シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

雨の1日
今日はしとしと1日中雨が降るお天気でした
ニュースで西日本で37度を超えたところがあると言っていましたが
うちのあたりは21度で長袖のTシャツでちょうど良い感じでした
今日は買い物へいく予定でしたが 雨のため取りやめにして
犬たち全員の耳掃除をしました
耳掃除が終わった子はご褒美に 私の手作りジャーキーをあげました
簡単にできて無添加で安心ですから 皆さんも是非手作りしてみてください
作り方は超簡単
馬か牛の生のアキレスをキッチンばさみで適当な大きさにカットして
冷蔵庫に並べて 2,3日に1回ひっくり返して2週間くらい
カチカチになれば完成です
生のアキレスはネットで検索するといっぱいヒットしますよ

子犬たちも順調に成長しています
目の明いた子とまだの子がいます
bd1305310604-6ajpg.jpg


さて 今日の記事はペット保険についてです
ペット保険もだいぶ一般的になってきました
短期間で世界3位になったそうで驚きです



ペット保険急成長 世界3位に

エコノミックニュース 6月13日(木)17時55分配信



 家で飼っている犬や猫などのペットが、急に悪くなったりした時、動物病院に駆けこむ。そうした時の治療費の一部を負担するのが「ペット保険」。今このペット保険市場が急激な伸長を見せている。

 ペットといえども今や家族と同様の扱い、悪ければ病院に駆け込み、死んだらお墓を作る。これが一般的な常識となった。そこで、ペットの健康に気を配る飼い主が急増し、ペット保険各社も契約数が増加し、今では約80万件、保険料収入は、年間200億円とも言われている。このペット保険に入っていない場合は、治療費全額負担で、入院,手術などすると、莫大な金額になる。

 一般的なペット保険は、犬や猫の通院費用や、手術代の50~70%を補償する。支払う保険料は、年間2万5000円~10万円。ペットの年齢が上がるにつれ、保険料が上がっていくのは人間と同じ。「動物保健」対応病院の窓口に「動物健康保険所」を提示すれば30~50%の負担で治療が受けいれるシステム。これは人間の健康保険システムと似ている。違うのは国が介在しないことだ。

 日本でペット保険が普及したのは、2000年代と比較的新しい。しかし今や英国、北米に次ぎ世界第3位の巨大市場と化した。

 ペット保険の国内最大手はペット保険専門のア二コム、外資系では、アクサ損害保険が参入、「少額短期保険」と呼ばれる、中小企業と合わせ、約10社が商品を提供している。

 動物の治療には、人間の診療報酬のような公的制度はないので病院によって治療費はまちまちだ。今後保険を成り立たせようとするならば、治療費の妥当性、不正の防止などが課題といえよう。対応病院で、保健を割引できないケースもあり、その場合は、いったん全額飼い主に払ってもらい、保険会社に請求することになる。

 急成長した業界なので、まだシステムの機能面がついていけない面もあり、こうしたことも今後の課題と言えよう。(編集担当:犬藤直也)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130613-00000022-economic-bus_all

大好きだった声優の内海賢二さんがお亡くなりになられました
心よりお悔やみ申し上げます
「魔法使いサリー」のパパや「Dr.スランプ アラレちゃん」の則巻千兵衛さんの声などで
お馴染みだったと思います
75歳 癌だったそうですが残念です

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/06/13/kiji/K20130613006006110.html
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/152-ed71a145
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)