シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

雪!
今日は立春ですが寒い1日となりました
そして午後からはなんと雪が薄っすら積もりました!
昨日の天気予報で雪の可能性もあると聞いてはいましたが 東京が雪でもうちのあたりで降ることはめったにないので雨だろうと思っていましたが  午後3時過ぎから大粒の牡丹雪がドカドカ降り始め薄っすら雪化粧となりました
今はもうやんでいますが 明日は凍結して大変そうだなぁ~
犬は雪が大好きだから本当は犬たちを雪の上に出してあげたいけど こんな薄っすら積もったところに出したら いっぺんで泥まみれになるからだめだわ

yuki2.jpg




さて 今日の記事はアメリカでの人気犬種ランキングです
日本では小型犬が人気ですが アメリカは住宅も広いので大型犬が人気ですね


ラブが23年連続1位! 注目株はフレブル 全米人気犬種ランキング2013

米愛犬団体「アメリカン・ケンネル・クラブ(AKC)」は31日、年始めの恒例行事となっている「全米で人気の犬種ランキング」2013年版を発表した。

 発表によると、ラブラドール・レトリーバーが23年連続となる1位を獲得し、同団体史上最長首位記録を塗り替える偉業を達成した(以前の最長首位記録は、22年連続のプードル)。

 今回のランキングでも、1位のラブを筆頭に、2位のジャーマン・シェパード・ドッグ、3位のゴールデン・レトリーバーと、上位3位を大型犬種が独占。大型犬人気はここ数年強まる傾向にあるそうで、景気の回復により、本来人気の高かった大型犬種を選ぶ人が再び増えていると見られている。

 その傾向は10位以下のランキングにおいても、たとえばドーベルマンがこの10年で22位から12位、グレート・デーンが27位から16位といった具合に躍進していることからもうかがえる。

 その他、4位から10位までの順位にも昨年と変化はまったくないが、そんななか、ひときわ目覚ましい人気の高まりを見せたのが、フレンチ・ブルドッグだ。昨年から順位を3つあげ11位にランクインしたが、これはフレブルが1898年に同団体に認定されてから今に至るまでの最高位だそうで、10年前の2003年の登録犬数に比べると、今年は323%増だとか。

 トップ10のランキング詳細は以下の通り。

【AKC 人気犬種ランキング2013 トップ10】

1位:ラブラドール・レトリーバー
2位:ジャーマン・シェパード・ドッグ
3位:ゴールデン・レトリーバー
4位:ビーグル
5位:ブルドッグ
6位:ヨークシャー・テリア
7位:ボクサー
8位:プードル
9位:ロットワイラー
10位:ダックスフンド

http://pets.yahoo.co.jp/news/n2014020301.html

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/326-c932e6c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)