シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

姦しい
今日は風も弱く日差しの暖かい過ごしやすい1日でした
日向ぼっこが気持ちいい~

数日前ですが久しぶりに会う友人と食事しました
夕方6時に待ち合わせして 仕事の事、家族の事などしゃべるしゃべるしゃべる
ふと時計をみると なんと11時!!!
どうりでお店の中がガランとしてきたはずだわ
5時間 あっという間でしたw
楽しかった♪

bd100326ms1-14.jpg



さて 今日の記事はペットのにおい対策についてです



ご近所さんと良好な関係をキープするための、ペットのニオイ対策

ペット飼育可の物件であっても、鳴き声による騒音やニオイ、衛生面などには十分に気を使い、ご近所の方の迷惑にならないようにしなければなりません。今回は、中でも愛犬や愛猫の“ニオイ”の対策方法についてまとめました。

■ペットのニオイの原因は?

ペットのニオイについては、大きく二つの要因が考えられます。それは、排せつ物のニオイと体臭。 まず室内に犬や猫のトイレを設置している場合は、排せつ物の処理やトイレ用シートの交換はこまめに行い、トイレの洗浄も定期的に実施しましょう。すぐにゴミ捨て場に出せず、やむを得ず排せつ物を袋に入れてベランダに出しておく場合には、ニオイの漏れに最大限の注意を払う必要があります。袋を数枚重ねる、フタ付きで密閉できるゴミ箱を置いておくなど、工夫するようにしましょう。

■シャンプーやブラッシング……体臭予防にはしっかりとお手入れを

では、犬や猫の体臭を少なくするにはどうしたらよいでしょう。
犬の場合は、体臭を予防するにはシャンプーをすることが大切ですが、洗い終わった後に毛が湿ったままだと、雑菌が繁殖してニオイの原因に。シャンプー後は、ドライヤーでしっかりと乾かしてあげましょう。ただし、シャンプーでニオイが改善しない場合は皮膚炎なども考えられますから、注意が必要です。 また、猫は自分で毛づくろいをしているため、体臭が気になることは少ないのですが、気になる場合はブラッシングをするようにしましょう。

■ニオイが発生しにくいよう、こまめな掃除を!

室内に広がる犬や猫のニオイを防ぐには、掃除機をかけやすいように家具を配置することも重要です。そして、抜け毛の季節などはこまめな掃除を怠らないようにしましょう。じゅうたんなどに絡みついた毛は、ブラシなどでかき出してから掃除機をかけ、さらに粘着シートなどで掃除するとよいでしょう。また、室内のニオイには空気清浄器を使用したり、ニオイと湿気を吸着する炭を置いたりするのも効果的。よだれで汚れたり粗相(そそう)した場合は、水で薄めたお酢で汚れた場所を拭くと、ニオイが気にならなくなることもあります。

ペットのニオイには、やはりこまめなケアが重要。ご近所と仲良くお付き合いをするためにも、ペットと飼い主さんの快適な生活のためにも、日頃からニオイ対策を心がけましょう

http://news.mynavi.jp/news/2014/12/05/461/
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/520-24679cc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)