シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

どうなることやら
2ヶ月ほど前から体中に痛みを感じるようになった実父
今までは年齢の割りに元気でしたが 急に足元もおぼつかなくなり
杖をついてやっと歩く状態になってしまいました
大学病院でいろいろ検査をして 先日やっと病名がわかりました
「腰部脊柱管狭窄症」
腰椎内の脊柱管が狭くなり 中を通っている神経組織が圧迫されて痛みを感じるそうです
ブロック注射もしているようですが 痛みがとれないようです
これから2週間かけて 手術が可能かどうか検査していくそうですが
手術してもすべての人が痛みがなくなる訳ではないようです
歩かないとどんどん筋肉が落ちてしまうし 寝たきりになってしまうのではないかと心配です
いよいよ 介護問題が人事ではなくなった感じです


さて 今日の記事はアニコムの調査による 体重と治療費の関係についてです

おたくのワンちゃんは大丈夫!? 体重が重い犬ほど診療費がかかりやすい

マイナビニュース 1月10日(木)19時10分配信

 アニコム損保を中核とするアニコムホールディングスは、犬や猫の過体重が、さまざまな病気に悪影響を及ぼすことが疑われていることから、肥満と病気の関係について調査をおこなった

○体重が重い犬ほど保険金の額は高い傾向に

2008年4月1日以降にアニコム損保に契約したシー・ズーのうち、体重情報を保有する2,700頭を対象に、同一犬種における体重と保険金(診療費)について調査を実施。

年間支払保険金の額を体重別に集計し、1頭あたりの平均を示したところ、体重の重い犬ほど支払保険金の額は高い傾向があることがわかった。

これは、体重が重い程治療薬の用量が多くなるといった要因も考えられる一方で、過体重の影響により疾患の発生が増え、保険金の額の支払いが増えている可能性が考えられる。

なお、体重の登録日は不明であり、今回利用した体重データ、保険金支払い対象となった診療時の体重は同一とは限らないとのこと。

○体重の違いで、病気の内訳に違いが発生

体重情報を持つシー・ズー784頭を対象に、体重6.5キログラム未満を体重の軽いグループ、体重6.5キログラム以上を体重の重いグループとして分け、保険金支払い理由となった病気の構成比を集計。

同一犬種においても、体重によりかかった病気の種類が異なるかどうかについて調べたところ、体重の重いグループと軽いグループでは、病気の内訳に違いが見られた。

体重の重いグループでは軽いグループに比べ、皮膚の疾患が約1.4倍、消化器系の疾患が約2倍、筋骨格系の疾患が約24.2倍という結果であった。

同社では、体重増加によりその発生に影響するような疾患が増えたために、体重が重いグループの疾患の構成比が異なっている可能性が考えられると分析。

今回の調査について、「疾病と肥満との因果関係を調べるためにはボディーコンディションスコア(BCS)、罹患(りかん)率、年齢等を考慮したさらなる調査が必要であり、犬種ごとの疾病の傾向の違いなども考慮して、さらなる調査を進めていきたい」とまとめている。

詳細は、同社公式ホームページ「家庭どうぶつ白書」から見ることができる。

(OFFICE-SANGA)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130110-00000109-mycomj-life
スポンサーサイト

コメント

お父様大変ですね
義母が15年ほど前にその症状になりました
痛み止めや、骨粗鬆症のお薬とかで
手術はしていませんが、結局身長が20センチ近く小さくなりました
骨がつぶれるたびに痛いようですが、ここ3年痛みは来ていません
お父様も早くいい方法がみつかるといいですね
[2013/01/11 08:09] URL | マグミルママ #GpJA0K56 [ 編集 ]


マグミルママさん ありがとうございます
義母様も同じ病気なんですね
両親はずっと元気でいてくれたので 介護の話は自分とは関係の無いことだと
思っていましたが 急に現実的になってきました
無理なく頑張っていきたいと思います
教えていただくこともあるかもしれません
その時はどうぞよろしくお願いします
[2013/01/11 22:54] URL | シルク #9qBN96OM [ 編集 ]


お父様それは痛く、おつらいでしょうね。
実は私も同じく腰部脊柱管狭窄症なんです。
おまけに強いヘルニアもあります。
痛みがひどい時もありましたが、今は痺れです。
でもそれにも慣れました。先生からは20年早いと言われました。
腹筋背筋を鍛えることが一番らしいですが、なかなかねえ。
どうぞお大事にされてください。
[2013/01/12 15:19] URL | ロンロン #- [ 編集 ]


ロンロンさん ありがとうございます
ロンロンさんも同じ病気なのですか!
痺れがあると辛いですね~
父は寝ている状態から一人で起き上がれないので
介護ベッドを検討中です
ロンロンさんもお大事になさってくださいね
[2013/01/12 22:16] URL | シルク #9qBN96OM [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/34-ef461029
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)