シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

お別れ
今日は叔父のお葬式に行ってきました
最後に会ったのは2年前くらいかな
その時すでに体調を崩していたのですが まだ普通の生活が出来ていました
今日 棺の中でみた叔父の顔はビックリするほど祖父に似ていました
元気な頃はハンサムでしたから 穏やかで綺麗なお顔でした
子供のころは良く遊んでもらいました
お世話になりました
どうもありがとう
ゆっくり休んでください

hana52.jpg




さて 今日の記事はお散歩のマナーに関するアンケート結果です



◆ペット総研 「愛犬のお散歩のマナー」調査結果を発表 [2013.10.31]
--------------------------------------------------------------------------------


 ペットに関するアンケートサイト「ペット総研」は29日、アンケート調査「愛犬のお散歩のマナー」の結果を公表した。

 ドッグオーナー1435名を対象に実施したこのアンケートでは、愛犬との散歩の途中で目撃した困ったオーナーの行動や言動など、散歩に関するマナーと、それに対してのオーナーの意識が調査された。

 その結果に寄ると、「ノーリードの散歩」「フンの放置」にまつわるマナーは広く周知されているようで、「ノーリードの散歩をさせたことがない」は71.9%、「フンの放置はしたことがない」は87.4%を超えた。

 しかし一方で、散歩中のオシッコに関しては、「そのまま放置」(47.3%)と「水などをかける」(42.1%)がほぼ同数となった。さらに、「マテ」「オスワリ」などのコマンドに関し、57.4%と全体の半数を超えた人が「聞かないときもある」と回答し、「必ず聞く」の30.9%の倍近い数値となった。

 また、「迷惑だ」と感じる他のドッグオーナーの態度についても、やはり「ノーリード」「フンの放置」をあげる人が圧倒的に多かったが、加えて「伸縮リードを延ばしっぱなしにしていて怖い」という意見が多かったという。犬が制御されていないという点では、ノーリードと同様の迷惑度だと感じている人が多いようだ。

 ペット総研はこの結果を受け、「愛犬の行儀や態度の悪さはオーナーの責任。マナーの悪いオーナーを反面教師にしつつ、ときにはわが身も振り返りつつ気をつけてほしい」と注意を促している。



[関連URL]
http://www.pet-soken.jp/result/blog.cgi/permalink/20131029000000


http://www.petoffice.co.jp/wpn/news.cgi?shop=hontenno&no=n2013103101

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/256-15942548
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)