シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

寒い雨
朝は雨 いったん上がりましたがお昼前から再び降り始めました
今日って雨の予報だった?
買い物に行く予定でしたが気温も低く 雨と寒さのためにやめてしまいました
やらなくてはいけないことは沢山あるけど 体調も思わしくなかったため 
今日は1日のんびり過ごすことにして 読書とお昼寝
たまには良いよね
明日は買い物に行かなくちゃ

tora30a.jpg


さて 今日の記事は東日本大震災で犠牲になったペットたちのイラスト展です
全国をまわるのでお近くの会場に足をお運びください

震災で消えた小さな命展2
2011年3月11日の大震災で、たくさんの命が犠牲に なった中に、様々な動物の命も失われました。
家族同様のイヌやネコ、 ウサギやハムスター、金魚や虫たち。
福島の原子力発電所事故 で町に残らざるを得ず、命を終えた動物たち‥。
亡くした動物を描いてほしいという、被災者の方からのお申込を受け、絵本作家・イラストレーター・画家が、その『小さな命』を絵の中によみがえらせたいと思います。
描いた絵は、巡回展終了後、希望を書いていただいた方へプレゼントいたします。

主催者:「震災で消えた小さな命展」代表 うさ(画家・絵本作家)
日時、場所:
●4月11日(木)~17日(水)*予定
 福岡県福岡市/BiVi福岡
 〒810-0004 福岡県福岡市中央区渡辺通4丁目1-36
●4月24日(水)~5月19日(日)
 鹿児島県鹿児島市/かごしまメルヘン館 ☆
 〒892-0853 鹿児島県鹿児島市城山町5-1
●5月28日(火)~6月2日(日)
 沖縄県那覇市/沖縄県立博物館・美術館 県民ギャラリー3
 〒900-0006 沖縄県那覇市おもろまち3丁目1番1号
●6月25日(火)~7月7日(日)
 台湾/新光三越(台南中山店) 13階文化会館
 台南市中山路162号
●7月24日(水)~31日(水)
 大阪府熊取町/熊取町立熊取図書館
 〒590-0451 大阪府泉南郡熊取町野田4丁目2714-1
※7/24(水)に講演会を開催予定。
●8月6日(火)~9月1日(日)
 和歌山県有田川町/ちいさな駅美術館
 〒643-0033 和歌山県有田郡有田川町明王寺37-1(藤並駅2F)
●9月11日(水)~17日(火)
 東京都千代田区/一口坂ギャラリィ
 〒102-0074 東京都千代田区九段南4-6-1
●9月20日(金)~23日(月)
 岩手県宮古市/マリンコープDORA 2階展示ホール
 〒027-0038 岩手県宮古市小山田2-2-1
※2013年1月末現在、確定している会場です。
 会場の追加、開催時間や休館日等は、webでご確認ください。
 http://chiisanainochi.com/
※全ての会場が終了後、宮古市、大船渡市、石巻市で、絵を依頼者の方へお渡しする予定です。
※なお、「震災で消えた小さな命展」はすべて入場無料ですが、☆印の会場は、美術館に入るための入館料が必要です。


【震災で消えた小さな命展について】
「震災で消えた小さな命展」には2つの目的があります。
一つは、申し込まれた被災者の方に絵をプレゼントすることで、亡くなった動物の心と、残された人間の心をつなぎたいという目的です。
飼い主さんは、自分だけが助かってしまったと責めている方がたくさんいらっしゃいます。
泥水の中から見つけ出した亡くなった動物の姿が目に焼きついてしまい、元気な頃の動物たちの姿を思いだすことが出来ない方もたくさんいらっしゃいます。
大好きな飼い主さんが、自分がいなくなってしまったことで苦しんでいたら、亡くなった動物たちはとても心配になっていることと思います。
私たちが描く絵で、その二つの心をつなぐことができたら…と思っています。

そしてもう一つ、『動物も人間と同じ命、大切な家族だ』ということを、伝えたいという目的があります。
被災地で亡くなった動物たちの中には、彼らがもしも人間だったら、確実に助かっていた命もたくさんありました。
アイディアひとつで、救えた命がたくさんありました。
申し込みをして下さった方たちから、「動物も大切な家族なんだということを、多くの人に伝えてください」「亡くなった動物たちの命や私たちの悲しみが、これから先繰り返されないでほしい」と、被災地で私は託されました。
避難所によって、判断する人間によって、目の前にいる動物たちの運命が決められてしまいます。
例えば、人間は安全な高所へ避難していいけれど、動物は危険な低地でつないでおくようになどといったおかしな規則を、考え直してもらえたら、と思うのです。
目の前の動物の運命を決める立場になった方が、その小さな命の行き先を判断する時、「震災で消えた小さな命展」を思い起こしてくれることを願います。

これから先、いつ、どこで、同様な災害が起きるかわかりません。
被災地以外の各地で巡回するのは、このような理由があります。
『震災で消えた小さな命展』はこのような思いを込めてすすめています。
ご理解いただけたら、うれしいです。
 「震災で消えた小さな命展」代表 うさ

【参加作家名/敬称略】
~ 日本の作家 ~
青木くるみ・あんびるやすこ・池田あきこ・市居みか・市原 淳・イングリット・フジコ・ヘミング・うさ・大竹雄介・大野隆司・おおやぎえいこ・奥 勝實・尾崎曜子・加藤龍勇・加野いずみ・鎌田光代・川浦良枝・かわかみ味智子・北沢優子・北田浩子・きたむらさとし・木村直代・栗原 徹・黒坂麻衣・黒川みつひろ・瑚々夏・コダカヒロコ・さくらい史門・篠崎三朗・しのづかゆみこ・白石佳子・菅沼晶子・たかしまなおこ・たかぎなまこ・タカタカヲリ・谷村あかね・垂石眞子・田幸樹枝・どい かや・TOMOYAARTS・中村 猛・中村太樹男・ナカムラユウコウ・永盛綾子・鯰江光二・西山ひさ乃・ねこのみみこ・野村雅美・はせがわかこ・長谷川京平・浜田桂子・林 靖子・はらだゆうこ・平澤貴也・ひらてるこ・ひろかわさえこ・ふくだいわお・藤井啓誌・藤本四郎・星野博美・堀江篤史・本間裕美・松田朋子・まつやまけいこ・水野恵理・目羅健嗣・室井さと子・森川百合香・矢田裕子・山田花菜・山中翔之郎・山本祐司・ゆーちみえこ・よこたしょうこ・渡部ゆか(五十音順)
~ 海外の絵本作家 ~
オランダ: Alex de Wolf ・ Patsy Backx / イタリア:Philip Giordano
台湾: 黄麗珍・唐唐・劉旭恭・鄭明進・童嘉・曹俊彦・洪瑞霞・陳韻如
韓国:イ ユッナム・チェ ヨンホ・イ ジュウ・キム ソヨン・へ キョン・モ ヘギュ・パク ジョンソプ・イ ヒョンジン・チャン ヨンス

問い合わせ先:主催者・うさ
 Tel:090-3135-2008
 E-mail:midoriwanwan@gmail.com

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/102-c168d6e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)