シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ありがとうございます
今日は皆様からメールで送っていただいたお写真をご紹介します

まずはインディーちゃん
サングラスがお似合いですね
0814indy.jpg

軽井沢へ避暑に行ったシオンちゃんとキスちゃん
0814kisssion.jpg


11歳のお誕生日を迎えたラックちゃん
0814raku.jpg

こちらも11歳になったルナちゃん
0814runa.jpg

耳のセット中のウィリーちゃん
0814wiry.jpg

生後半年のジョセフィーヌちゃん
0814zyose.jpg

皆様 可愛いお写真をありがとうございました♪



さて 今日の記事は猛暑と肥満についてです
運動量が減るのでご飯の量も減らさないと当然太ってしまいます
ご注意ください


猛暑で激太りの飼い犬急増…運動不足でも餌の量変えず

日本列島は13日も晴れて厳しい暑さが続いた。この酷暑はとどまる気配を見せないが、そんな中、激太りする飼い犬が急増しているという。

 「夏場に太る犬はこのところ増えています」と話すのは新関獣医科(東京都足立区)の新関仁獣医師。都内では連日、35度以上の猛暑日を記録し、人だけでなく犬も夏バテで食欲が落ちるイメージがあるが…。原因については「飼い主が犬を外に出さないことにあります。つまり、運動不足に陥っているということです」

 飼い主自身が、熱中症に細心の注意を払わなければならないほどの酷暑。当然、炎天下で熱せられ50度前後になるアスファルトは、背の低い飼い犬たちにとってみれば、熱い鉄板の上を歩くようなもの。愛犬が足の裏の肉球をやけどすることも心配される。

 日中はエアコンの効いた部屋で過ごし、日が沈んでから散歩しようと思っても「じめじめした熱帯夜では、路面の温度はすぐには下がりません」。散歩にも行けない状態なのに、夏バテしてはいけないと飼い主はいつもと同じ量の餌を与えてしまう。それどころか、一緒に過ごす時間が増えたことで「朝晩の餌以外にも、自分のおかずを食べさせる飼い主もいる。個体差はありますが、これでは当然、太ってしまいます」。まさに“親心”が招いた悪循環であると新関氏は指摘する。

 犬は短時間でも運動させるだけでメタボ体形になるのを防げるため、一雨降った後の路面の温度が下がった時間帯に、芝生や土のある公園などに連れていって運動させてあげるのもいい、とアドバイス。散歩ができないほどの暑さなら「餌の量を減らしてやること。少しかわいそうに感じるかもしれないが大丈夫。犬はすぐには弱らない」

 ペット専門店に行けば犬の冷感グッズも数多くそろっている。それらも上手に活用しつつ適度に運動させ、酷暑を乗り切るのが愛犬をメタボ犬にしない良策かもしれない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130814-00000045-spnannex-soci
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/200-d87df342
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)