シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

壊れた
犬舎で使っている瞬間湯沸かし器が壊れちゃった
まだ6年しか使ってないのに。。。。
メーカー修理を頼むと 壊れた部品によって値段は違うけど
出張費を入れて最低1万円はかかるといわれました
新品を購入すると2万5千円
修理を依頼しても またすぐ壊れてしまう可能性もあるといわれ
ねばってねばって値引きをお願いして 新しく買い換えることにしました
毎日使うので 早速明日取り替えてくれるそうです
あー この年末に予定外の出費です
とほほ。。。

bd030505fs2-16ajpg.jpg


さて 今日の記事は犬用のおせちについてです
いろいろ販売もされていますが 自分で作ってみるのも良いですね


どうぶつナビ:犬用のおせち料理作るには

毎日新聞 2012年12月25日 東京朝刊


 ◇調味料を使わず薄味に

 ◇消化不良起こす食材避け、人が食べる分は味足して

 今年も残り1週間。大掃除やおせち料理の準備に追われている人も多いはずだ。犬を飼っている人にとっては、愛犬に特別なご飯を作ってあげるという楽しみもあるだろう。犬と過ごすお正月を楽しむため、手作りのおせち料理について調べた。

 犬用手作りご飯などの製造、販売を手がける「ドッグダイナー」(東京都港区)の笹生(さそう)真彩子(まさこ)代表(42)は、6年半前に飼い始めたアップル(チワワ、メス、6歳)の体調不良がきっかけで犬の食事を手作りするようになった。「当時のアップルは両耳の毛が抜け、地肌がむき出しの状態。いろんな薬を試しても良くならなかった」と話す。

 ところが、知人のアドバイスで食事をすべて手作りに変えると、2週間で毛が生え始めた。「それ以来、手作りの食事を食べさせているが、アップルは健康そのもの。口から入るものは大事なんだと気づいた」と話す。

    *

 そんな笹生さんが作ったおせち料理は、にんじんやインゲンの煮物、さつまいものきんとん、にんじんの牛肉巻き、鹿肉とトマトのニョッキ、ごまめなど13品。すべて人も犬も食べることができる。32種類の食材を使い、栄養バランスにも気を使った。

 特徴は、調味料をほとんど使っていないことだ。「犬に調味料は必要ない。食材に元から含まれている塩分などで十分です」と笹生さん。野菜をかつおだしで煮込むなど、風味を出して犬の食欲をそそる工夫はしているが、犬の健康を考えると、塩、こしょう、みそ、しょうゆなどは使わない方がいい。

 だが、あまりに味が薄いと、人が食べた時においしいと感じないかもしれない。笹生さんは「普段から濃い味付けになれている人には物足りないかもしれないが、できれば食材の味を楽しんでほしい」と話す。どうしても物足りないと感じたら、肉にしょうゆをたらしたり、きんとんにハチミツをかけたりして、味を調整するといいそうだ。

    *

 おせちをこれから作る人はどのようなことに気をつければいいだろう。

 笹生さんは「犬にとって危険な食材は絶対に使わないで」と呼びかける。タコやイカ、カニ、クラゲ、こんにゃくなどは消化不良をおこしやすい。タマネギや長ネギ、チョコレートやココアなどのカカオ類、キシリトール入りの菓子なども体調不良を引き起こす恐れがある。アルコール類はもちろん、カフェインを含むコーヒーや紅茶、糖分が多い市販のジュース類も避けた方がいい。

また、ぼそぼそとした食感のものは犬にとって食べにくいという。「クリきんとんのクリは、犬にとっては食べづらい。犬用にはさつまいもだけを使って、後からクリを加えるなどの工夫をして」と笹生さん。「おせちは新年の初めに食べるもの。見た目にもきれいで、人も犬もおいしく食べられる料理を作ってほしい」と話した。【倉田陶子】

http://mainichi.jp/feature/news/20121225ddm013100028000c.html
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/21-0de60bb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)