をなんとなくしあわせな気分にしてくれる、何ともいえない魅力があります。快眠コンソーシアムはそんなしあわせな気分を多くの方と共有できるよう、“天使のねがお”を7月31日(金)まで大募集します。

■天使のねがおフォトコンテストの概要
<テーマ>
愛しい子供の寝顔や大事な方の寝顔、家族の一員のペットの寝顔等の写真を募集します。快眠コンソーシアムでは、日ごろより眠りを研究し「眠りの質」向上の啓蒙活動をしています。この機会に「睡眠」の大切さを考えてください。

<賞品>
・ライカカメラジャパン株式会社「バックパック付チェア」1名様
・快眠コンソーシアム「JTB旅行券(3万円分)」3名様
・イワタ「キャメル敷パッド(Sサイズ)」1名様/「羽毛ソックス」3名様
・クラシエ「肌美精パック・美容マスクセット」10名様
・グンゼ「Kaimin navi 夫人長袖長パンツ」8名様
・スーパーホテル「スーパーホテル宿泊券ペア」2組様
・太陽化学「プレミアムカテキン、サンテアニンのセット」10名様
・ロフテー「ロフテー快眠枕(ジュニアサイズ・専用カバー付)」5名様
※「基礎講座 睡眠改善学」の書籍を副賞として優秀作品全員

・主催:快眠コンソーシアム
・募集期間:7月31日(金)まで
・結果発表:
2015年8月22日(土)(予定)
審査員による厳正な審査により優秀作品を決定します。
優秀作品は9月3日(木)の睡眠の日に、快眠コンソーシアムWEBサイト上にて発表されます。
・応募資格:
日本国内にお住まいの方に限定ですが、プロ、アマは問いません。
※応募規定、応募上の注意等の詳細は、以下専用サイトをご覧下さい。
http://www.kaimin.gr.jp/activity/sleeping_face/index.html

お中元
今日は朝から1日雨
時折強く降ってあいにくのお天気でした
梅雨ですから仕方ないですね
こんな日は何処にも出かけずお家にこもっているのが一番
そろそろお中元のシーズンなのでネットでポチポチお中元を検索しました
近頃はほとんどのことがネットで完了するので本当に便利
ネットスーパーもガンガン利用して買い物もほとんど行かなくなりました
ほとんど引きこもり?

momomi.jpg




さて 今日の記事は猫の行動について獣医さんのお話です


獣医師が紐解く!猫の不思議な行動にはこんな理由があった

動物と暮らしていると、「何故こんなこと?」と、不思議に思う行動を目にしないだろうか。親切で与えたものを気に入ってもらえなかったり、良かれと思って注いだ愛情が裏目に出たり。「おしトピ by 教えて!goo」で「飼っている人しかわからない『犬・猫』あるあるを教えて」と聞いたところ、様々な声が寄せられた。多数の投稿の中で目をひいた猫について今回は取り上げたいと思う。

■猫もそれぞれ!個性あふれる謎の行動

「猫用のおもちゃより、おもちゃが入っていたボックスのほうが好き」(チキンパーティーさん)、「ご飯が気に入らないと地面を掘る仕草をします」(うどんさん)など、人間が予想しない行動を紹介する回答もやはり集まった。

その他には「車で買い物へ行くと、車庫の横でご主人の帰りを座って待っています。玄関から出るところを見られると、玄関の前で帰るのを待っています。 本当に可愛い忠猫です」(w0brg73wさん)など、ペット愛の伝わる声もよせられた。

猫のいろいろな行動には、どんな理由があるのだろうか。寄せられた回答から、アレス動物医療センター院長の沖田将人先生に質問した。

■たまには攻撃的になるときも!猫はどうやって人を区別している?

他の人間には知らん顔でも、一番世話になっている飼い主にだけはかなり忠実で対応が違う。飼い主ならトイレにでもついて行く猫もいるという。猫はどうやって、同居している人間のランクを決めているのだろうか。

「猫も愛着を感じる人、そうでない人の区別はあるようです。犬のようにリーダー、部下などの序列意識をつけるのではなく、好き、嫌い、の好みが大きいのです。愛想をふるとご褒美をくれる人、気持ちよく上手に撫でてくれる人、ねだればいつでも構ってくれる人など、猫にとってメリットがあると学習するようです。それが純粋な忠義心かは怪しいですが、愛情表現の形と言えるでしょう」(沖田獣医師)

序列をつけ人を区別すると言われる犬と違い、猫は自分の好みで誰かに懐く傾向があるようだ。

また猫は、「撫でていたら気持ちよさそうにゴロゴロいっていたのに、急に怒りだし噛んでくるという気まぐれな行動もする」というコメントも寄せられていた。この理由は何だろうか。

「いくつかの可能性がありますが、『愛撫誘発性攻撃行動』と呼ばれる行動の場合が多いようです。猫は撫でることを要求して膝に乗るなどの行動を起こしますが、もう満足したとアピールしたい時や、繰り返し撫でられて刺激が痛みに感じたり、静電気が伴うなど不快になったりすると、撫でている人の手に爪を立てて掴んだり、噛んだりすることがあります」(沖田獣医師)

2匹の同じ屋根の下に飼われている猫のうち1匹は延々と撫でられているが、もう1匹は一定時間撫でていると噛み付いてきたりすることもあると、沖田獣医師は教えてくれた。

「猫が膝に乗ってくると、撫でて欲しいのかと思って人は反射的に撫でてしまいがちです。しかし猫によっては『膝の上に乗りたい』と『撫でてほしい』は必ず一致しているとは限りません。膝には乗りたいけど撫でては欲しくない、という場合などは撫でると攻撃されるケースがあります」(沖田獣医師)

沖田獣医師によると、そのような場合には「撫でて欲しそうに寄って来るくせに、撫でると怒る」という錯覚を人間のほうが感じているとのことだ。いずれにせよ猫が攻撃してきた時は、何か不快に感じている意思表示のことが多いようなので、一旦ほうっておいたほうが良さそうだ。

■ 留守の間に部屋を荒らす猫! その理由は?

「2日間一匹で留守番をさせたら、部屋が荒らされていた」というユーザーからのコメントがあった。これは普段のストレスからの嫌がらせなのか。猫の留守番は難しいのだろうか。さらに伺った。

「飼い主がいると問題を起こさないが、いない時は部屋を荒らすなどの嫌がらせをする場合、『分離不安』の可能性が高いです。これは犬も同様で、愛着を感じている人と離れた時に認められるストレス反応です。不適切な場所での排尿、排便、破壊行動、過剰な鳴き声などを示すケースがあります」(沖田獣医師)

沖田獣医師によると、きちんと留守番ができる猫もおり、できない場合はしつけによる改善も可能とのことだ。動物は言葉を話せないので、飼い主には行動で伝えることになる。不思議に思う行動にも、それぞれ理由があるのだ。ペットも大切な家族。人間同様、理解し合いながら暮らすことが求められるのだ。

●専門家プロフィール:沖田 将人 (おきだ まさと)
獣医師。アレス動物医療センターの院長。動物たちの幸せにつながることならば、あらゆる飼い主の要望に応えるため、常に診療サービスの向上を図っている。
年中無休、夜間救急対応、インフォームドコンセントの徹底、診療技術向上を柱とし、一般病院(1次診療)と専門病院(2次診療)の中間となる1.5次診療を目指している。

http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=3497866&media_id=116&from=news_search

中止
昨夜の天気予報だと曇りの予報だったので今日は伸び放題になっている雑草をとるつもりにしていました
ところが朝から雨 雨は午前中でやみましたが 草が濡れているからとそれなりの理由をみつけ もともと庭仕事が大嫌いなのでこれ幸いと中止にしました
一方 わが家の前の竹林の整備作業に来ている職人さんたち
雨の中でも高所作業車に乗りもくもくと仕事に励んでいらっしゃいました
ご苦労様です

hana-53.jpg




さて 今日の記事はペットの熱中症についてです
ちょっとの油断で悲しい結果にならないよう十分ご注意ください


ペットの熱中症、「家の中ならたぶん大丈夫」がキケン!

 2015年も半分を過ぎ、夏を迎える季節。この時期、じょじょに増えてくるのが、暑さによるペットの体調不良だ。「アクサダイレクト いぬのきもち保険・ねこのきもち保険」を展開するアクサ損害保険は、“ペットの健康管理と熱中症対策の実態”について調査結果を公開した。

 この調査は、6月5日~7日に行われたもので、犬もしくは猫を飼育している人855名から回答を得たものだ(男性:60.4%、女性:39.6%)。暑さによるペットの体調不良=熱中症の症状としては、ふらふらする、ぐったりする、息苦しそうにしている、よだれが多く出る、体が痙攣する、食欲低下、水を飲まない、発熱、下痢、嘔吐といったものがあげられる。

 まず「ペットの熱中症を感じたことがあるか(心配になったことがあるか)」を聞くと、「よくある(1.8%)」「たまにある(11.8%)」「一度だけある(7.5%)」となり、全体の21.1%に“ペットの熱中症”の経験があった。犬・猫別では、犬は全体の24.4%、猫は17.5%となっている。

 「熱中症を経験した時期」を聞くと、5月から少しずつ増加し、8月だけで全体の約6割(59.1%)を占めていた。7月~8月の期間では、全体の8割強(83.7%)、6月~8月の期間では、全体の9割強(90.4%)となっている。この7月からが、いよいよ“ペットの熱中症の本格シーズン”だといえる。

 熱中症になる環境としては、人間なら炎天下での運動、暑い車内に長時間いるといった状況があるが、ペットの場合、もっとも多かった回答は、「家のなかで普通に過ごしている時(44.8%)」だった。次いで多かったのは「家のなかでのお留守番中(21.2%)」で、むしろ「家の中」が上位を占めていた。3位以下は「お散歩している時(15.0%)」「車での移動中(10.8%)」「家の外でのお留守番中(8.4%)」となっている。

 犬・猫別でも1位はともに「家のなかで普通に過ごしている時」だが、犬の回答率が32.8%だったのに対して、猫は56.8%と20ポイント以上も高い結果となっている。2位以降は犬・猫で結果が異なり、犬は2位「お散歩している時(26.7%)」、3位が「家の中でのお留守番中(15.0%)」だったのに対して、猫は2位が「家のなかでのお留守番中(27.3%)」、3位は「車での移動中(8.9%)」だった。いずれにせよ、「家のなかで普通に過ごしている=安心ではない」ことが如実に分かる結果となった。「普段からやっている対策」としては「風通しの良い環境にしている」が約7割でトップとなったほか、「エアコンで温度管理をする(45.6%)」「日が当たる場所に長時間居させない(38.0%)」などの意見も多かったが、確実とはいえないようだ。

 具体的な症状では「ぐったりしていた」が全体の65.3%で1位、以下「息苦しそうにしていた(35.8%)」「食欲が低下した(21.6%)」などが続いている。「どのような応急対処をしたか」の1位は「水分を補給させた(犬:72.8%、猫:64.7%)」。「涼しい場所で休ませた(犬:52.5%、猫:55.1%)」「冷却材などを使って体を冷やした(犬:22.7%、猫:21.3%)」などもあがっている。

 一方で、ペットが熱中症になってしまった際に、適切な処置ができたかどうかについて4段階で自己評価をしてもらったところ、「適切な対処ができた」と評価した人は55%だったが、残る45%が「適切な対処ができなかった」と考えていた。また、「動物病院などで診療した」という人は、全体の39.1%と4割弱に留まっている。

http://www.rbbtoday.com/article/2015/07/02/132851.html

ささみジャーキー
今日は朝から雨 気温も低かったのですが夕方雨が上がると急に蒸し暑くなりました
子犬たちもそれぞれのお家に巣立ち ようやく時間にゆとりが出来ました
子犬がいる間は何もしてあげられなかった成犬たちのため 今日はささみジャーキーを作りました
200度のオーブンで1時間焼いてあとは冷蔵庫で数日干せば完成です
焼いている間とってもいい匂いがして犬たちはソワソワ
今日はまだ我慢してね
代わりに胸肉を焼いたものをみんなにあげました

hana11.jpg




さて 今日の記事はペットサイトオープンのお知らせです


小学館がペットの総合ニュースサイト『PETomorrow』(ペットゥモロー)を本日オープンいたしました

株式会社小学館(東京都千代田区、代表取締役社長:相賀昌宏、以下「小学館」)は、ペットの総合ニュースサイト『PETomorrow(ペットゥモロー)』(petomorrow.jp)を本日2015年7月1日にスタートしました

■コンセプト

『PETomorrow』
~ペットゥモローは「ペット」と「トゥモロー」を合わせた造語です~

「ペットゥモロー」は、ペットオーナーがペットとともに明日を元気に暮らすための情報を提供するニュースサイトです。現在、日本ではペットの犬や猫が約2,100万頭飼育されており、日本の15歳未満以下の人口を大きく上回っています。人口の減少や高齢化に伴い、今後、人とペットとの関係はより一層密接なものになることが予想されます。それに伴って必要とされるのが、ペットのヘルスケアやしつけに関する正しい情報です。「ペットゥモロー」が目指すのは、飼い主とペットが楽しく暮らすための情報を提供するニュースメディア。ペットは、我々の「パートナー」であり、「家族」であることを前提に、人とペットが楽しく暮らし、幸せな時間を共有するための様々な情報をペットの「ヘルスケア」を軸に発信してまいります。

■オリジナルグッズの通販も

「ペットゥモロー」では、犬と猫との楽しい生活を実現する通販事業を展開します(今秋開始予定)。ニュースサイトとオリジナルグッズの通販を融合させた、日本初のペットのメディア事業を目指します。これまで小学館が発行するライフスタイル誌『サライ』『BE-PAL』『DIME』の通販ブランド「大人の逸品」で培ってきた商品開発、物流システム、顧客対応のノウハウをフル稼働し、ペットオーナー向けの通販に加え、BtoB向け卸事業も展開していきます。また、『妖怪ウォッチ』のペット関連グッズも取り扱う予定です。小学館グループが保有するキャラクターとの連携も積極的に行ない、魅力ある商品ラインアップを展開します。

■コンテンツ

メインコンテンツは、ペットに関するヘルスケア、病気、しつけ、新商品、新サービス、宿などの施設、お出かけスポット、ごはんレシピなど、ニュース型の記事のほか、犬種図鑑、猫種図鑑、病気事典、しつけに関する基本情報、専門家による相談コーナーなど便利なコンテンツが充実。オーナーが困った時、ペットが飼いたくなった時に、頼りになるサイトを構築します。今後は、獣医師やドッグトレーナーなどの専門家や著名人による連載、写真や動画投稿などのユーザー参加型コンテンツを用意し、ユーザーに寄り添った情報を毎日配信してまいります。

http://www.sankei.com/economy/news/150701/prl1507010190-n1.html