シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

おめでとう~♪
今日の体調は最低。。。
フラフラしながらも気分転換になるかと妹とお茶しましたが
帰宅後 ベッドへ直行することに。。。。
やはり行かない方がよかったかも。。。。
今 子犬へご飯をあげるために起きてきました

今日はノマー君、ライ君、レオン君、ちゅら君の10歳のお誕生日♪
この時は7頭生まれ 今でも4家族の皆様とお年賀状のお付き合いが続いています
兄弟で元気に10歳のお誕生日を迎えられて幸せです

ライ君から早速お写真を頂戴しました
0827rai2.jpg



さて 今日の記事はアメリカで闘犬の組織が摘発され367匹もの犬が保護されたという話題です
検察官の方のご意見に大賛成
地獄の底に落ちてしまえ!!!



闘犬組織摘発、犬367匹保護 米


(CNN) 米アラバマ州の連邦検察は26日、米国で禁止されている闘犬を行っていた組織を摘発し、367匹の犬を保護したと発表した。検察官は「動物や子どもを虐待する者は地獄の底に落ちるべき」と語気を強めた。

発表によると、アラバマ、ジョージアなど4州で23日、闘犬や賭けを行ったとして11人を逮捕した。保護されたピットブルテリア犬367匹は、一時預かり施設に預けられたという。

摘発ではアラバマ州の連邦検察や地元警察、米連邦捜査局(FBI)と、動物愛護団体ASPCAが連携した。ASPCAによれば、闘犬関連の摘発としては米国で過去2番目の規模になるという。

保護された犬は不衛生な環境で飼育され、多くはやせ細っていた。猛暑の中で水も餌もほとんど与えられずに鎖につながれ、体にたくさんの傷跡がある犬もいたという。

逮捕された11人は2009~13年にかけ、共謀して闘犬を行い、犬を闘わせる目的で所持したり売買したりしたとして、30件の罪に問われている。闘犬では1回につき5000~20万ドル(約50万~2000万円)を賭けていたとされ、当局は現金50万ドルを押収した。

捜査に当たったジョージ・ベック検察官は、「闘犬を行った者たちは娯楽のために犬を虐待し、飢えさせ、殺した。その行為は容認できず、厳罰に処せられるべき」と語った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130827-35036428-cnn-int
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/210-db627548
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)