シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

乾かない
今日は霧雨の1日でした
洗濯物が乾かない。。。。
毎日 洗濯物のことばかり気にしていると思われるかもしれませんが
わが家は乾燥機がありません
うちでは子犬たちのトイレはペットシートではなくタオルを使っています
そのため 毎日大量のタオルの洗濯ものが出来ます
1日でも乾かないとタオルが足りなくなって大変なのです
幸い 明日は晴れる予報
早起きして洗濯物を干しましょう

bd140430-78a.jpg




さて 今日の記事は犬派、猫派の恋愛傾向に関するアンケート結果です
恋愛傾向を犬派、猫派で比べてみようとする意図がよくわかりませんが お互いの相性を知る目安になるかな?


犬好きはS、猫好きはMが多い!? -男女1,000人に聞いた犬派・猫派の恋愛傾向

アイオイクスはこのほど、全国の20~39歳の男女1,000名(男性500名、女性500名)を対象に、犬派と猫派(犬好き・猫好き)の恋愛傾向についての調査を実施し結果を発表した。調査期間は5月28日~30日。

6月に米キャロル大学が発表した研究結果によると、「犬好き」は活動的で外交的、一方「猫好き」は繊細で内向的だという。今回は、この「犬好き」「猫好き」の性格の違いが恋愛においてどう表れるのかを調査した。

「自分はSかMかで言うとSだ」というアンケートでは、「犬派男性」が46.6% でトップだった。次いで、「猫派男性(37.1%)」、「犬派女性(33.7%)」、「猫派女性(31.6%)」と続いた。また、「ドラマチックな恋愛を求める方だ」という項目では、「犬派女性(45.4%)」、「猫派女性(39.2%)」、「犬派男性(26.7%)」、「猫派男性(25.3%)」という結果に。男女ともに、猫派よりも犬派の方がSである傾向が強く、さらに、よりドラマチックな恋愛を求める人が多いことがわかった。活動的で外交的な犬好きの性格が、恋愛傾向にも影響を与えているようだ。

○尽くす犬派女性、尽くされたい猫派男子

次に、恋愛は尽くすタイプかどうかと聞いたところ、「はい」と回答したのは、多い順に「犬派女性(52.2%)」、「犬派男性(50.0%)」、「猫派女性(49.3%)」、「猫派男性(39.3%)」だった。男女問わず、犬派は猫派より尽くすタイプだということがわかった。また、猫派男性だけが、他と比べて10%以上もポイントが低く、より尽くされたいという猫派の内向的な性格が、恋愛に強く表れた結果と言えそうだ。

調査結果は「犬派・猫派の恋愛傾向インフォグラフィック」として1枚のイラストにまとめられている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140705-00000008-mycomj-life
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/425-fccc42d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)