シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

大変でした
昨日はお産がありました
朝からなんとなく普段と様子が違うお母ちゃん
予定日は20日だったので 先月お嫁に行ったモコちゃんが
遊びに来てくださる約束をしていました
それを急遽当日キャンセルにしていただくことに
モコちゃん ごめんね
また時間を見つけて遊びに着てね
そして1匹目を午後1時頃出産
上手に生みました
しかし その後がいきみは来るのですが待っても待っても生まれません
指先がかろうじて赤ちゃんに触る位置から下りてこない
いろいろやってみましたが 無理なので獣医さんで帝王切開していただく
ことにしました
病院に連れて行ったのが夜7時
手術開始が8時
お腹の中には2匹の子犬がいましたが 1匹はダメでもう1匹は助かりました
お母ちゃんは点滴をつけたまま夜中の11時に帰宅
赤ちゃんにミルクを飲ませ そのほかの犬や猫の世話をし 一息ついたのが
午前1時
お腹すいた~
お昼も夕飯も食べてないよ
本当は寝る前には食べないほうがいいのだけど
カップ麺を食べ お風呂に入って寝たのが2時
赤ちゃんに哺乳するため 4時に起きる予定が体が持ち上がらない
なんとか5時に起きて哺乳し お母ちゃんの点滴をチェック
その後はソファでウトウトして7時半に起きました
疲れた~
赤ちゃんは少し小さいですが今のところ元気にしています
最初の3日間を乗り切れるかどうか しっかり管理しなくては
頑張ろう~


さて 今日の記事はペットとカメラライフについてです
愛犬や愛猫の嬉しそうな表情を撮れたときは 思わずガッツポーズしたくなりますね

ペットオーナーに聞いた、ペットにカメラを向けるのはどんなとき?

ペット総研はこのほど、「ペットと写真・ムービー撮影」にまつわる「ペットとカメラライフ」アンケートの調査結果を発表した。

アンケート実施期間は、2012年11月7日~12月4日。ペットオーナーを対象とし、有効回答者数は女性1,151名、男性604名の計1,755名。

約8割が「コンパクトデジタルカメラ」を使用

「今お持ちの写真・ムービーの撮影に使えるデジタル機器は?」との問いに対する回答は、「コンパクトデジタルカメラ」が最多で、およそ8割にのぼった。一方で、最近では携帯電話やスマートフォンにカメラ機能がほぼ標準搭載されていることもあり、「どれも持っていない」はわずか0.9%にとどまった。

被写体は「ペット」が圧倒的多数に

「写真やムービーを撮影する際の主な被写体(もしくはテーマ)は?」という設問に対しては、ペットオーナーを対象とした調査だけに、やはり「ペット」が被写体となることが83.2%と圧倒的に多い結果となった。ついで、「風景・自然」(45.0%)、「家族・友人」(32.6%)と続いた。

「全体の80%以上がペットが被写体」の人は2割以上に

「撮影した写真やムービーのうち、ペットが被写体となっている割合は全体のどのぐらいですか?」との問い対しては、もっとも多いのが「80~90%程度」(22.6%)で、ついで「60~70%程度」(20.1%)が僅差で続いた。

ペットの何気ない瞬間をとらえたい

「ペットの写真やムービーを撮影する場合、どのようなシチュエーションが多いですか?」に対しては、「家の中で遊んでいるとき」(72.4%)や「ヘンなポーズや変わったことをしているとき」(60.5%)、「寝ているとき」(44.0%)などが上位に挙がった。ペットの場合は、誕生日の記念撮影や旅行の記録といったことよりも、何気ない瞬間にシャッターが切られることが多い傾向がうかがえる。

その他、詳細はペット総研のアンケート結果ページで閲覧できる。
http://www.pet-soken.jp/result/blog.cgi/permalink/20121225000000
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/40-1b995ec1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)