シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

台風
大型で強い台風8号が近づいています
沖縄ではだいぶ被害も出てしまったようでお見舞い申し上げます
この後九州に上陸して本州を縦断する可能性もあり注意が必要です
自然のことなので何ともできませんが被害が出ないよう祈るばかりです

昨日はブリーディングについてのセミナーがあったので渋谷まで行ってきました
具体的な知識を得られることを期待したのですが データの説明解説がほとんどでちょっと期待外れ
田舎者のおばさんは久しぶりの都会にぐったりな1日でした

bd140524ms4-14a.jpg




さて 今日の記事は愛犬とレジャーを楽しむときの注意です
今はほとんどのご家庭のわんちゃんが室内で飼育されていると思います
お外で遊ぶ時は愛犬の様子を注意深く見守ってあげてくださいね


わんちゃんにとってハッピーなレジャーライフも・・・実は過酷です

■室内犬は固い地面との摩擦熱で足を痛める危険もあります

都会で暮らす飼い主さんほど、大自然の中でわがコを思い切り遊ばせてあげたい。野山や湖畔、海岸をたっぷりと走り回らせてあげたい。そして、一緒に泊まれる施設でゆっくりとくつろごう。そう思う方は多いのではと思います。 しかし、都心の室内でお留守番をする時間の長いわんちゃんほど、歩いている時間が少なく、肉球はぷよぷよしたまま。固い地面との摩擦熱に弱いため、走る〜停まるを繰り返すと肉球が擦れて痛むこともあります。わんちゃんの足の運びを見ながら遊ばせてあげてください。少しでも足を引きずり始めたらどこかを痛めた可能性があります。しばらくしても足を引きずるようなら動物病院に連れていってあげてください。

■グリーンジャングルは魔境だ

草深い野山や林のそばは危険がいっぱい。うかつに分け入るとさまざまな危険があります。マダニは血を吸われるだけでなく、さまざまな病気を媒介します。マダニの体内にひそむバベシア原虫が血液に感染するとバベシア症を発症し、貧血や黄疸、発熱を引き起こします。ボレリアという病原菌を媒介して起きるライム病は関節炎を引き起こます。ムカデやヒキガエルの毒も危険です。ヒキカエルの毒をなめると呼吸困難や痙攣を伴って死ぬ恐れがあります。ムカデに噛まれるとアレルギー性のショック死を引き起こす恐れがあります。ヤマヒルは・・・考えたくもありませんね。

■砂浜も意外に危険物の宝庫です

では海なら大丈夫だろうと、浜辺で走らせると割れた貝殻やガラス、空き缶の破片などが散乱しています。串焼きの竹串なども間の悪い角度で刺さっていることもあります。自由に走り回らせるよりも飼い主さんと一緒に波打ち際をお散歩する方が安心で快適です。 ちなみに磯遊びはさらにご注意を。何より、波にさらわれる危険もあります。

■子どもが素足で入れる場所かどうか

猟犬や外飼いのわんちゃんでなければ、自然は過酷です。小さなお子さんと同じ感覚で立ち入ることが妥当な場所かどうかを見極めて遊ばせてあげましょう。だって、楽しい思い出づくりのレジャーですから。

http://www.aikenonline.jp/news/?p=50269&f=1

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/427-5d5811e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)