シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ありがとうございます
今朝はとっても冷えました
冬はいつも靴下をはいて寝るのですが 昨夜は靴下をはかずに寝たら朝方足が冷たくて目が覚めてしまいました
今夜は靴下はいて寝よう

今日は皆様からメールで送っていただきましたお写真をご紹介させていただきます
いつも本当にありがとうございます(^^v

きららちゃん(左) 11歳のお誕生日 おめでとう~♪
2014,10,29kirara

蘭ちゃん9か月 見返り美人(^^
2014,10,29lan

リンちゃん(左)とハル君(右)
2014,10,29lin

まるちゃん お散歩大好き
2014,10,29maru

ゆず君 ご家族のお見送りお出迎えをします
2014,10,29yuzu




さて 今日の記事は犬同士の付き合い方のついてです
1頭飼いの場合 学習する機会の無いまま成犬になってしまう場合があります


実はわんちゃんにも犬同士の付き合い方(マナー)があります

■うちのコが他のわんちゃんと上手くいかない理由って何でしょう
「生後7か月くらいになってから、うちのコが他のわんちゃんと上手くいかなくなった」という悩みをお持ちではないですか。成犬に怒られるわんちゃんや男の子同士で喧嘩するわんちゃんには原因があります。
しつけの善し悪しという問題もありますが、実はわんちゃんが大人になっていく途中であることがポイントです。

■わんちゃん同士が喧嘩になる原因は匂い!?
生後7か月くらいから去勢をしていない男のコは、大人らしい体を作るためにテストステロンというホルモンを大量に分泌します。その時、他の男のコが気にいらない匂いが出るようになるといわれています。
つまり、このホルモンが分泌され始める時期から、喧嘩を売られやすくなっていくのです。よく男のコのわんちゃんは喧嘩しやすいと言われますよね。去勢をしていない男のコ同士が喧嘩するのは、テストステロンが影響していることが原因です。

■子犬だと許されることが多々あります
子犬の時期は、小さくて丸みを帯びた姿、アンバランスな体、ふわふわした柔らかい被毛、子犬らしい高い声などのかわいい特徴があります。実はこれらの特徴には成犬の攻撃性を抑える効果があります。そのおかげで、子犬が多少無礼な接し方をしても成犬はある程度大目に見てくれます。しかし無礼な接し方のまま成長して成犬になると、そのわんちゃんは成犬から怒られてしまいます。成犬の攻撃性を抑える子犬の特徴はもうないからです。生後7か月くらいのわんちゃんが成犬に無礼な接し方をすると、時には大きな怪我をしてしまう喧嘩に発展することもあるのです。

■本当に犬付き合いがうまいコなのかを見極めましょう
このようにホルモン、姿や声の変化から犬付き合いが徐々に上手くいかなくなるわんちゃんがいます。うちのわんちゃんは犬付き合いが上手いのではなくて、単に大目に見てもらっているだけなのかどうかを見極める必要があります。個体差がありますから目安として生後7か月くらいまでの間と考えてください。
わんちゃんへの接し方を飼い主さんがきちんと見極め、自分のコがわんちゃん社会のマナーを覚えられるよう、しっかりサポートしてあげてください。

http://news.mynavi.jp/news/2014/10/28/515/
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/499-9eb3759b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)