シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ありがたいことです
桜の花が咲き始め いつもは静かな隣の公園がにぎやかになってきました
昨日の日曜日はあいにくの雨だったので 今週末くらいがお花見のピークかな

最後まで飼い主さんが決まらなかった男の子も昨日 無事お婿に行きました
ありがたいことにわざわざ高知から車でお迎えにいらしてくださいました
そんなにまでして気に入っていただけなんと幸せな子でしょう
感謝の気持ちでいっぱいです

動物愛護法によりネットの写真だけでの販売が禁止され 対面販売が義務付けられました
表向きは消費者保護ですが 裏の事情は遠くのブリーダーから犬を空輸されたら 地元のペットショップの犬が売れないだろ!
というペットショップ業界の圧力によるものです
なぜなら 対面販売が義務付けられる何年も前にペットショップを経営する方から もうじきネットの写真販売は出来なくなるよ と聞かされました
そもそも 生体の展示販売自体を禁止にする方が動物保護ではないかと思います
動物のための動物愛護法になって欲しいです

庭の桃の花が満開です
hana-momo21.jpg




さて 今日の記事は飼い主さんの高齢化とペットの問題についてです
これからますます深刻な問題になっていきそうです


病気、入院…飼い主の高齢化で行き場失うペット 安心して飼える仕組みを

シニア世代にとって、ペットを飼うことは心身の健康維持につながる。しかし、飼い主の病気や入院で飼育が困難になり、行き場を失うペットは少なくない。高齢化が進む中、シニアが安心してペットを飼うための仕組み作りが広がっている。(平沢裕子)

 ◆飼えなくなったら

 「緊急事態! 60匹の小型犬 飼い主が飼育不能 里親さん急募です!」

 昨年9月下旬、東京都内の動物愛護団体がホームページで約60匹の犬の飼い主を募集する告知を出した。飼い主の70代の女性が交通事故で入院したため、引き取り手を探していたのだ。女性は1人暮らしで退院後も歩行が困難になることが見込まれた。

 高齢で飼育できなくなった知人らから犬を譲り受けるうち、去勢や避妊の費用が捻出できず、60匹にまで増えてしまったのだという。

 自分が入院したり、死亡したりした後、ペットがどうなるのか、心配する高齢者は少なくない。

 東京都動物愛護相談センターによると、平成25年度にセンターに引き取りを求めた犬や猫について飼育できない理由を尋ねたところ、「高齢」は8%だった。飼い主の「死亡」(8%)や「病気」(31%)にも高齢者が含まれている可能性があり、これらを合わせると半数近くに上る。

 同センターによると、「体が弱って散歩や食事の世話などができなくなったという高齢者からの相談が多い。飼い主自身だけでなく、離れて住む家族やヘルパーから相談されることもある」という。

 ◆散歩代行サービス

 飼い主の高齢化が進む中、ペットの飼育を支援するサービスも出てきている。

 全国に約70のフランチャイズチェーンを展開する「愛犬のお散歩屋さん」(本部・東京都武蔵野市)は、犬の散歩や猫の食事・糞(ふん)の処理などを引き受ける。年会費3020円(賠償保険を含む)で、犬の散歩は1回(1匹)1620~2700円。現在、犬や猫など7万5千匹の登録がある。

 加盟店のオーナー、利用者とも9割以上が65歳以上のシニア世代で、地域のシニアがシニアを支える仕組みといえる。

 代表の古田弘二さん(73)は「体力的に愛犬との散歩が難しくなった利用者から感謝されることが多い。加盟店オーナーもシニア世代だが、ペットを通じて人の役に立っていることがやりがいや生きがいになっている」と話す。

 地域の獣医師が中心となり、高齢の飼い主をサポートする取り組みも始まっている。

 21年に設立したNPO法人「高齢者のペット飼育支援獣医師ネットワーク」(足立区)は、獣医師や動物看護師が高齢の飼い主宅を訪問し、ペットの爪切りや散歩など日常の世話をしたり、ペットの健康状態をチェックしている。

 飼い主が高齢などで飼育が困難になったときには、獣医師のネットワークを通じて新しい飼い主を探す。

 現在は東京や神奈川など関東を中心にした約20の動物病院が活動に参加。無料でサービスを実施している。今後は会費制にし、活動範囲を関西にも広げたい考えだ。

 同NPO代表の佐々木伸雄さんは「海外の研究ではペットを飼っている高齢者の健康寿命が比較的長いという報告もある。高齢者が安心してペットを飼えるように、全国の獣医師に参加を呼びかけたい」と話している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150324-00000522-san-life
スポンサーサイト

コメント

あんなにかわいくてきっと幸せになりますね。でも写真で会えなくてさみしいです。なんか癒されてました。成城は桜が満開ですごい人です。桜はやっぱりきれいですね。もうすぐ4 月ですね。仔犬が元気にうまれてきますように願ってます。
[2015/03/30 23:10] URL | ポプラママ #- [ 編集 ]


ポプラママさん ようこそ♪
こちらも桜が満開になり 今日も沢山の方が公園にいらしてました
犬のお産は何回も経験していますが 毎回安産を祈らずにはいられません
頑張りますね
[2015/03/31 21:33] URL | シルク #9qBN96OM [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/582-95802b29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)