シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

生まれました♪
1月18日 シェルティの赤ちゃんが生まれました♪
全セーブル 男の子2匹 女の子4匹です
初産のお母ちゃんでしたから心配していましたがみんな元気に生まれました
お産は何回経験しても毎回違うのでドキドキですが 今回も順調に3匹生まれた後 お母ちゃんはお休みモードに入りスヤスヤ眠ってしまいました
待てど暮らせど陣痛が来る気配はなく 5時間後心配になって夜間救急に電話して相談しました
母体への心配はないと思いますが 赤ちゃんを救いたい場合は連れてきていただいた方が良いかもしれません
とのことでしたので連れて行く準備を進めていたら やっと陣痛が始まりました
獣医さんへはお断りの電話をして その後はまた順調に3匹元気に生まれました
おっぱいもよく出るので子犬たちの成長も順調です
4ヶ月ぶりの子育てでとても楽しい♪
赤ちゃんが順調に成長している姿を見ていると幸せを感じます

bd140118-6a.jpg




さて 今日の記事は初めて犬を飼う方が用意しておく物についてです
この他にも食器や水飲み、トイレ用品などあると思うのですが 購入する前に何を用意したらよいかブリーダーに相談すると良いと思います



初めて犬を飼う人必見!これだけは用意しておきたいグッズ4つ

ペットブームの現在、犬を飼おうと考えている方もいるかもしれませんね。しかし、初めて犬を飼うという方は、餌や首輪などの他、どのようなペットグッズを用意すればいいのか、わかりにくいものです。

でも、もし足りない用品があると、きちんとしつけられなかったり、散歩中に人に飛びついて噛んだりと、迷惑をかけてしまうこともあるかもしれません。

そこで今回は、田柄動物病院の獣医師・池田丞さんに、犬を飼う際にぜひこれだけは用意したい!というペットグッズのあれこれについて、教えていただきました。

犬を飼おうと計画している方は、ぜひチェックしてくださいね。

■1:小型犬には移動用キャリー

犬を連れて公共の乗り物に乗ったり、動物病院に連れて行ったりする際には、小型犬の場合キャリー(犬を入れるかご)があると便利です。やんちゃな犬だと、他人や他の犬に迷惑をかけてしまうこともあるので、それを防ぐためにも、キャリーに入れて移動することをオススメします。

■2:室内用サークル

家では犬を入れておけるサークルを置きましょう。サークルに閉じ込めるのはかわいそうと思うかもしれませんが、家具へのいたずら防止だけでなく、落ちている小物の誤飲などを防ぐことができ、犬にとっても安全です。

■3:大型犬には鍵の閉まる“バリケン”

大型犬になるとキャリーにも入れられず、小型犬用のケージは倒してしまうので、鍵の閉まる“バリケン”と呼ばれる輸送用ケージを使うのが良いでしょう。移動時に使用できるだけではなく、普段は寝られる犬小屋としての役目も果たしてくれます。

■4:犬の力をコントロールできる首輪や散歩ひも

大型犬で、散歩時にどんどん引っ張ってしまうような子は、“チョーク首輪”という、引っ張ると首が閉まるタイプの首輪をつける方法があります。また他にも、“マズルコントロール”という、引っ張ると鼻が閉まるタイプの散歩ひももあり、こういうアイテムを使えば、犬の力が強くてもコントロールできます。ただし、これらを使用するようになる前に、散歩のときは飼い主より先に歩かないようしつけることが大事ですね。

以上、犬を飼う際にぜひこれだけは用意したい!というペットグッズのあれこれをご紹介しましたが、いかがでしたか?

ペットを飼うには、周りの人のこともよく考えて責任を持たねばなりません。そのためにはまず、基本的なペット用品をきちんとそろえて、しつけに役立てるようにしてくださいね。


http://wooris.jp/archives/60362

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/316-dfb4aee9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)