シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

変わり種のおにぎり
おにぎりをコンビニで買うのが普通になったのはいつ頃からでしょうか?
私が子供の頃はおにぎりは家で作るもので買う物ではありませんでした
それが今はコンビニに行くといろーーーんな種類のおにぎりが販売されています
おにぎりの具で好きなものはなんですか?
私はオーソドックスに昆布かな
その次は明太子か梅干し
でも 今日変わり種のおにぎりを見つけました
それがこちら
onigiri.jpg

どんな味か想像できなくて恐る恐る食べてみました
って 嘘です(^^;;
ネットで話題になったそうですが シャケ、シーチキン、エビマヨのラベルを作り替えたものだそうです
実際に売ってたとしても食べてみる勇気はありません(笑)



さて 今日の記事はペット信託のお話です
高齢化社会になり飼育できなくなったペットの世話を事前に契約しておくものです

ペットに遺産を 飼い主高齢化、世話を「信託」

飼い主の高齢化を背景に、行き場を失うペットが増えている。東京都動物愛護相談センターが飼い主から引き取る犬と猫の4割が、飼い主の死亡や入院が理由だ。飼い主が自分亡きあとのペットの飼育費の管理を信託銀行などに任せる「信託」の仕組みが注目されている。

 奈良県の自営業の女性(60)は昨年11月、4歳の飼い猫モモのため、NPO「ペットライフネット」(大阪府)を介して信託会社と契約した。獣医師の診断などからモモの余命を12年とし、手数料を含め年約25万円で計約300万円を信託会社などに払った。何事もなければ毎年、預託金の一部が返還される。

 離婚し、子どもはいない。親族は2人の弟だけ。仕事から帰宅して、すり寄ってくる猫に話しかけると生きがいを感じる。「人間関係が下手なのかもしれない」。

 ぜんそくの持病があり、自分にもしものことがあったらと不安になる。ほかの猫3匹も司法書士などに死後の世話を任せている。「猫は子どもと同じかそれ以上。とても弟には任せられない。安くはないけれど、親の義務を果たした感じです」。NPOの吉本由美子代表は「一人暮らしの高齢者にとってペットは生涯の伴侶とも言える存在」と話す。

 相続専門の司法書士、河合星児さんによると、孤独死への関心が高まった3年ほど前から、ペット関連の相談が増えているという。そこで注目を集めているのが、奈良の女性のようにNPOや企業の仲介で信託銀行や信託会社に将来の飼育費の管理を任せる「信託」の制度だ。ペットの平均寿命までのエサ代などを支払い、飼い主が死亡や入院した場合、愛犬家や獣医師が世話をする。ペットの余命1年あたり数十万円準備する必要がある。

 ペット保険を手がける「日本ペットオーナーズクラブ」(東京都)も、原則として獣医師に世話を委託する信託サービス「ペットあんしんケア」を今春始める予定だ。野川亮輔社長は「ペットの信託サービスへのニーズが高まっている。今後数年で3万~4万人の会員を集めたい」と話す。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150113-00000012-asahi-soci

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/542-b6fa398a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)