シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

大寒
今日は大寒
1年で最も寒い時期ですね
寒いの嫌い 早く春になれ~

年賀状のチェックなさいましたか?
私はしましたよ
当たりました!
3等が2枚。。。。。
3等って100枚で2枚当たる計算だから5枚は当たってもいいはずなんだけど くじ運ないなぁ

午後からTVでテニスの全豪オープンの試合を放送していたので 仕事しながらチラチラ見ていたんですけど 錦織君残念ながらナダル選手に負けてしまいました
あとちょっと 惜しいところまで行ったんですけどね
やはりナダルは強いです
それにしてもテニスって凄い運動量ですね
常にスタートダッシュを繰り返して 時速100kmにもなる球を打ち返して
羽根つきもろくに出来ない私には同じ人間だとは思えません

写真を撮らないとアップする写真がなくなっちゃった
こんな写真ですみません
miyakurara3.jpg




さて 今日の記事は2014年 人気犬種ランキングです
相変わらず小型犬が人気ですが なんと1位から9位まで昨年とまったく同じです
こんなことも珍しいのでは?


毎年恒例!~人気犬種ランキング2014~

アニコム損害保険株式会社(代表取締役社長:小森伸昭)では、2013年1月1日から2013年12月31日までに、アニコム損保のペット保険「どうぶつ健保」に加入した0歳の犬を対象に「人気犬種ランキング」の集計を行いました。

■「トイ・プードル」が5連覇達成!
全体のランキングでは、「トイ・プードル」が1位を獲得し、5連覇を達成しました。2位「チワワ」、3位「ミニチュア・ダックスフンド」も昨年同様の順位でしたが、上位3犬種が全体に占める割合は減少傾向が見ら
れました。ベスト10圏内では、昨年11位のマルチーズが10位にランクインしたほかは、昨年同様の順位で小型犬人気が続いています。

■MIX 犬、柴犬人気は徐々に拡大
上位3犬種が占める割合を見てみると、3犬種ともに昨年より若干の減少がみられました。その一方、MIX 犬、柴犬の全体に占める割合は、徐々に拡大する傾向がみられます。

■11位以下も小型犬が人気
11位~30位の顔ぶれも、昨年同様、小型犬が多くを占めています。大型犬では「ゴールデン・レトリーバー」が13 位、「ラブラドール・レトリーバー(18 位)」「バーニーズ・マウンテンドッグ(26 位)」という結果でした。

■契約者の年代別ランキング
契約者の年代別ランキングを比較すると、20代、30代では「フレンチ・ブルドッグ」が10位以内にランクインしていて、若い世代に人気のある犬種であることが伺えます。また、30代以降では、「ゴールデン・レトリーバー」が10位以内にランクインしているのに対し、20 代では「パピヨン」が9位にランクインしていて、より小型犬を好む傾向が見られました。
また、60代では「柴犬」が2位で、特にシニア世代に好まれる犬種であることが伺える結果となりました。犬種の特性を理解し、ご家族のライフスタイルに適した犬種を迎え、愛犬との暮らしを楽しみましょう。

【集計方法】
2013年1月1日~12月31日にアニコム損保の「どうぶつ健保」に新規契約した0歳の犬90,026 頭の犬種を集計

■人気犬種ランキング ()は前年順位
1位(1) トイ・プードル22,057 24.5%
2位(2) チワワ15,904 17.7%
3位(3) ミニチュア・ダックスフンド7,437 8.3%
4位(4) MIX犬(体重10kg未満)7,057 7.8%
5位(5) 柴犬6,387 7.1%
6位(6) ポメラニアン3,845 4.3%
7位(7) ヨークシャー・テリア3,098 3.4%
8位(8) シー・ズー2,074 2.3%
9位(9) ミニチュア・シュナウザー1,960 2.2%
10位(11)マルチーズ1,829 2.0%

 http://news.jprpet.com/news-bin/Detail.cgi?rgst=00049744


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/315-2733c5ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)