シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

飼い主さん募集中です
今日も午後から冷たい雨になりました
1月22日生まれの子犬たち 可愛く成長しています
ほとんどの子犬が良いご縁に恵まれましたが あと1匹男の子の飼い主さんを募集中です
とっても明るい性格のハンサムボーイです
出産情報のページのお写真も最新の画像に変更しましたので是非ご覧ください
お問い合わせお待ちしています

bd150122ms3-53a.jpg




さて 今日の記事はとてもショックな事件です
ドッグショーは愛犬家たちが集まる場所
そこでこんなひどいことが起きるなんて信じられません


ドッグショー入賞の犬が死亡 毒殺か

ロンドン(CNN) 世界最大のドッグショーの1つ「クラフツ」で入賞を果たした犬が翌日に不審な死を遂げたのを受け、警察が捜査に乗り出した。その後の検視結果から、犬は毒を盛られたと見られる。

「ジャガー」の愛称で呼ばれていた3歳のアイリッシュ・セッター「ゼンダラ・サティスファクション」は5日、イングランド中部バーミンガムで開催された同イベントで、出場した部門で2位に入賞した。

しかし翌日、ベルギーの自宅に戻った後、急に具合が悪くなった。ジャガーの飼い主で、オーナーブリーダーのディー・ミリントンボットさんによると、ジャガーが呼吸困難に陥ったため獣医を呼んだが、ジャガーは獣医の到着前に死亡したという。

ミリントンボットさんは「獣医が不審に思い、検視を行った」とし、さらに「(ジャガーの)胃から四角くカットされたビーフが見つかった。その中には少なくとも2種類の毒が入っていた。ビーフから毒が漏れ出さないように細工されていた」と述べた。

ジャガーの体内からは、馬1頭を殺せるだけの毒が検出されたという。

クラフツを主催するケネルクラブの広報担当者によると、1891年から続く長い歴史の中で、このような事件は前代未聞だという。

http://www.cnn.co.jp/showbiz/35061493.html
スポンサーサイト

コメント

シルクさんお世話になってます。この子はとってもかわいいですね。フリーズのない仔犬でかわいいと思ったはじめての仔犬ちゃんです。良いご縁がありますこと願ってます。ショードックの事件は怖いですね。日本でこんなことが起こらないことを信じてます。
[2015/03/10 18:36] URL | ポプラママ #- [ 編集 ]


ポプラママさん ようこそ♪
子犬を褒めていただきありがとうございます
大切にしていただける良いご縁を待ちたいと思います
ショードッグの事件は嫉みやひがみによるものだと思いますが 哀れなのは何も悪いことはしていないのに殺されてしまった犬です
[2015/03/11 21:28] URL | シルク #9qBN96OM [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/570-2ee8affb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)