シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

命の洗濯
今日は半年に一度の自分へのご褒美
ミュージカルを観てきました♪
シスターアクト~天使にラブソング~
主演は森公美子さんと瀬奈じゅんさんのWキャストだけど 私が見た今日は森公美子さん
森さんの歌に圧倒されました
やっぱり生はいいなぁ
本当は明日がお産予定の子がいたから 妊娠していたら心配で行かれないかもしれませんでしたが
母ちゃんが安心してお出かけできるようにか 不妊でした
あ ありがとう。。。。
これでまた半年頑張れる
次はどんな舞台が観れるかな?

sisuta.jpg




さて 今日の記事はお馴染み西川文二氏の犬猫 殺処分ゼロを実現するために必要なことです
夢で終わらせず実現させたいですね
.

犬猫の殺処分ゼロ実現のために必要な3ステップを識者が解説

東京オリンピックが開催される2020年を目標に様々な長期計画が発表されているが、ペットの世界でも同様の目標がたてられている。6月に環境省から発表された「犬猫の殺処分ゼロ」について、Can! Do! Pet Dog Schoolで科学的な理論に基づく犬のしつけを指導する西川文二氏が、実現のために必要な3ステップを解説する。

   2020年ってのは、きりがいい。しかも東京オリンピックもある。ってなことなんでしょうな、各省庁が2020年までの成果目標を定めたアクションプランなるもんを、いろいろ発表してる。

 6月には、犬猫の殺処分をゼロに! っちゅうアクションプランが発表された。

 ネットの記事によれば「2020年の東京五輪までに、動物先進国の人に対しても恥ずかしくないようにしたい」っていう。私めが思うには、実現のためにはドイツなど動物(ペット)先進国と称される国々が当たり前としてる、以下の3つに学ぶ必要がある。

 ひとつめは、購買意欲を刺激するような展示販売を禁じること。プランでは「飼い主が安易に犬や猫を購入しないようにペットショップに購入前の説明を徹底させる」っていうけど、そうした国はペットショップで、犬や猫の展示販売をしてない。

 2つめは保護施設の充実。ペットは最後まで責任を持って飼う、終生飼養が義務づけられてはいるけど、どうしても飼えなくなるってこともある。新しい飼い主が見つかるまで一時的に預かり、新たな飼い主への橋渡しをする。先のペット先進国の国々は、どこもそうした施設が充実してる。

 3つめは犬に限った話だけど、飼い始め間もない時期から、しつけ教室の門を叩く。ペット先進国はそれが当たり前。適切なしつけが行われなければ、みつくような犬が出てくる。噛みつくことで飼いきれなくなった犬に、新しい飼い主を見つけることは困難至極。人間の子供を当然の如く幼稚園・保育園に通わせるように、犬を飼い始めたらしつけ方教室へ。そんな当たり前を醸す必要もある。

 6年間で目標達成、はたして可能か否か。国が五輪にかけるお金をそこそこ回せば、私めは可能かと思うんですけどね。

http://www.news-postseven.com/archives/20140712_264660.html
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/429-05940c0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)