シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

おめでとうございます♪
今週はずっと良いお天気の日が続いています
全国的にみると荒れたお天気の地域も多いのですね
これからが冬本番です
暖冬だといいなぁ

さて 先日開催されましたコリークラブ茨城展でいつも大変お世話になっております
T様の御愛犬 彩華ちゃんがチャンピオンを完成しました♪
久しぶりの展覧会だったようですがお見事です
女の子らしいとても美しい子ですねぇ~
お写真をいただきましたのでアップします

T様 彩華ちゃん おめでとうございます♪
saika.jpg




さて 今日の記事は犬のストレスについてです
日頃から愛犬の様子をよく観察して 少しでも異常を感じたら早目に対応するようにしましょう


犬がストレスを感じるとどのような行動をとるのか

人間はストレスを感じることで体調不良を起こすことがありますが、これは犬など他の動物にも言えます。今回は犬のストレスの見分け方をまとめましたので参考にしてみてください。

■普段とは違う行動を見極めよう

常にペットとして身近に接していれば、普段と違う行動も気づきやすくなります。執拗(しつよう)にほえる、身体の特定の場所を舐め続ける、急に攻撃的になる、自分のしっぽを追いかけて同じ場所をぐるぐると回る、家の中を同じルートで徘徊(はいかい)するなどの症状がみられるようになってきたときは要注意です。

長く続くことで飼い主の言うことを聞かなくなって飼育が困難になったり、体調が悪化して最悪の場合は命に関わったりすることも少なくありません。

■ストレスの原因はさまざま

異常な行動がみられるようになったら、原因を探し、早急に取り除くことが大切です。よくあるケースとしては、運動不足(散歩が足りていない)、引っ越しで環境が変わる、飼い主の行動パターンが変わる(仕事が変わって犬だけの留守番が多くなるなど)、けがや病気などです。

そのほかでは、家族(他のペットも含む)が増えた・変わったことによる愛情不足、近所で大きな音がする工事が行われている、嫌いな犬が近所に引っ越してきた、睡眠・食事不足などが可能性としてあげられます。最近変わったことがなかったか、思い出してみましょう。

■性格によっても症状は異なる

神経質な犬の場合は多少の環境変化にも敏感で、ストレスを感じやすくなります。自分の飼っている犬の性格を見極めつつ、ストレスの原因を取りのぞいて状況の改善に努めましょう。原因を特定できなかったり改善が困難であったりする場合は病院で薬を出してもらうこともできますが、精神的な問題は根本的な原因か改善されなければ問題解決とはいえず、一時的なものになってしまいます。

http://news.mynavi.jp/news/2013/11/19/187/index.html

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/268-294243a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)