シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

親孝行?
今日は良いお天気になると思っていたら 午後から雨になりました
午前中晴れていたので 洗濯いっぱいしたのに。。。
明日は晴れるよね?

10月に両親を蕎麦屋へ連れて行くと約束し 早2ヶ月
今年の約束は今年のうちに守ろうと 今日は両親を蕎麦屋へ連れて行きました
ネットで美味しいと評判の10割そばのお店です
お店の方にお勧めをお伺いしたところ天ぷらとせいろそばのセットということで
それを注文しました
お蕎麦はしっかりこしがあり 天ぷらはサクサク上手にあがっていました
とても大きなエビがつきました
今まで食べた中で一番大きかったかも
お会計は私が持つつもりでしたが 結局母に御馳走になりました

それから 昨日ご心配をおかけした猫のハイジですが 今日は食欲もあり
状態は悪くなさそうだったので様子を見ることにしました
ご心配おかけしてすみません

soba3.jpg




さて 今日の記事は首都直下地震の被害予想が出たこともあり 愛犬の防災服についてです
消防士さんのような服なのかな?
準備しておくと安心かもしれませんが これを着せても嫌がらないように練習も必要かもしれませんね


愛犬を自然災害から守る防災・防寒マント

3.11を経験した日本では、防災グッズへの意識があらためて高まりました。緊急事態を生き延びるために必要な全てを備えておきたい。可能な限りのことはしておきたい。それは人間の最良の友だって同じこと。というわけで、火事や凍るような寒さ、瓦礫の落下から愛犬を守ってくれるマントが登場しました

難焼布地は、飛び散る火の粉や火花から愛犬の身体や毛皮を保護。その素材は、体温が奪われるのを防ぐ絶縁体(電気や熱を通しにくい性質を持つ物質)としても活躍してくれるので、凍えるような夜を野外で過ごせない人間や愛犬にとっては心強いですね。また、頭と首まわりは1/2インチ(約1.3cm)の衝撃吸収クッションが大きな落下物から守ってくれます。

このコートには伸縮性のあるストラップとベルクロ・ファスナーがついているので、20,790円の防災コートが間違って脱げてしまうことはありません。でも、犬がこのコートを着るためには、当然、人間の助けがいります。日本では緊急地震速報が最悪の事態に備えるために十分な告知を行ってくれるので、そのあたりは問題なさそうですが。でも、火事などが起こったら、まずは一刻も早く愛犬を外に出してあげたいと思うのが親心かもしれませんね。

http://www.gizmodo.jp/2013/12/post_13565.html

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/290-4e2d67b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)