シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

おめでとうございます
今日がクリスマスのはずですが クリスマスのお祝いは昨日で終わったらしく スーパーへ行きましたらすっかりお正月になっておりました

家から岩手にお婿に行ったクッキーちゃんとソラちゃんが そろってアジリティチャンピオンを完成させJKCの会報誌ガゼットに掲載されました!
クッキーちゃん ソラちゃん おめでとう~
クッキーちゃんはあまりスピードはないけど 1つ1つ確実にこなすタイプ
ソラちゃんは走るの大好き いけいけだそうです
アジリティは犬と人間が一緒になって楽しめる競技でいいですね
これからも無理のない範囲で楽しく頑張ってください

なんかもうクリスマス気分は終わったみたいだけど 以前の写真を見ていたらこんなかわいいのを見つけたので
bd031018fs3-5b.jpg




さて 今日の記事はペットのお墓についてです
ペットのお骨をどうしたらいいか悩んでいる方も多いと思います
最近は人間と一緒に入れるお墓が人気のようです


家族同然、死後も一緒…ペットと入れる墓が人気

 人とペットの遺骨を一緒に納められる墓が、人気を集めている。

 ペットを家族の一員として大切に飼っていた人が、死後もそばにいてほしいと思うようだ。首都圏や福岡県内などを中心に各地で建設が進んでおり、増設を重ねる墓地もある。

 福岡県宗像市の高台に位置する百合ヶ丘霊園。周囲を森林で囲まれた約7000区画の広大な大型公園墓地の一角で、小さな石碑とともに立つ墓がいくつもあった。

 「これまでに飼ったどの犬よりも賢い子だった。子供のような存在で、きちんと供養してあげたかった」

 15年間飼った雌のシーズー犬「リリー」を4年前に亡くした同県福津市の男性(74)は、そう言って「リリー 15才」と刻まれた石碑に手を合わせた。

 12年前、男性は心筋梗塞で病院に運ばれて約2か月半、闘病生活を送った。家族から、毎日リリーがさみしそうに寝ていると聞き、愛情が一層深まった。その後、リリーはがんを患い、最期は男性の腕の中で息を引き取った。

 しばらくは家の仏前に骨を置いていたが、ペットと一緒に合葬してくれる霊園があると知り、迷わず購入した。現在は先祖とリリーが一緒に納骨されている。石碑の裏には「癒やしてくれた愛犬達もここに眠る」と刻んだ。「達」とあるのは、今飼っている2匹も死後はここに入れるつもりだからだ。もちろんいずれは男性も入る。

 百合ヶ丘霊園では、2006年から、ペットと入れる墓の販売を始めた。口コミで評判が広まり、段階的に増設している。霊園内では143区画のうち102区画が売約済みという。同霊園管理事務所の安部順二所長(56)は「市外からも問い合わせがある。空きがなくなれば、また増設することも検討したい」と語る。

 同県桂川町の嘉麻郷霊園では2年ほど前から、樹木などの下に遺骨を納める「樹木葬」のペット合葬墓を販売。これまで大々的に広告をしたことがなかったが、霊園内の樹木葬墓400区画のうち30区画がペット納骨可能な墓で、すでに9割ほどが売れた。

 ペットの死を契機に購入する高齢者が多いが、なかには30~40歳代の人もいるという。同霊園の秋本修所長(63)は「マンション暮らしをしている人が埋葬場所がなく、供養のため購入するケースが多い。死後も人間同様の扱いで、ペットも市民権を得てきたなという印象です」と話す。(香月大輝)

          ◇

 ペットと入ることができる墓は、10年余り前に、東京や神奈川など関東の霊園で販売されるようになり、その後、九州などに広がった。人と同じく、火葬してから納骨する。

 一般にペットのなきがらは、自宅の庭に埋めたり、市町村に引き取ってもらったりすることなどが多く、ペットだけを弔う専用のペット霊園も各地にある。

 しかし、少子高齢化が進み、ペットの存在はより身近に。ペットとの合葬区画がない霊園施設にも「愛犬も一緒に納骨したい」といった問い合わせが増えているという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131221-00000752-yom-soci

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/294-c42544b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)