シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

歳だわぁ~
普段 あまり年齢を意識したことはありませんが
そろそろ身体に変化が。。。。
本を読みにくくなり目が疲れるので眼科へいくと
少し老眼が始まっているとのこと
眼鏡を新しくしたほうがいいらしい
トホホ。。。。

若い頃はスタスタ歩くのが好きで 歩くのは早いほうでしたが
ここ数年筋肉が落ちて早く歩けなくなっていました
この前はベビーカーを押した人に追い抜かれて大ショック!
トホホ。。。。

ずっと白髪がないのが自慢だったのに 昨日白髪を1本発見!
大大ショック!!!
トホホ。。。。

さて 今日の記事は犬と猫の飼育頭数についてです

犬・猫推計飼育頭数全国合計は、2年連続でほぼ横ばいの21,282千頭に

ペットフードの事業者を中心とした企業で組織するペットフード協会は、「平成24年度 全国犬・猫飼育実態調査」を実施。その結果、全国の推計飼育頭数は、犬が11,534千頭、猫が9,748千頭となった。

また、今後の飼育意向は犬が30.4%、猫が18.2%。飼育意向のある人の数は、犬・猫共に現在飼育している人の数とくらべ、約1.8倍に達することがわかった。

このことから、飼育意向のある人々が、犬あるいは猫を飼育できるような環境の提示・提案を行うことによって、将来に向けて飼育頭数拡大が期待できる。

また、年代別で飼育状況を見ると、50歳代での犬および猫の飼育率が最も多く、次いで、60歳代で飼育率も高いことから、高齢層のペットニーズが強いことがうかがえた。なお、最も少ない飼育率は、犬・猫ともに30歳代となっている。

地域別の飼育率をみると、犬で最も飼育率が高かった地域は「北関東(20.6%)」、次いで「四国(20.3%)」、「中部(19.3%)」の順だった。また、最も低かった地域は「京浜(首都圏)(13.9%)」となっている。

猫で最も飼育率が高かった地域は、「甲信越(12.8%)」、次いで「北関東(12.4%)」、「東北(12.0%)」の順。最も低かった地域は「関西(8.7%)」となり、犬では「京浜(首都圏)」が、猫では「関西」が、飼育率を増やすことができる可能性が最も高い地域と言える。

詳細は、同協会公式ホームページを参照のこと。
http://www.petfood.or.jp/topics/img/130101.pdf
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/36-4ef1e541
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)