シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

展覧会のお知らせ
展覧会シーズン真っ盛り
各地で毎週 展覧会が開催されています
コリークラブ神奈川支部でも12月1日に展覧会を開催します
コリークラブ秋季支部展のトリです
会員でなくてもどなたでも自由に見学できます
良い犬をたくさん見ることもよい勉強です
お時間がございましたら是非遊びにいらしてください

日時 2013年12月1日(日)9:00~
場所 長井海の手公園 ソレイユの丘
   
bd130926ms2-28a.jpg




さて 今日の記事は犬が人間に飛びついてくるわけです
小型犬が足元で抱っこをせがんでピョンピョンしている姿は可愛くもありますが
飛びつかないしつけもきちんとしておきたいものです


犬が人に飛びついてくるのはなぜ?

個体差がありますが、犬によっては人に飛びついてくる行動をすることがあります。場合によっては飼い主以外の人に急に飛びつくこともあるため、問題行動になることも。そこで今回は、犬が人に飛びつく状況や、改善方法についてご紹介しましょう。

■気持ちが衝動的に行動を起こす

犬が飛びついてしまう原因としては、考えが行動に結びついて衝動的に動いてしまうことが上げられます。人に飛びつくときは遊んで欲しい場合や、飛びつくことで相手が喜んでくれたりする場合であることが考えられます。

「飛びつくことが良いこと」と勘違いし、繰り返し行ってしまうようになってしまうのです。おもしろそうなものを見つけた場合や、獲物になりそうなものを見つけた場合に飛びつくのも同様に考えることができます。さらに、自分が相手よりも上位の立場であると思わせたい場合にも、人や他の犬相手に飛びついてくることがあります。犬同士の場合はケンカになることもあるため、注意が必要です。

■興奮による飛びつき癖の改善

犬によっては、興奮しやすく、飛びつきやすい性格の子がいます。これはしつけによってある程度解消されますので、根気よく接していくようにしましょう。しつけの仕方は、「待て」や「おすわり」などを覚えさせるときと同様に、良くできたときはうんとほめる、ごほうびをあげるなどし、飛びついてきたら叱るという基本的な方法です。

■子犬のころからのクセが抜けない場合も

子犬のころは甘えもあり、飼い主に飛びつくことも多くみられます。その後成犬になることで次第に落ち着くこともありますので、様子をみることも大切です。ただし、成犬になっても子犬の感覚が抜けない場合もあり、特に小型犬はその飛びつく動作がかわいらしく感じることから、飼い主が甘やかしてしまう傾向があります。他人に飛びつくことはけがやトラブルの原因にもなりかねませんから、犬種にかかわらずマナーのひとつとして飛びつき癖を直しておくようにしましょう。

http://news.mynavi.jp/news/2013/11/15/297/index.html


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/265-c8fa3eef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)