シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メリークリスマス
今日はクリスマスイブですね
皆様楽しいクリスマスをお過ごしでしょうか?
ケーキ屋さんの前を通ったら駐車場の前に警備のおじさんが立っていました
今日はケーキ屋さん忙しいだろうなぁ~
わが家は子供もおりませんし クリスマスの行事は一切なし
今夜はシャケでも焼きましょうかね(笑)

xmas.jpg




さて 今日の記事は知人にペットの世話をお願いする場合の注意点についてです


忘れないで!年末年始不在でペットを人に頼むときの意外な注意点

年末年始の長期休暇で、帰省や旅行で家をあけてしまうときは、以前の記事「注意すべきは預かり条件!“安心できるペットホテル”を選ぶポイント」でも紹介しましたが、飼っているペットを“ペットホテル”に預けるという選択肢があります。

でも、「いつも過ごしている室内で自由にさせてあげたい」「ペットホテルが満員だった」などという理由などから、近所の信頼できる友人や親せきに、エサやトイレ、散歩などのお世話をお願いするケースもあるでしょう。

実は、他の人にペットの面倒をお願いする際に、意外な点で気を付けるべきことがあるというのです。田柄動物病院の獣医師・池田丞さんにお聞きしました。



■犬は、首輪が抜けないようにきつめに締めておく

犬の場合は、定期的に散歩に連れ出してもらうことになりますよね。

「散歩に連れ出してもらう際に気を付けたいのが、ペットの首から首輪がスポンと抜けて、犬が逃げ出してしまうことです。万一犬が逃げてしまうと、飼い主でないとつかまえるのは大変。逃げている途中、車に向かって飛び出して交通事故にあってしまうという危険性もあります。

当院の場合はそういう事態を防ぐために、首輪を2つつけ、リードも2本つけて散歩に行っていますが、他の人に首輪やリードを追加で頼むことは大変だと思いますので、事前に首輪をきつめにしておき、絶対に抜けないようにしておきましょう」



■猫は、ドアを開けた瞬間に逃げ出さないように注意!

猫は基本的に散歩もいらないですし、エサとトイレのお世話だけで、割と楽なような気もしますが……。

「猫の場合は、十分注意したいのが、ドアを開けた瞬間に逃げ出してしまうという危険性です。犬の場合と同じく、万一逃げ出してしまったら、飼い主以外が捕まえるのは至難の業です。

そういう事態を避けるために、玄関のドアの前に自由に行ける状態にしないようにしておきましょう。玄関のドアをあけ、さらに部屋のドアをあけた中に猫がいる状態にしておくことがベストです」



いかがでしたでしょうか。ペットのお世話を人に頼む時に、エサと、トイレと、散歩と……という方に考えがいきがちですが、実は“逃げてしまう危険性がある”という万一のことも考えておく必要があったのです。

犬のケースも猫のケースも、上記のようにちょっとした工夫で防げることですので、ぜひお気を付けくださいね。


http://wooris.jp/archives/60719


実はこの知人にペットの世話を頼んで脱走させてしまう というケースは結構あります
くれぐれもご注意ください




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/293-03ad1e85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)