シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

展覧会
今日は明け方雨が降り肌寒い1日でした

犬の世界に足を踏み込んで 早30年以上がたちました
うそでしょ?
信じられない。。。。

繁殖ばかりになり展覧会に自分の犬を出陳しなくなって10年以上になっていましたが
先日 JKCの展覧会にベビーで参加させていただきました
見学には時々行っていましたが やはりただ見るだけと出陳するのとではワクワク感が違います
出陳の楽しさを思い出しました
でも 残念ながら今は出陳出来る子がいません
また展覧会も楽しめるようになりたい
頑張ります

20141023-11a.jpg




さて 今日の記事はペットと健康についてです

ペットが医療費抑制の救世主?

少子高齢化を背景に、日本の医療費は年々増加の一途です。でも、ペットを飼うことで国民医療費の抑制ができるかもしれません。

 英国のセント・アンドルーズ大が高齢者を対象に行った研究によると、犬を飼っている人はそうでない人に比べ、心身ともに健康的だと分かったそうです。
 「犬が人間に与える影響」は、古くから研究が重ねられています。例えば、「身体年齢が10歳近く若くなる」「心臓病や脳卒中のリスク低減」「鬱病になりにくい」といった報告です。

 理由の一つには「適度な運動」が考えられ、犬の散歩は少なからず人の健康にも貢献しているようです。
 また、精神的にも多くのポジティブな影響があるとされ、アニマル・セラピーといって高齢者施設などで活躍する犬もいます。ペットがいる家庭では「夫婦や家族の会話が増える」「ご近所との付き合いが広がる」「帰宅時に癒やしを与えてくれる」といった効果を感じる方も多いのではないでしょうか。

 もともと元気な人がペットを飼う傾向があるのかもしれません。ただ、いずれにしても適度な運動とポジティブな気持ちが、結果的に病気のリスクを減少させる可能性がありそうです。
 医療費の抑制に、ペットが救世主になる日が来るかもしれません。
 
一方、中には自分の病院の予約をキャンセルして、ペットの体調を心配し動物病院を受診される飼い主さんもいます。
 どうぞ、ご自身の体調管理もお忘れなく。家族みんなで「あんしん!ペットライフ」を楽しみましょう。

http://www.sankei.com/life/news/141031/lif1410310009-n1.html


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/501-b1475e44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)