シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

暑い。。。
今日から8月
今月を何とか乗り切れば9月は気分的にも少し楽になります
早く秋になって~ お願い。。。

以前もご紹介したことあるのですが ドッグフードをふやかした後 すぐにあげたいのに
なかなかさめなくて困っている
という方はいらっしゃいませんか?
冬はあっという間に冷たくなってしまいますが 夏はいつまでも熱くて 愛犬は待ちきれずに騒ぐし
本当に困る
というご相談を受けることがあります
そんな時はご飯の中に氷を入れてかき混ぜましょう
すぐに冷たくなりますよ(^^
また ただのお水ではなくスープを凍らせたものを作っておくと 栄養価も風味も増して
ワンちゃんも喜んでくれるはずです
お試しください

bd060701fs2-23b.jpg




さて 今日の記事は動物介在教育についての前篇です
耳慣れない言葉ですが 子供たちの成長に動物の持つ力を役立てることを意味するようです
私は思春期の頃 精神的に非常に不安定になりとても辛い経験をしました
あの頃 犬がいてくれたらどんなに救われただろうと 今でも思います



ペットが教えてくれること【前編】普及が望まれる「動物介在教育」

欧米では、教師のペット(主に犬)を教室に連れ込み、子どもたちによい影響を与える「動物介在教育」が盛んです。日本では、まだ普及していない動物介在教育について、麻布大学の太田光明先生に伺いました。

ペットを学校に迎えたら……!?

最初にオーストリアの調査報告を紹介しましょう。それは、小学校の教室で1頭の犬を「仲間」として迎えたところ、生徒たちが先生の顔を見ている時間が増え、授業に集中するようになったというものです。さらには攻撃的な行動が減り、けんかが起こったときには仲裁に入る子どもが登場するなど、クラスの和が深まったのです。なぜそうなるのかを科学的に分析することはできませんが、この結果は犬が子どもたちに「よい刺激、よい影響」を与える存在になる可能性を示唆していると考えられます。

このように、教育の現場に動物のチカラを活用することを「動物介在教育(Animal Assisted Education)」と呼びます。動物介在教育は、欧米を中心に多くの学校で導入されており、私が視察したドイツ・オーストリア・スイスでは、教師が当たり前のように、自分の飼っている犬を教室に連れてきていました。しかし動物介在教育は、教師のトレーニングが必要です。日本は文部科学省が「心の教育」を重視し、自然体験活動が注目されているにも関わらず、残念ながら動物介在教育が浸透していません。先生が忙しすぎて、動物介在教育に取り組めないこと、動物介在教育自体を知らないことが大きな要因のようです。

家庭でも動物介在教育ができる

毎日、教室に行くと犬がいる……。一緒に授業を受けたり、一緒に遊んだり、散歩をするなどの世話をしたり、ときには悩みごとをこっそり聞いてもらったり……。そんな光景が日本の学校に早く普及すればいいのにと思いつつ、これからは、「ペットを飼うことで可能となる動物介在教育」を考えてみましょう。

飼っているペットが子どもに与える影響についての調査報告もありますので、そのいくつかを紹介します。アメリカの研究者の調査では、「7歳児(72名)と10歳児(96名)にとって、ペットは<特別な友達>であり、<ペットと親密な会話>をしている」と報告しています。また、同じくアメリカの研究者で「子どもとペットの関係性」研究の第一人者・パデュー大学のメルソン氏らは「56名の5歳児のうちの42%が、悲しみ・怒り・恐れ・幸せのうち、少なくともひとつの感情を感じたとき、ペットに話しかけている」と報告しています。そしてドイツの調査では、9~10歳の男児213人・女児213人のうち79%が「悲しいときペットと一緒にいる」ことを好み、69%が「ペットと親密に分かち合っている」としています。
これらのことから、良い意味でも悪い意味でも、子どもが何かしらのストレスを感じたとき、その子を支える役割をペットが担っていることがわかります。もちろん、子どもの気持ちをただ受け止めてくれる存在は、保護者を筆頭にたくさんいることでしょう。しかし、さらにそこにペットが加わることで、子どもはもっと気持ちが楽になったり、ぐんと前向きになったりするのです。

ほかにもイギリスの研究では、ペットを飼っている家庭の子どもは、飼っていない子どもに比べて、学校に出席する日数が年に3週間多いという報告もあります。後編では、ペットを飼うことが子どもに与える「よい影響」について、さらに考えてみましょう。

http://benesse.jp/blog/20140801/p1.html
スポンサーサイト

コメント
スープ氷
シルクさん こんにちは
スープ氷の情報ありがとうございます。
いつもドッグフードを冷ます時に器の下に濡らした布巾を敷いたり、器の下を水道からの流水で浸したりしてました。
スープ氷は簡単に作れそうで、GOODですね。v-218
[2014/08/02 09:11] URL | ジェリママ #JalddpaA [ 編集 ]


ジェリママさん ようこそ♪
せっかくブログをご覧いただいているので たまには有益な情報もね(^^;;
暑い日が続きますので体調を崩されませんよう 熱中症にはくれぐれもご注意ください
[2014/08/02 21:39] URL | シルク #9qBN96OM [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/442-941bdc37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)