シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

雪?
都内では積雪があったようですが うちのあたりは1日中雨でした
昨年は2月に2回も大雪が降って大変でしたが 今年は元日にうっすら雪化粧した程度で楽です
できればこのまま雪が積もることなく春になってほしいですが 万一に備えてスノーダンプも買いました

生まれつき障害があったためうちにずっといた男の子が亡くなりました
14歳でした
彼なりに精一杯生きれくれたと思います
ありがとう

150204-4a.jpg




さて 今日の記事はドイツの犬たちがお利口なわけについてです


「あの国」の犬はどうしてお利口なの?電車やレストランで同伴OKなワケ
人にとって犬は、とても大切な友人。
犬を飼っている人にしてみれば、なくてはならない家族の一員です。そんな犬との共生を実現している国をご紹介したいと思います。

ドイツの犬たち

ドイツでバスや電車などの交通機関を利用すると、きっと犬を連れている人をたくさん見かけることでしょう。どの犬も飼い主の言いつけをきちんと守り、ウロウロすることなくじっとお座りして目的地まで静かにしています。

街中には犬を繋いでおくための場所が用意されており、買い物や用事を済ませる間、そこで待たせておくことができます。

見知らぬ犬同士が近くにいてもトラブルを起こすことなく、冷静沈着。「お待たせ!」と飼い主が戻ってくると、「はいはい、それでは行きましょうか」としっぽを振りながら立ち上がります。

動物愛の深さ

なぜドイツの犬はこんなにもお利口なのでしょう? その理由は動物愛護の精神にありました。

ドイツでは動物の殺処分を一切行っていません。捨て犬や捨て猫、迷子の動物などは「動物の家」というシェルターで預かり、里親が見つかるまでの間、無期限で保護します。

その活動は自国内だけではとどまらず、近隣諸国にまで広がっています。他国で殺処分されてしまう犬猫を救うため、ドイツで受け入れを行ったり、現地で「動物の家」を設置し、避妊手術や里親探しを手伝ったりしています。

共生を実現した社会のあり方

ドイツでは特に、歴史的に繋がりの深い犬との関係が大切にされています。犬の権利を守るために、法律まで定められているのです。

犬がストレスなく人間社会で生きられるよう、ノーリードで自由に走り回れる公園を確保。犬の体の大きさに合わせて、リードの長さや、オリを使う場合には最低限必要なサイズを細かく規定しています。適切な食事や運動をさせていない場合は虐待とみなされ、正しく犬を飼えない人は警察に逮捕されてしまいます。

ドイツの人々は、自主的に犬をしつけの訓練学校へ通わせることが多いようです。これも社会全体で、ペットと暮らすことの責任を共有しているからこそでしょう。犬との共生を叶える暮らし。ドイツにならうことは多いようです。

http://tabizine.jp/2015/02/05/28322/
スポンサーサイト

コメント

はじめまして。

いつも楽しく拝見させていただいてます。
我が家にも女の子のシェルティがおりますが、
ペットのこと、いつも勉強させていただいてます。
ありがとうございます。

2年程前からブログを読ませていただいてましたが、
そういう男の子がいたということを初めて知りました。

生まれもっての障害というのは人間も動物も辛いと思います。
障害を持っていてもその命を全うしなければいけない。
14年も頑張って生き抜かれたんですね。
そしてシルクさんも共に寄り添ってこられたのですね。
その子もきっと幸せだったと思います。

次は健康な体で生まれてこられますようにと祈ります。
[2015/02/06 09:34] URL | あゆみ #pFZ03wZ6 [ 編集 ]


リルクさんこんにちわ。雪から雨になりほっとしました。出産でみんなが健康で生まれてくるとは限らないのですよね。でもシルクさんのところできっと幸せに14歳まで命をまっとうできたとおもいます。虹の橋を元気にわたってますね。ドイツの動物に対する姿勢はすごいですね。人間の生き物に対する根本的な気持ちが違う様なきがします。
[2015/02/06 19:47] URL | ポプラママ #- [ 編集 ]


あゆみさん 初めまして ようこそ♪
2年も前からブログをご覧くださっているそうでありがとうございます
彼は先天性の疾患を持って生まれましたが 精一杯生きてくれたと思います
長患いすることもなく親孝行でした
きっとお空の上で楽しく過ごしているでしょう
[2015/02/06 22:03] URL | シルク #9qBN96OM [ 編集 ]


ポプラママさん ようこそ♪
日本の法律で犬が物扱いになっているうちはだめですね
子供への教育こそが大切だと思います
日本はあと何年すれば犬が物でなくなるのでしょう
[2015/02/06 22:08] URL | シルク #9qBN96OM [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/551-326d2753
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)