シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

肥満
今日の最高気温は28度
今日もとても暑い1日でした

庭の雑草がすごーーく伸びてしまい つるがあちこちからまってすごいことになっています
普段は見ないようにしているのですが あまりのひどさに少しだけ草取りをしました
私は草に手がかぶれるので 本当は手袋をしないとダメなのですが
衝動的に始めたため素手で触ったら やっぱりかぶれてしまい 今 手がすごいことになっています
痒いのでかきむしってリンパ液が出てきてぐちゃぐちゃ
病院へ行かないとだめかも
やらなきゃよかった


koinu.jpg




さて 今日の記事は私が何回も書いている肥満についてです
肥満の犬は寿命が短いことが発表されました
肥満は虐待です
太らせすぎないようにしましょう


太り気味の犬は理想体重の犬より10カ月も寿命が短い

米国オレゴン州ポートランドのウォルサム研究所ペット栄養学センターは、ペットの肥満原因と結果解明を目的に様々な研究を行っている。同研究で、太りぎみ(過体重)の犬は、平均寿命が短いことがわかったという。

飼い主の適切な体重管理が寿命を伸ばすカギ?

同研究では、人気犬種10種(避妊・去勢手術済み)の平均余命に対するボディコンディションスコア(肥満と痩せの評価指標の一つで、愛犬や愛猫の体型を見て、触って判断する)の影響を調査した。中年期で太りぎみの犬は、理想体重にある犬に比べ最長で10カ月、平均寿命が短いことがわかった。

また、この傾向が強くなる犬種があることも同時に明らかになった。特にラブラドール、シーズー、アメリカン・コッカー・スパニエル、ゴールデンレトリバー、ビーグルの5犬種でこの傾向は顕著であったという。

同研究により、中年期に理想体重よりも太っていることが犬の寿命に影響することが示された。飼い主が犬の健康的な体重を維持管理することは、犬の寿命を伸ばすことにもつながるようだ。

http://news.mynavi.jp/news/2013/10/08/136/index.html
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/241-8063ace4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)