シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

おめでとう♪
急に寒くなりました
衣替えもまだしていないし 扇風機も出したままです
今月中にはしなくちゃ


きららちゃんと花奈ちゃんが10歳のお誕生日を迎えました
それぞれ メールでご連絡をいただきお写真を送ってくださいました
犬を通じて10年間良いお付き合いをさせていただけ幸せです
これからも元気で長生きしてね
楽しいこと嬉しいことがいっぱいありますように

花奈ちゃん
20131018-n.jpg


きららちゃん
20131018-k.jpg




さて 今日の記事はペットの予防接種に関してのアンケート結果です


ペットの予防接種、ちゃんと受けていますか?「はい:76.6%」

ペットといえど家族の一員です。病気などの対策はしっかりとやってあげるべきでしょう。今回は、ペットの予防接種について、読者に聞いてみました

■多くの飼い主さんはちゃんと予防接種を受けさせている

まず、読者664人に、ペットを飼っているか質問し、飼っていると回答した94人に予防接種について聞いてみました。

Q.ペットに予防接種をちゃんと受けさせていますか?

はい……72人(76.6%)
いいえ……22人(23.4%)

約77%の飼い主さんが「予防接種をちゃんと受けさせている」とのことです。当たり前のこととはいえ、ちゃんと受けさせている飼い主さんが多いのはうれしいことですよね。

次に、どんな予防接種を受けさせているのか聞いてみたところ、やはり一番多かったのが「狂犬病予防」でした。また、3種、4種、9種混合のワクチン接種という回答も散見されました。

「フィラリア」という回答もありましたが、これは予防接種ではありません。フィラリアは心臓に寄生する怖い病気ですので、投薬をして健康に気を使うのは重要なことです。

また、「予防接種を受けさせていない」という人に、なぜ受けさせていないのか、その理由を聞いてみました。

●どのような予防接種を受けさせればいいか知らない。(26歳/女性)

ペットのためにちゃんと調べてあげてはいかがでしょうか?

●今まで飼っていて問題はないので。(24歳/女性)

「もしも」の場合もありますし、予防接種を受けさせてあげてもいいのではないでしょうか?

●お金がかかるのがネック。(26歳/女性)

切実な問題ですね……。

●外に出さないので必要ない。(41歳/女性)

念のため一考してもいいかもしれません。

●鳥なのでそういった予防接種は必要ない。(25歳/女性)

鳥類は重い病気にかかることがないから必要ないそうです。

■ペットがかかってしまうのはどんな病気があるの?

こうした予防接種で防ぐことのできる病気には、どんなものがあるのでしょうか? また、「予防接種にお金がかかる」という回答がありましたが、いくらぐらいかかるものなのでしょうか?

アニコム損害保険株式会社 予防推進部 課長の井上 舞さんにお話を伺いました。井上さんは獣医さんです

井上先生 「予防接種」というと、いわゆる注射のワクチン接種のことですが、法律で定められている狂犬病と、その他の感染症予防の混合ワクチンに分かれます。

――法律で定められているのですか。

井上先生 狂犬病は狂犬病予防法に基づく飼い主の義務であり、人間にも感染する可能性のある病気ですので、必ず打つ必要があります。台湾での狂犬病の発生についても耳にしたことがあるのではないでしょうか。

――混合ワクチンの方はどうなのでしょうか?

井上先生 犬の場合には、2種混合ワクチンから9種混合ワクチンまでのいくつかの種類があります。例えば、通常「5種混合ワクチン」には、「犬ジステンパー」「犬伝染性肝炎」「犬アデノウイルス感染症」「犬パルボウイルス感染症」「犬パラインフルエンザウイルス感染症」の予防ワクチンが含まれています。

――猫用の混合ワクチンもあるのですか?

井上先生 3種から7種の感染症を予防できる猫用の混合ワクチンが市販されていますが、ネコ白血病のワクチンは1種のみのものもあります。

代表的なワクチンは「3種混合ワクチン」と呼ばれるもので、「ネコウイルス性鼻気管炎」「ネコカリシウイルス感染症」「ネコ汎白血球減少症(ネコ伝染性腸炎)」を予防するワクチンが含まれています。

――混合ワクチンを接種することは重要でしょうか?

井上先生 混合ワクチンについては、接種することで死に至るかもしれない感染症を防ぐことができます。通常の生活では問題ない、猫などの場合に家から出ないから不要と考える方もいらっしゃいますが、例えば、災害時の避難所などでは共同生活になります。実際、震災の際にはワクチンの必要性があらためて考えられることになりました。

ペットも家族と考えるのであれば、健康に生活する上で、ぜひ再考していただきたいと思います。ご自身のお子さんにコストを理由にワクチン接種を受けさせない親は少ないのではないでしょうか。費用に関しても、成熟した後は1年に1回で3,000~8,000円程度です。万が一を考えたときには決して高くないと思います。

アニコム損保さんのサイトには、ペットを飼っている人にとって重要なデータがたくさん掲載されています。ぜひ一度訪問してみてください!

⇒アニコム損保さんの公式サイト
http://www.anicom-sompo.co.jp/

調査期間:2013/8/24~2013/8/31
有効回答数 664件(ウェブログイン式)
マイナビウーマン調べ

(貫井康徳@dcp)
http://woman.mynavi.jp/article/131017-062/


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/247-8a933ef3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)