シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

買っちゃった
今日は冷たい雨です
寒い。。。

昨年 ネットで見つけて購入をずっと悩んでいましたが とうとう買ってしまいました
座れる毛布!
確かに暖かいです
でも 座り心地がいまいちかな。。。。
私が座っていないときは必ずこの上で猫が寝ており 猫をどかさないと座れません(笑)

isu.jpg




さて 今日の記事はペットと生活スタイルについてです
猫の飼い主は冬と夏で一緒に寝ている割合が大きく違うと記事にありますが 猫と同じ部屋で寝る場合 冬は猫が布団にもぐりこんでくるだけの話だと思いますが。。。。


犬は「朝型」で猫は「夜型」!ペットによって生活スタイルが大きく変わる!?

仕事で疲れて帰宅したときや嫌なことがあって落ち込んでいるとき、ペットがいると心が癒されたりするものですよね。ペットの存在というのはとても大きく、まさに家族の一員!という人も多いのではないでしょうか。

実際、ペット&ファミリー少額短期保険株式会社が、犬または猫を飼っている20~80代の男女1,000名を対象に行ったアンケート「ペットオーナーの睡眠実態調査」によると、ペットを飼うことによって、飼い主の生活スタイルにも大きな影響を与えていることがわかりました。

■4人に1人がペットが原因での「睡眠不足」の経験がある

まず、「ペットが原因で睡眠不足になった経験がありますか?」と聞いたところ、「よくある」が5.1%、「まあまあある」が20.5%と、合わせて25.6%の人が「睡眠不足の経験がある」と回答しました。

主な原因としては、「鳴き声」が41.4%、「エサの催促」が33.2%、「添い寝」が28.5%となりました。ペットは生き物であるので、全てが人間の思い通りになるというわけではありません。時には、ペットの機嫌や要望に合わせなければならない場面もあるようです。

■猫オーナーの40.8%が冬は一緒に寝ている

ただ、肌寒い冬などは、ペットがいることで快適な睡眠がとれることもあるようです。「ペットと一緒に就寝することがありますか?」との質問に、犬オーナーは夏が28.4%、冬が36.6%。猫オーナーは夏が15.6%、冬が40.8%という結果になりました。

猫オーナーの方が、夏と冬で一緒に寝る頻度に大きく差が出ているようです。

■犬オーナーは「朝型」で猫オーナーは「夜型」が多い

また、「あなたは朝型ですか?夜型ですか?」との問いでは、面白い結果が出ました。犬オーナーは53.8%が「朝型」、猫オーナーは52.4%が「夜型」と回答したのです。

犬は朝から元気に活動し、猫は夜間に活発になるイメージがありますが、飼い主さんもペットと同じような活動形態になる傾向があるようです。ペットの存在は、やはり飼い主の生活スタイルに大きな影響を与えているみたいですね。

「ペットは飼い主に似る」などとよく言われますが、「飼い主もペットの生活スタイルに似てくる」ということがわかりました。それだけ可愛くて愛おしい存在でもあるということなのでしょう。ただ、寝不足になりすぎないよう、しつけや生活習慣に注意が必要ですね。

http://news.mynavi.jp/news/2014/11/24/136/
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/513-36c5fd13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)