シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

不便
世の中ゴールデンウィークの真っ只中なんですね
お休みは一切関係の無い我が家
ついつい連休中であることを忘れてしまいます
普段 何か欲しいときはすぐにネットで注文して
翌日には届く
という生活をしているので とっても不便
お店がみーんなお休み
実店舗へ買いに行かないといけません
ネットで買うよりずっと高いし
早く通常の日常に戻って欲しい

hana-40.jpg


さて 今日の記事はお友達だったビーバーの死を悲しむ犬の様子です
画像がアップされていますが 本当に悲しそう。。。。。
ビーバーが随分大きく見えたのですが どうやら犬が小さいようです
見ているこちらまで悲しくなってしまいますが 犬は豊かな感受性を持っている動物なんだ
という再認識をさせられます
是非 動画もご覧ください


【死別】親友だったビーバーの死を受け入れられず鳴きながら死体に寄りそう犬 / 種族を越えた愛がそこに

つい昨日まで元気だったビーバーのビーバス君。しかし翌朝、ビーバス君は突然の死を迎え、芝生で天に召されたのであった。その事実を受け入れられないのが、ビーバス君と共に暮らす親友だった犬のベラちゃん。

ベラちゃんはビーバス君の死体に寄り添い、悲しげな鳴き声をあげている。単に動かないだけならば、そんな行動はしないだろう。ベラちゃんは、ビーバス君が死んでいるという事実を理解しているのだ。しかし、それを受け入れられないのである。

種族を越えた親友の死を悲しむベラちゃんの姿が、動画共有サイト『YouTube』に掲載されて話題となっている。ベラちゃんはいつまで経ってもビーバス君ま死体から離れようとしない。人間が慰めるものの、ベラちゃんは悲しげな鳴き声をあげ続ける。

ビーバス君がどうして死んでしまったのかわからない。突然に死を迎えて、誰にも別れを言えず、ビーバス君自身がいちばんショックだったに違いない。それでもビーバス君は非常に幸せなビーバーだ。こんなにも愛してくれる犬のベラちゃんがいたのだから。きっと、幸せな思いで天国へと旅立っていっただろう。

http://rocketnews24.com/2013/04/30/323337/


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/120-9aec3d9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)