シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

消えました。。。
ブログを2回も書いたのに 2回とも途中で操作を誤り
消えました。。。。。

今日は記事のご紹介のみで失礼します
今日の記事は犬の手作り食に関する実態調査についてです

犬の手作りごはんの専門サイト『わんわんシェフ見習い中』が、『犬の手作りごはん』実態調査2012公開。

犬の手作りごはんの専門サイト『わんわんシェフ見習い中』は、愛犬に手作りのごはんを与えているサイト登録者に対して、犬を飼っている(もしくは飼っていたことがある)方のうち、愛犬に手作りごはんをあげている方を対象にインターネットを利用したアンケート調査を実施した。

手作りごはんとドッグフード併用の方も多い
「愛犬にどれくらいの割合で手作りごはんをあげているか?」を聞いたところ、完全に手作りごはんを与えているという方は全体の34%。
60%の方が手作りごはんをメインとしているようでしたが、ドッグフードを併用されている方も多い。

愛犬の手作りごはんにかける時間は30分以内がほとんど
手作りごはんをあげるにあたり、どれくらいの時間をかけて作っているか、また数食分をまとめて作っているかどうかを聞いたところ、1食分ずつ作る方と数食分まとめて作る方は、半々くらいだったが、いずれの場合も80%以上の方が作る時間は30分以内だった。

手作りごはんをあげる理由は「犬が喜ぶ」「バラエティに富んだごはんを食べさせてあげたい」
手作りで愛犬にごはんをあげている理由を聞いた、63%の方が「犬が喜ぶ」、続いて「色々なごはんをあげたい」、「アレルギーや健康上の理由」と回答した。
中には「自分で食材を選ばないと不安」と回答した方も25%いた。
また、21%いる「その他」の回答をした方の多くが、自由回答にて「添加物の不安」や「食の安全面」、および「涙焼け」や「病気の治療」と回答した。

栄養面や分量に関する悩みが主流
手作りで愛犬にごはんをあげるにあたって困っていることを聞いたところ、約半数の方が栄養面や分量に関する心配を回答。
「その他」を選択した方の自由回答では、「食材やメニューがワンパターンになること」が目立った。

http://ameblo.jp/wanchef-kotaro/entry-11449823359.html
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/48-03540755
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)