シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ショック。。。
今日はとても過ごしやすい1日でした
明日からはまだ暑くなる予報
寒くなる前に全員をシャンプーしなくちゃ

一昨日 作家の原田宗典さんが覚せい剤取締法違反容疑で逮捕されました
一時期 彼のお腹を抱えて笑えるエッセーにはまり 愛読していた時期があったので
とてもショックです
どうして。。。 という気持ち
立ち直ってまた楽しい作品を生み出して欲しいです


シェルティ セーブル男の子 飼い主さん募集中です
詳しくはHPをご覧の上メールにてお問い合わせください シェルティの広場
bd130711ms4-66a.jpg




さて 今日の記事は犬の体内時計についてです
お散歩やご飯の時間になると催促されて困っていらっしゃる方はいませんか?
犬は時計を読めないのになぜ時間がわかるのか
犬には優秀な体内時計があるためなんです


忠犬ハチ公が毎日午前9時に駅に現れることができたワケとは

忠犬ハチ公と言えば、日本人なら誰でも知っている名犬です。帰らない飼い主をずっと待ち続けたというハチ公。しかしハチ公だけに限らず、犬は毎日決まったことをずっと同じようにやり続けるという習性があるようです。犬はなぜ規則正しい生活を好み、決まったパターンで毎日暮らすのでしょうか。

■体内時計は、犬の天性の能力

なぜかいつも同じ時間に犬に起こされる。散歩に行く時間になると、犬がそわそわし始める。時計ももっていないのに、なぜ時間がわかるんだろうと不思議になりますが、犬は自分の中に、体内時計を持っています。これは動物なら、どんな動物でも持っている能力で天性のものです。なぜなら野生の動物は、夜に動いたり昼に動いたり、どの時間帯に動くかで自分が狙われやすくなるか、または獲物が狙いやすいかが変わってくるからなのです。

■十年間ご主人を待ち続けたハチは、毎日定時に駅にいた

この不思議な体内時計を証明してくれたのが、忠犬ハチ公です。ハチは、その日が雨なのか曇りなのかにとらわれず、また季節にもとらわれず、毎日午前9時と午後5~6時の定時に、駅に姿をあらわしたのだそうです。

人間が時計を見ないで時間をはかるときは、太陽の位置や影の長さ、または日が昇る時間、日が落ちる時間などのパターンから推測します。しかし犬は自然からもらった天性の才能で、それらの情報を頭で考えてみたり整理したりしなくても、本能で時間を把握できる能力があるようです。

■犬は自分の経験したことを、きちんと記憶している

人間のように細部までは無理ですが、おいしいおやつがもらえたり、散歩して遊んだりなど、「この時間には、何かいいことがある」という経験をした犬は、その時間になると飼い主をせっついたり、甘えてきたりします。それは「時間」と「経験」が頭の中できちんと結びついているということでもあり、なおかつそれをきちんと「記憶」しているということでもあります。一定の時間になると、犬がそわそわし始めるのは、記憶力が良い証拠なのです。

■規則正しい生活が好きというよりは、自然にそうしてしまう

犬は規則正しい生活を送りますが、それが好きでそうしているというよりは、その時間になると「記憶」を思い出し、何かを期待して、つい勝手に体が動いてしまうということのようです。

犬に何か日常で仕事を与えたいと思っているならば、この犬の体内時計を利用してみるとよいでしょう。朝、起こしてもらったり、新聞を取ってくるようにしつけしてみたりすると、犬も飼い主も楽しく、日常が過ごせるようになるかもしれませんね。

http://news.mynavi.jp/news/2013/09/11/155/index.html

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/221-2a5a85f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)