シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

セカオワ
昨日は東京で積雪がありましたがうちのあたりは雨でした
でも最高気温が3度で寒かった~
今日は雨も上がって良いお天気になりました

14日に発売されたsekai no owariのニューアルバムtreeを買いました
若い人たちに大人気ということですが おばさんの私にもビンゴ!
最初はピエロの人がいたり グループ名にひいたりして なんとなく拒否反応があったのですが きちんと歌を聞いてみると強いメッセージにひかれました
1日中 エンドレスでCDをずっとかけています
今の一番のお気に入りはDragon Night  ドラゲナイ!

今朝はお山が薄っすら雪化粧してました
20150131.jpg




さて 今日の記事は犬が自分のしっぽを追いかける理由についてです


犬が尻尾を追うワケは

犬が自分の尻尾を追いかけてクルクル回っている様子を見たことはありませんか? ほほ笑ましく見える行動ですが、見ているだけではいけない場合もあります。

 犬が尻尾を追いかける理由は、大きく分けて2つです。

 1つ目は、純粋に遊びの一環によるものです。特に好奇心旺盛な子犬に多く、ちらちらと動く自分の尻尾がおもちゃのように見え、夢中になって一生懸命追いかけます。この場合は無理に止める必要はありません。けがをしないように見守りましょう。成犬になると興味を失う場合も多いです。

 2つ目は、「常同(じょうどう)障害(しょうがい)」という病気の可能性です。「常同障害」とは、同じ行動を意味もなく、延々と繰り返してしまう症状です。尻尾を追いかける行動は「尾追い行動」と呼ばれ、特にシバイヌに多く見られます。その他、手足をなめ続けたり、同じ場所を歩き回ったりとさまざまなパターンがあります。ひどくなると尻尾を咬(か)んで血が出たり、傷つくまで皮膚をなめ続けたりといった自傷行為に至り、行動治療が必要になるケースもあります。

 原因は、ストレスや運動不足、食習慣、遺伝などとされています。予防にはストレスの軽減が一番大事です。様子がおかしいと感じたら、まずは運動量を増やしてみましょう。それだけで症状が軽減することもあります。

 普段の何げない行動も、もしかすると物言わぬ彼らのサインかもしれません。言葉が通じないからこそ、行動の意味や日々の変化に意識を向けられるといいですね。(アニコム損保 獣医師 兵藤未來)

http://www.sankei.com/life/news/150130/lif1501300010-n1.html
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/549-d82d7ea2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)