シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ありがとうございます
皆様からメールで送っていただいたお写真をご紹介します
いつもありがとうございます♪

ネネちゃん 無事に避妊手術もすみ海へ遊びに行きました
150210nene.jpg

メイちゃん 雪の中初詣に行きました
150210mei.jpg

まるちゃん 河川敷でいつも遊んでいます
150210maru.jpg

インディ君とチョコ君 クリスマスプレゼントにペットベッドを買ってもらいました
150210indytyoko.jpg

アール君 週末は1時間以上のお散歩に行きます
150210earl.jpg

はなちゃんとここちゃん お誕生日はロビナのケーキでお祝いしました
150210hanakoko.jpg




さて 今日の記事はペット長寿国プロジェクト調査によるペットの高齢化とケアについてです


ペット長寿国プロジェクト調査リリース Vol.2 ペットに全うしてほしい寿命は犬16.1歳

プレミアムペットフードブランド『アイムス』、『ユーカヌバ』(P&G)、ペット保険の『アニコム損害保険』、ペット保護プロジェクトの『セーブペットプロジェクト』、愛犬用健康サービス『わんダント』を提供する富士通、独自プログラムであるドッグウォーキング(R)の普及活動を行う『日本ヒューマン・ドッグウォーキング協会』、ペットのプロを育てる通信講座たのまなを提供する『ヒューマンアカデミー』、および獣医師による『ペット長寿国プロジェクト』は、犬と猫のオーナー1,000名を対象に「ペットの高齢化とケアに関する調査」を実施した。

現在、ペットの平均寿命は犬14.2歳、猫15.0歳(※一般社団法人ペットフード協会調べ(平成25年度 全国犬・猫飼育実態調査))とされている一方で、オーナーがペットに全うしてほしい寿命(以下、「希望寿命」)の平均は、犬オーナーは16.1歳、猫オーナーは17.7歳という回答が得られ、平均寿命よりも2歳程度長いことが分かった。
また、ペットが健康で介護無しでいられる寿命(以下、「健康寿命」)を延ばしたいと回答したオーナーは約8割にのぼる一方で、「健康寿命」を伸ばすためのペットケアの知識について「充分」と回答したオーナーは16.6%に留まることもわかった。

2015年は人間では団塊世代が65歳以上となり、約4人に1人が高齢者となる節目。
飼っているペットが病気になり介護が必要になってしまうことで、飼う意欲はあるのに飼い続けられない“ペットの老老介護”が懸念されている。
今回の調査結果は、多くのペットオーナーがペットの健康寿命を延ばしたいと思うものの、ケアに対する知識が充分ではないという現状を浮き彫りにした。
『ペット長寿国プロジェクト』は、健康的な長寿のための「食事」「運動」「定期予防」を紹介し、継続的な啓発を通じて、現状の平均寿命よりも2歳程度長い希望寿命をさらに超え、平均年齢を3歳延ばすことを目標にしている。

http://dog-clip.com/other/11202.html
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/553-5ee1c93b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)