シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

マイブーム
このところ ここに登場回数が多いブックオフ
新しい機能をみつけ 楽しくて仕方ありません
それは ブックマーク
お気に入りの本を登録しておくことが出来 200冊まで登録出来ます
面白そうな本を手当たり次第登録して あっという間に2時間くらいたってしまいます
ただ今 新しいおもちゃに夢中です
でも 犬たちの世話は真面目にやっていますよ
そろそろ赤ちゃんたちの写真も撮らなくちゃ
可愛くなってきました♪


さて 今日の記事はムツゴロウさんです
動物王国のテレビ放送が終わってしまって お姿を拝見する機会も少なくなりましたが
お元気なのかしら?
東京を撤退されて北海道へ戻られたけど たまにはお元気なお姿を拝見したいなぁ~ 


ペットは人を幸せにするか

プレジデント 2月5日(火)11時0分配信

■結婚同様、一期一会を大切に

 世の中にはお金で買える便利な特効薬がたくさんあって、それをちょこっと飲めば自分たちが抱え込む問題は改善できる。そんな考え方が蔓延している。動物を飼うのも特効薬のひとつで、人間関係がうまくいかないから動物で癒やされてやろうと。

 こういうバカには動物を飼ってほしくない。自分の心がとろけるように人間を愛せる人がやはり生き物を愛せるわけで、サプリメントを飲む感覚で動物と付き合ってもらっちゃ困るんですよ。サプリメントはお金の損だけで済むけど、動物には命がある。人間関係がぎくしゃくしているならば、人間とうまく折り合うことを学ぶべきで、動物に何かを求めちゃいかんですよ。

 最近は万人に噛みつくようなゆがんだ性格の犬が多いけれど、それも飼い主が半端な気持ちで接しているせいです。人間の苛立ちは犬に伝わる。イラ菅が犬を飼ってみなさい。間違いなくバカ犬ができますよ。

 猫か犬か。犬だったらどんな種類を飼えばいいのかって悩む人がいるけれど、一期一会を大切にすればいいんです。女性に惚れて結婚するときに、前もって、身長はこれくらいでこういう性格がいいって好みを分析しても、その通りにはならないでしょ。それと同じで、あらかじめ自分を猫派、犬派だとスケジュールを立てるように決めつけて飼ってもおもしろくないし、それはくだらない人生だと思うんです。

 人がある生活域で普通に暮らしていると、ふいに動物と出会うチャンスに恵まれる。たとえばね、娘夫婦が転勤して社宅に入るので飼っていた猫を飼えなくなってしまう。娘から「お父さん、頼みます」と乞われて猫を引き取る。これが立派な一期一会。その出会いを大切になさったらどうですか。

 都会の人だったら出会いはペットショップかもしれない。するとね、よくあるんですよ。大型犬を飼うつもりで行ったらケージの中で小さい犬が自分を見上げていて、もう可愛くて仕方がなくて、その日のうちに抱いて帰ってしまった。僕は素敵な出会いだなって思います。ただ、血統書付きの犬は、人間が「こう生活したい」という目的に沿って淘汰してきましたから、雑種よりも素直で飼いやすいと言えます。

 育て方にもマニュアルは存在しません。人の子どもを育てるのと同じですよ。だいたい僕は人間と動物、あるいは動物同士でも比較することが嫌いで、キザな言葉でいえば「愛は比べないことにある」と思っています。ところが、政治の世界では仕分け屋なんてものが幅を利かせている。「一番でなく、二番ではダメなんですか? 」という蓮舫にはあきれますよ。学問をする人は、一番か二番か、利益をいくら上げるかなんて最初から考えていません。真実を探そうと真っ暗闇の中でこつこつと研究している。そんな彼らに向かって、口先だけで値踏みするようなことを言うとは、頭の中が空っぽだとしか思えません。僕はどんな動物だって飼うけれど、蓮舫だけはお断りです。

 大切なのは動物といっしょに生きていくこと。自分の子どもが初めてプールで泳ぐとき、「溺れないかしら」って親はどきどきしながら見守るでしょ。これがいっしょに生きるということで、犬だったら夏場の散歩で焼けているコンクリートの上を歩くときに「この子の足は大丈夫かな。やけどしないかな」って心の奥底から感情がわき上がってくる。これが本当の愛情で、犬はそれを感じ取る。

 動物はものをいわないので、ある意味人の子を育てるよりもわからない部分が多い。だから彼らの表情や仕草をじっくり観察して大いにはらはらしたり、どきどきしてください。

----------
作家・「ムツゴロウ動物王国」主宰者 
畑 正憲 
1935年、福岡県生まれ。58年、東京大学理学部卒、同大学院で運動生理学を専攻。動物記録映画制作を経て、68年、作家に。
スポンサーサイト

コメント

再びお邪魔いたします

私、むつごろうさん大好きで
小学生の頃、むつごろうとゆかいな仲間たちのファンクラブに
お小遣い使って入って 毎月冊子が送られてきてました

あの方、クマや象に襲われたり、
ライオンに噛み付かれても彼らの愛情なんだって笑ってましたね
なかなかそこまでは。。。

一期一会そうですね

最近、子供達がよくこう言います
「チェリーとメイで本当に良かったね」っと

メイは二人の子供達がビビッときたようでした
(画像でですが、)
チェリーは亡き主人が希望しました

一期一会
縁があったのでしょうね

愛情をもらい、愛情を注ぐ
我が家はそんな関係でありたいなと
思っています(*^。^*)
[2013/02/05 22:24] URL | shino #- [ 編集 ]


shinoさん ようこそ
ムツゴロウ動物王尾国 懐かしいですね
あの頃はムツゴロウさんもお若かったから海外へも精力的に出かけられて
普段見られないものが見られて面白かったですね
ムツゴロウさんも今年で78歳
お元気なのかしら?
メイちゃん お嬢様たちとご縁があったのですね
お嬢様たちと姉妹のように成長していかれたら幸せです
[2013/02/06 21:38] URL | シルク #9qBN96OM [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/52-06bc2c43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)