シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

音楽
今日は暖かく穏やかな1日でした
雪がまだ一部残っているところもありますが 明日は雨の予報なのでこの雨で解けるかな

子供の頃の私は精神的に非常に不安定な状態が長く続きました
辛かったなぁ~
あの頃のことを思い出すと胸が苦しくなります
犬がいてくれたらどんなにか救われただろうとは思いますが 残念ながら犬を飼ってもらうことは出来ませんでした
そんな私の心の支えになってくれたのは音楽
音楽は今でも私の中でとても重要な位置にあります
最近はゆずにどっぷりはまり 毎日聞いています
今のお気に入りは 19日に発売になったばかりのニューアルバム「新世界」
1日中リピートして聴いています

yuzu.jpg




さて 今日の記事はとっても羨ましいお話です


犬の散歩中に埋蔵金貨を発見、10億円以上 米国

【AFP=時事】米カリフォルニア(California)州のカップルが、飼い犬の散歩中に埋まっていた金貨を発見し、一瞬にして大金持ちになった。専門家によると推定1000万ドル(約10億円)以上の価値があるという

古金貨取引会社カギンズ(Kagin's)によると、この通称「サドルリッジ(Saddle Ridge)」金貨は、米国内で発見された「お宝」としては史上最高額とみられるという。

 ジョンさんとメアリーさんカップルは、地表に缶の一部分が露出しているのを見つけた。掘り進めたところ、それは金貨の入った缶だった。2人は最終的に8缶、計1400枚以上の金貨を見つけた。

 金貨が発見されたのは、19世紀ゴールドラッシュ時代の埋蔵物が多く見つかっているカリフォルニア州北部の地域。カップルによると、日課となっている飼い犬との散歩中に偶然発見したという。

「もう何年も毎日のように散歩してきた道で、古い缶が地面からつきだしているのを見つけた」とジョンさんは語った。

 ジョンは棒で缶を掘り出し、重かったが、家まで持ち帰ったという。

「メアリーに『うわっ、これ重い。含鉛塗料でいっぱいに違いない』と言ったよ。なぜあれほど重かったのか、全く見当がつかなかったんだ」とジョンさんは振り返った。

「ふたが外れて1枚の金貨がはみ出た。即座にふたを閉め直したよ──私は金貨の缶を発見したんだ。メアリーがこの話を信じる可能性は0%だと思ったね! 」

「メアリーに告げると、困惑した顔だった──口の中にハエが何回も出たり入ったりできるくらいに、彼女の口は大きく開かれていた」

 2人は金属探知機を使いさらに掘り返した結果、最終的に8つの缶を発見した。

 40代のカップルは、当面は身元を公表しない方針でいる。【翻訳編集】 AFPBB News

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140226-00000024-jij_afp-int

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/341-6905d660
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)