シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

出来た!
今日の最高気温は28度
その上 強い南風の吹く1日でした
こんな日は 犬を洗うに限ります
次々シャンプーして全部で6頭洗いました 
ドライヤーの代わりは強い南風
みんなすっかり乾き フワサラになりました♪
疲れたけど気持ちいい~

画像がアップ出来なくなり あちこちいじってみたら
なんとかアップできるようになりました
良かった♪
koinu4-1.jpg




さて 今日の記事はいつもご紹介する西川文二氏のお話です
今回は犬の車酔いについて
練習しても治らない子もいますけど 試してみる価値はあるかも



犬の車酔い克服法「酔わなかった体験」積み重ねることが重要

西川文二氏は、1957年生まれ。主宰するCan! Do! Pet Dog Schoolで科学的な理論に基づく犬のしつけを指導している。その西川氏が、イヌの車酔い克服法について解説する。

秋ですな。秋って~と、子供の頃は、遠足なるもんが楽しみでしたな。一方で悩ましくもあった。

 あの貸し切りバスってのに乗ると私め、一時期軽く酔うことがあったんですわ。

 バスの中では歌いまくって、しゃべりまくって、酔うかもっていう気持ちを、右に左に蹴散らかしてた。その作戦はバッチシでしてね、結果、「酔わなかったぞ体験」を積み重ねることができ、貸し切りバスでの車酔いを克服できた。

 さてと、読者諸兄の中には、自身の犬が車酔いするって方もおるのではなかろうか。ってなことで、今回は犬の車酔い克服法をば……。

 犬もですな、この「酔わなかったぞ体験」ってのが重要。

 もちろん私めが自ら実践した方法はとれない。なんてったって、犬は気を紛らわせるために歌いまくったり、しゃべりまくったりしませんからね。んで、以下の方法で「酔わなかったぞ体験」を積み重ねさせる。

【1】キャリーバッグを安心できる寝床とし日頃使う
 ↓
【2】エンジンをかけずに犬をキャリーごと車に乗せ、ガムなどを与え「車に乗るといいことが起きる」という体験をさせる
 ↓
【3】エンジンをかける
 ↓
【4】数十メーター走って車を一旦止め犬の様子を見る
 ↓
【5】犬の様子が通常と変わりなければ、再度車を走らせ距離を少し延ばす。様子が少しでも変かなと感じたら、一旦休憩。リフレッシュさせてから、今度は距離を短めにして同じことを。

 初日は全体で5分程度に。後は、日ごとに車を走らせる距離、全体の時間を延ばしていく。酔い止めの薬やサプリを使用しながらであれば、さらによろしい。

 目安は休憩なしで30分の走行。なぜなら、30分酔わない犬は、経験上それ以上走っても酔わない。逆に、酔う犬は30分以内に吐く。

 さぁ、これでもう安心、ご貴兄の犬はもう、よワン。

※週刊ポスト2013年10月18日号
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20131008-00000022-pseven-life

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/239-d2485ec6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)