シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ネタ切れ
今日はとても蒸し暑い1日でした
バタバタ忙しくしているのですが ブログに書くようなこともなく
ネタ切れです


今日は記事を2つアップします


明日から猛烈な暑さになる予報です
ペットを熱中症にさせないよう十分ご注意ください

愛するペットを熱中症から守る10カ条〈週刊朝日〉

熱中症にかかるのは人間だけではない。犬や猫も同じで、高温・多湿で発熱してぐったりし、ひどい場合には死に至る。病状は人間と同じでも、つらさを伝えられず、周囲も気づきにくい。

 車中での発症も多い。「うちの病院に来院される熱中症の犬の半分ぐらいが、車での留守番で発症しています」。こう話すのは、四国動物医療センター(香川県)の入江充洋獣医師だ。エアコンをつけたままなら大丈夫だと思いがちだが、犬の「ある行動」が急激に体温を上げるのだという。入江氏が続ける。

「車内に残された犬は『自分も連れていけ』とばかりに興奮し、窓を必死で引っかいたり、鳴きわめく。ほんの10分で体温が40度を超えることもあり、生死に関わる可能性が出るのです」

 沖縄県のペットメディカルセンター・エイルでは数年前、車中の「魔の10分」で意識を失った若いセッターを開腹したという。「運ばれたとき、体温は42度以上あり、いくら点滴しても下がらない。熱が高すぎて生理食塩水をお尻から入れても難しいと考え、おなかを開いて腸を水に浸して体温を調整したのです」。

 10リットルもの水を使い、奇跡的に犬は助かったというが、こんな事態にならないためにも予防を徹底したい。下記の「ペットを熱中症から守る10カ条」を参考にしていただきたい。

「ペットを熱中症から守る10ケ条」
(1)水分をいつでもどこでも、十分に摂れるように
(2)ハウスやケージを直接日光の当たる場所や熱源のそば、空気のこもる場所に置かない
(3)留守番させるときは必要に応じエアコンをつけ、室内ドアを開けて他の部屋や風呂場などへの「逃げ道」をつくる
(4)車に乗せるときは涼しい居場所をつくり、まめに休憩を
(5)車中にペットだけを残さない
(6)気温が高いときや日陰のない道での散歩はしない
(7)クールスカーフや、冷感服を上手に利用する
(8)舌を出してハアハアしていたら、涼しい場所で休ませ、水分補給を
(9)水を飲んでも熱が下がらない場合は、体を冷やしながら病院へ
(10)旅行に連れていくときは、外出先周辺の動物病院の連絡先を携帯電話に登録
(監修=水越美奈・日本獣医生命科学大学獣医学部准教授)

※AERA 2013年8月9日号
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130805-00000004-sasahi-life



こちらは 1000名にプレゼントがもらえるモニター募集です

イースター 「秋の新商品モニター募集」 1,000名様プレゼント

イースター株式会社では秋の新商品のモニターを募集。無料会員+ペット登録で「選べる試食品」が1000名様にプレゼント

【賞品】
・Aコース(いずれか1つ)
- プロステージ(ドライフード)各1kg(500g×2袋)
- ポーク&ライス4種類 チキン&ライス4種類
- フィッシュ&ライス3種類

・Bコース
 ・愛情物語 霧島鶏 そぼろ煮込み3種類セット(ささみ入り・ささみ&緑黄色野菜入り・ささみ&チーズ入り 各210g(70g×3袋)3つセット)

【当選者数】1000名様

【応募期間】2013年08月31日まで

【応募方法】会員登録

[イースター株式会社]
http://yeaster.jpn.org/?p=2979

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/194-b372d561
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)