シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

2015年が明けましたが皆様いかがお過ごしでしょうか?
私は紅白を見た後 さだまさしさんの番組を2時半までみて寝ました
午後からいただいたお年賀状を拝見していたら 雪が降ってきて4時間ほどの間に積もってしまいました
元旦に雪が舞うことはあっても 積もったという記憶はありません
去年は2月に大雪が降って大変だったので 今年は雪が降らないでほしいと願っていましたが元旦から嫌な予感

犬達のご飯は毎年恒例の伊達巻乗せ
1本を頭数分に切っていつものご飯にプラスするだけだけど ちょっぴりお正月気分
皆様 良いお正月をお過ごしください

20150101-5a.jpg




さて 今日の記事は犬には食べさせてはいけない果物です
記事の内容を検証していませんが 念のためご注意ください


えっコレもダメなの!? 女性には良くても「犬にはNGなフルーツ」4つ

手作りフードを作ったり野菜や果物を積極的に与えて、犬の健康に気を遣っている飼い主も少なくないでしょう。

愛くるしい眼差しで「欲しい……」と見つめられたら、つい色々と与えてあげたくなるもの。でも人間には美容健康効果が高くても、一方で犬には害がある食べ物は意外と多く存在するんです。

今回の記事では、愛玩動物飼養管理士の筆者が、女性には嬉しい効果をもたらしてくれるけれど、“犬に与えたら絶対NG!”な果物を、『いぬのきもち』が無料配布している冊子も参照しながら4つお伝えします。

■1:ぶどう

ポリフェノールたっぷりで女性に嬉しいぶどうですが、腎不全や下痢などを引き起こす中毒症状が出る危険があるため、愛犬に与えるのはNGです。

とくに持病がある犬の場合には、重篤な状態にもなりかねないので細心の注意が必要です。レーズンも同様なので、ウッカリと与えることのないように気をつけておきたいですね。

■2:ドライフルーツ

ダイエット中のおやつとして女性に人気のドライフルーツも犬にはNG!

食物繊維が豊富なので「犬にも良さそう」と誤解しそうですが、糖分も多いので下痢や軟便症状になるリスクがあるのだとか。

腸内細菌のバランスを崩してしまう原因にもなるので、犬には絶対に与えないほうがいいといえるでしょう。

■3:いちじく

女性の美容にイイといわれるいちじくですが、なんと犬にとっては中毒の原因に!

皮や葉などにソラレンやフィシンという中毒性のある成分が含まれているために、嘔吐やよだれなどの症状を引き起こす危険があるそうです。

口内が炎症を起こすこともあるようなので、絶対に与えないでくださいね。

■4:プルーン

女性の便秘解消おやつとして定番のプルーンですが、犬にあげるのは絶対にダメ! 葉や茎、種に毒性物質があるとされており、犬が呼吸困難やショック症状を起こす危険があるのだそう。

毒性は乾燥させるととくに強まるとのことなので、犬が届く場所には絶対に保管しないでくださいね。

以上、女性の美容や健康にはイイとされているのに、うっかり犬に与えると大変なことになっちゃう果物を4つお伝えしました。

中毒症状には個体差があります。仮に「前回あげたけど、大丈夫だったもーん」と過去には何事もなく済んでいたとしても、これらのフルーツは絶対にあげないで! また、ご紹介した果物以外を与える際にも、種や茎など中毒やのど詰まりの原因になる部分はしっかりと取り除いてください。中毒は死に至るリスクもあります。

少しでも不安を感じたら“与えない”という決まりをつくることも、愛犬の健康を守るために大切といえるでしょう。

http://news.livedoor.com/article/detail/9631353/

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/534-07a47a3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)