シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

幸せの時間
寒い日が続いています
各地で雪の被害が出ているようで心配です

昨日 ジュディちゃんが遊びに来てくれました
14歳 一時体調を崩しご飯を食べられなくなってしまい 体重が2kgも減って心配しましたが 飼い主さんの献身的な介護のお陰で見事に復活しました!
昔 多数繁殖したバイブラック
今はセーブルばかりにしてしまったので懐かしいなぁ~
大切にしていただけて元気に遊びにいらしていただけこれ以上の幸せはありません
本当にありがとうございます♪

2014,12,07-4a




さて 今日の記事は犬を飼育する責任についてです
犬は一度飼うと約15年ほどを共に過ごす生活のパートナーです
途中で飼うのをやめたり 取り換えたりすることは出来ませんので 事前に将来も見据え十分検討することが大切です


小型犬ブーム 大量遺棄の闇 愛護団体「責任考えて」


体が小さく室内飼いに向くため人気の小型犬が飼育放棄されたり、迷子で保護されたりするケースが増えている。各地で小型犬の大量遺棄事件も相次ぎ、飼い主の間での小型犬ブームが背景にあるとの指摘も。クリスマスの贈り物として人気だが、動物愛護団体は「責任を持って世話できるか考えて」と訴えている。

 十月末、栃木県の河川敷で小型犬の死骸が多数見つかり、栃木県警は元ペットショップ店員を逮捕した。さらに山梨県や佐賀県などでも遺棄事件が次々と発覚。新潟県でも少数ずつ同時に数カ所で遺棄された例があったといい、小型犬ブームに便乗した業者の仕業ではとの声も上がる。

 「かわいい!」。川崎市内のペット店で来店者が展示の子犬に歓声を上げていた。「この時期、プレゼントに買う人が多い」と店員。うち九割以上が小型犬という。ペットフード協会の昨年の調べでは、一位のミニチュアダックスフントをはじめ国内で飼育中の約千八十七万匹のうち十二位までを小型犬が独占。かつて人気だった大型のラブラドルレトリバーは十三位にとどまった。

 全国で遺棄、保護される小型犬の数は統計がなく不明だが、「飼う方が増えているので、当然保護も増加します」と話すのは動物愛護団体「新潟動物ネットワーク」の岡田朋子代表。室内で暮らす小型犬は迷子になると帰り道が分からなくなる恐れが高く、目印の首輪を着けないことも。飼い主を捜し出せるよう、迷子札や情報を入れて体内に埋め込むマイクロチップの装着を呼び掛ける。

 小さいが故に家庭でも複数を同時に飼いやすく、増えすぎて放棄に至る例もある。兵庫県姫路市動物管理センターは今年、個人で繁殖させ飼えなくなったミニチュアダックスフントを一度に四十四匹引き取った。ペットを物のように集めたがる飼い主について同市保健所の毛利好孝所長は「飼育する人の心の問題。福祉や保健の担当が連携して対応する必要がある」と話す。

 「子犬がかわいいのは分かるが、避妊や去勢手術はすべきだ」と同センターの今井真由美所長。例年引き取り全体の三~四割だった小型犬が、今年は85%に。「命と暮らすことを認識してほしい。『子どもや孫が喜ぶ』『小さいから大丈夫』などと気軽に小型犬の子犬を買うのは考えものです」

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014120802000221.html
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/521-ec7f10f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)