シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

子犬
今日 パソコンの先生に教えていただいてやっと写真を取り込めるようになりました
でも まだHPの修正が出来ない。。。。
新しいことに慣れるまでとっても時間がかかります
新しいパソコンを使いこなせるようになる日は来るのかな?

出産予定日よりだいぶ遅れて5月31日に生まれた子犬
男の子が4つです
飼い主さん募集中
詳しくはメールでお問い合わせください

bd130531-4a.jpg


さて 今日の記事は愛犬の年間飼育料についてです
当然 犬種により体の大きさやお手入れの必要性によって大きく変わってくると思いますが
愛犬からは飼育にかかる費用の何倍もの愛をもらえますよね


◆愛犬の年間総飼育費は平均18万8893円 ペット総研調べ [2013.5.29]
--------------------------------------------------------------------------------


 ペットに関するアンケートサイト「ペット総研」は27日、愛犬の飼育にかかる費用に関するアンケート調査「教えて!愛犬の飼育費」の結果を発表した。

 ドッグオーナー1040名を対象に行ったこの調査では、2012年4月から2013年3月までの1年間に「ペットフード代」「トイレ用品代」などに幾らかかったか、項目別に金額を聞いた。その結果によると、昨年度の総飼育費の年間平均は、18万8893円(月間平均 1万5741円)だった。

 また、各項目ごとの年間平均を算出するとともに、小型犬・中型犬・大型犬の代表的な人気6犬種のデータを抽出・集計し比較したところ、犬種の特長により、かかる支出の額や内容が大きく異なることがわかった。

 体の大きなレトリーバー種ではやはり「ペットフード代」などの食費が圧倒的に高く、たとえば体の小さなチワワの年間平均が38099円だったのに対し、レトリーバーは90791円と、倍以上にのぼった。

 一方、定期的な被毛のケアが必要なプードルでは「ペットサロン代」が突出して高く、年間平均が39036円だった。これは、6犬種中もっとも額が低かった雑種の年間平均7911円の、およそ5倍にあたる額だ。

 また、これらの支出を、前年の飼育費と比べた場合の増減については、「変わらない」と感じているオーナーがもっとも多く41.0%で、次いで「増えている」(26.7%)、「わからない」(15.2%)と続いた。

 その理由では、「変わらない」と感じているオーナーからは「生活サイクルが決まっているから」「愛犬が健康だから」という意見が聞かれたほか、「増えている」と感じている人では「愛犬が年を取って医療費などがかさむ」、「減っている」というオーナーでは「生活に慣れて無駄づかいが減った」などの意見がめだったという。

http://www.pet-soken.jp/result/blog.cgi/permalink/20130527000000
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/144-157b813d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)