シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ありがとうございます パート2
今日も皆様から送っていただいたお写真をご紹介します

ひまわりちゃん 生後半年になりました 天真爛漫で人懐こい良い子に育っています
150210himawari.jpg

蘭ちゃん 1歳のお誕生日を手作りケーキとプレートでお祝いしました
150210ran.jpg

ルルちゃん 人間の弟の面倒をよく見てくれます
150210ruru.jpg

さくらちゃん 結婚式の写真撮影のためにベールを新調しました
150210sakura.jpg

そうきち君 お姉ちゃんのラルちゃんと仲良しです
150210soukiti.jpg

ゆず君 春展はチャンピオン目指して頑張ります
150210yuzu.jpg

ウィリー君 闘病中ですが元気に走っています
150210wiry.jpg

ゆず君 ショードッグ目指して練習中です
150210yuzu2.jpg

皆様本当にありがとうございます
また可愛いお写真送っていただけるのを楽しみに待っています♪



さて 今日の記事はペット関連市場についての調査結果です


「家族」の一員、ペット関連市場は増税後も好調 「高齢化」も影響?

少子化や単身化が進み、ペットを家族の一員のように可愛がる人が増えている。ペットフード協会が昨年12月に公表した「全国犬猫飼育実態調査」によると、2014年の飼育頭数は、犬が前年比5%減の1034万頭、猫は同2%増の995万頭だった。両者を合わせると2000万頭以上。日本の15歳以下の子供の数は1633万人(総務省統計局「人口推計」)なので、犬猫の数が子供を上回っている。ここ4~5年は室内での飼育が人気で、飼い始めた理由は「生活に癒やし・安らぎが欲しかったから」が33%と最も多くなっている。「癒やし」を求めてペットを飼う傾向は、特に30代(46%)や20代(39%)で顕著だ。

 ペットブームは続いており、増税後も市場は拡大している。矢野経済研究所によると、13年度の「ペット関連総市場」は、小売金額ベースで前年度比100.8%の1兆4288億円に達した。ペット保険や動物病院などのサービスが市場を牽引。増税後の反動減もいち早く抜け出し、14年度は前年度比100.9%を達成する見込みだ。

 近年、ペットは徐々に「高齢化」が進んでいる。冒頭の「全国犬猫飼育実態調査」によると、犬の年齢で最も多いのは「7歳以上(高齢期)」で53%。「1~6歳(成年期)」の40%を上回る。2010年には「高齢期」と「成年期」の割合がほぼ同じだったので、この4年で、犬たちが「高齢化」していることが分かる。

 「高齢化」も影響しているのか、ペットの食事に対する安心・安全と健康維持への関心が高まっている。13年度のペットフード市場規模は、小売金額ベースで前年度比101%の4476億円。ドッグ・キャットフードともに、プレミアム商品や「健康配慮型」商品への需要が大きい。

 犬用トイレシーツや猫砂など、「排泄ケア」商品も堅調だ。ペット用おむつの需要が拡大していることが影響しており、ここにもペットの高齢化の影響がみられる。ただ、これまでペット用おむつは「介護用」や「幼齢期用」の位置付けが強かったが、最近はマナーの観点から「おむつ」を買い求める人も増えているという。ペット関連のニーズは依然として大きく、市場はまだまだ伸びそうだ。(編集担当:北条かや)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150210-00000034-economic-bus_all
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/554-83a26019
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)