シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

連休終了
今日でゴールデンウイークも終わり
皆さんお休みを堪能されたでしょうか?
夫の4連休もやっと終わり
明日からは平常に戻ります ホッ

楽天でまたまたポイントアップキャンペーンが始まりました
今回は買う物はないわ と思っていましたがついつい買っちゃうんですよねぇ~
今日ポチしたものは
・猫のドライフード
・猫缶
・グレープフルーツ
キャンペーンは8日の1:59までなので まだ何かポチしそう
怖いよ~

スヤスヤ
bd140430-4a.jpg




さて 今日の記事は私の暮らす神奈川県の2つの動物愛護施設で2013年の殺処分がゼロになったそうです
ボランティアさんのお陰だそうですが センターの方のご苦労や大勢の方の協力でなしえたことだと思います
素晴らしい!!!
いらない命なんてない


<捨て犬>殺処分ゼロ 神奈川県と川崎市のセンター

◇「里親探し」にボランティア奔走

 捨て犬や迷い犬を収容する神奈川県内4カ所のセンターのうち、神奈川県動物保護センター(平塚市土屋)と川崎市動物愛護センター(川崎市高津区)で、2013年度の殺処分がゼロになった。ともに1972年と74年の開設以来初。両センターは「里親探しなどをしてくれるボランティアの協力のおかげだが、飼い主は責任を持って最後まで育ててほしい」と呼び掛けている。【斎川瞳】

県センターは横浜、川崎、横須賀市を除く自治体、川崎市センターは同市の捨て犬、迷い犬を扱う。環境省の統計によると、12年度は県センターで収容した犬約880匹のうち126匹、川崎市センターで約150匹のうち14匹が殺処分された。13年度にゼロを達成した背景には、里親探しに取り組むボランティア団体の協力に加え、昨年9月の県の条例改正で、センターから犬を譲り受ける際、1匹あたり1220円かかっていた手数料が無料になったことなどがあるという。

 犬の殺処分は全国的に減少傾向にあり、同省の統計によると、全国では02年度の約19万3000匹が12年度には約3万8000匹に、県でも同じ期間で15%程度(217匹)に減っている。

 両センターによると、都市化による野犬の減少が主な理由と推測されるが、一方で「飼い主が高齢になった」「自宅を引っ越す」「しつけができない」などと言って、ペットの犬が持ち込まれることは少なくない。

 センターの職員らは簡単には引き取らず、飼い主に対して飼育に関するアドバイスをしたり、犬が殺処分される可能性を説明して他の飼い主を探すよう説得に努めたりするという。

 あるボランティアの女性は「動物を殺したくない思いはみんな一緒のはず。行政と市民がタッグを組み、今後もゼロが続くよう活動したい」。川崎市センターの角洋之所長は「殺処分をなくすために一番大事なのは、飼い主が最後まで責任を持つこと。ゼロを達成したからといって『センターに持ち込めば何とかなる』と安易に考えるのはやめてほしい」と強調している

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140506-00000019-mai-soci

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/391-98c02343
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)