シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

進化?
今日は風の強い1日でした
洗濯物が飛ばされて洗い直しに(泣)

20年以上前(笑)シェルティの繁殖を始めたころは生まれてくる子のほとんどに狼爪がありました
後肢の狼爪は切除しなくてはいけないことになっていますので 自分で切り取るのですが赤ちゃんは当然痛がって泣くし嫌な作業でした
それが 最近の赤ちゃんは狼爪のついている子の方が少ないくらいです
今回の6匹の赤ちゃんも狼爪のついている子は1匹もいません
これって進化ってこと???
不要なものが付いていなければ痛い思いをしなくて済むし良かったね

綺麗なあんよです
bd140118-13.jpg




さて 今日の記事は少し前の物になりますが飼い主の責任についてです
当然ですが愛犬の起こしたことは飼い主の責任になります
海や公園などでノーリードで遊ばせている人を見かけますが 日本の法律では私有地とドッグラン以外のノーリードは違法です
ロングリードを使うなどして安全に遊ばせたいですね


犬避けバイク転倒、重傷…1500万円賠償命令

放し飼いの犬をバイクで避けようとして転倒し、重傷を負ったとして、福岡市の男性が、飼い主の女性に治療費など約2400万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が16日、福岡地裁であった。


永井裕之裁判官は「女性は管理義務を怠った過失がある」として、約1500万円の支払いを命じた。

 判決によると、男性は2008年11月、市内を原付きバイクで走行中、中型犬が前方から近づいてきたため避けようとしたが接触し転倒。左足を骨折した。

 女性は「中型犬は飼い犬とは違う」と主張したが、判決では、現場で目撃された中型犬の特徴が女性の飼い犬と一致し、付近で同種の犬を飼っていた家庭もないことなどから、「中型犬は女性の飼い犬」と認定。「放し飼いの結果、事故が発生しており、女性には損害を賠償する責任がある」とした。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20140117-OYT1T00299.htm?from=main7

スポンサーサイト

コメント

後ろ足の狼爪をブリーダーさんが切っていたのはしりませんでした。
前足のみだたと・・・これも進化してくれてないといいのにと思う事が多いです
爪切りは白い爪の場合は血管がみえていいのですが黒いつめだと緊張します
[2014/01/26 20:17] URL | ひさねえ #tHX44QXM [ 編集 ]


ひさねえさん ようこそ♪
後肢の狼爪は削除するよう決められていますが 前肢は残していても構わないのでそのままの方と切り取る方といらっしゃいます
黒い爪の爪切りは確かに血管がみずらいですが色素がしっかりしている証拠なんですよ
[2014/01/27 19:32] URL | シルク #9qBN96OM [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/319-568de29f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)