シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

梅雨入り
今日は雨
昨日までの暑さは収まり涼しい1日です
関東地方では今日から梅雨入りしました
平年より少し早目かな
でも涼しいとほんとに楽
私は暑いのが苦手なので秋までずーーーと梅雨でもいいわ

このところずっと寝不足な日が続いているので ブログを書こうとパソコンにむかうといつの間にか眠ってしまい ふっと我に返ると次の哺乳の時間が迫っていて結局ブログをかけないままという日が続いています
一番小さい女の子もやっと300gを超えたので 今日からは夜中の哺乳を1回パスしようかなぁ~
これがなくなるとすっごく楽なんだよなぁ~

hana52a.jpg




さて 今日の記事はペットのデンタルケアについてのアンケート結果です
歯磨きは成犬になってから始めようとしても嫌がる子が多いので 乳歯の頃から褒めて慣らしておくことが大切です
嫌がる場合は無理強いせず 褒めながら少しずつ練習しましょう
時々 固い物を咬ませておけば歯磨きはしなくても大丈夫ではないかと聞かれることがありますが そんなことはありません
人間だって固焼きせんべいを食べた後歯磨きするでしょ


愛犬・愛猫の口臭 6歳を過ぎると増える傾向 アニコム調べ

本日6月4日の「虫歯予防デー」に合わせ、アニコム損害保険株式会社は先月28日、ペットのデンタルケアに関する調査結果を発表している。

 同社のペット保険「どうぶつ健保」契約者に対して行ったインターネット調査によると、まず「愛犬・愛猫の口臭が気になるか」の問いに対し、シニアの年齢に近づく6歳あたりから「口臭が気になる」という回答が増え始め、8歳では55.7%と半数を超えた。

 また、獣医師から「歯石や歯垢がついている」と言われた犬・猫は6歳で45.9%、8歳では58.8%で、口臭と歯石・歯垢に相関関係がみられることがわかった。

 日ごろ実践しているデンタルケアでは、「デンタルガムやデンタルケア用おもちゃを与える」がもっとも多かったが、僅差で「歯ブラシで歯みがきをする」「デンタルシートやガーゼなどで歯みがきをする」が続いた。積極的に歯のケアを行うオーナーが多いようだ。

 その傾向を裏づけるように、「飼い主がデンタルケアをしているときに感じること」の問いでは、約半数の46.0%が「わが子のケアとして当然」と感じているという。しかし一方の愛犬・愛猫はというと、デンタルケアを「とても嫌がる」「少し嫌がる」という回答が44.9%にのぼり、オーナーとペットのデンタルケアに対する気持ちのギャップが浮き彫りになった。

 同社はこの結果を受け、「正しく歯みがきが続けられるよう、小さいころから口のまわりを触っても嫌がらないように慣らしたり、嫌がる場合には褒めながら歯みがきをする、おもちゃやオヤツを利用して楽しい時間として演出するなどの工夫をして歯周病を予防しては」とアドバイスしている。

http://pets.yahoo.co.jp/news/n2014060401.html
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/406-ebf49c4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)